2019年09月04日

いつもご支援を賜りまして本当にありがとうございます。明日から9月議会が始まります。


  こんにちは。7月の参議院選挙では、みなさまに大変お世話になりました。

 あらためて、選挙区永江孝子さん、比例区山本太郎さんを応援してくださいました方々に心から

 感謝を申し上げます。

  永江さんの当選は改憲派の三分の二を阻止しただけでなく、年金や消費税で苦しむ国民をだまし、

 誤魔化し続ける安倍自公政権の末路を導くものになるのではないでしょうか。

 また、山本太郎さんの躍進も、安倍政治が、政治の主役が国民ではなく大企業やら大金持ちのための政治に

 極端に特化していることを明確に打ち出したことを、わかりやすく訴えた成果であったように思います。

 高所得者には何でもない消費税増税も、低所得者には健康や文化的生活をも脅かすものであることが

 はっきりした以上、廃止するしかありません。

 1990年から2018年にかけて消費税は13兆円増加していますが、法人税は6.2兆円、所得税は7兆円の

 それぞれ減収になっています。

 つまり庶民から取り上げた消費税増税分は法人税・所得税の減税で無くなっており、「社会保障のため」 

 には使われていないのです!!

 お金持ちと大企業の減税のために消費税は作られたということになりませんか?!

 私たちは、この騙し・誤魔化しの安倍自公政権を野放しにしてはならないと思います。

 政治は、私たちのものです!主役は99%の働く市民です!

 2000万円貯めるより、(野党は頼りないというマスコミの宣伝に騙されず)政権を交代させましょう!!

 安心の年金は政権交代からです!自公は、今41歳の人が年金生活になるときに不足する3600万円は

 自己責任と公言しています。(政権党の自公責任ではないでしょうか?)

  3600万円貯めるより山本太郎に期待しませんか!!

  次の衆議院で、山本太郎を含めた野党に政権を取らせたいです。

 どうか、宜しくお願い致します!!

  前置きが長くなりましたが、今9月議会での梶原の質問テーマは、

 @愛媛県警により、松山市民の人権が奪われた女子大学生デッチアゲ事件(県民・市民に何の説明責任を
  果たさない、歪んだ警察権力に対し、市民の人権を守る立場から行政としてできることは何か??!)

 A「落札企業名」と「落札金額を」正確に知らせた、勇気ある入札関係者の本市入札の談合告発に対し、
   「調査に値しない情報」とうそぶき、もみ消そうとする野志市長の金権腐敗体質を追及します。
 
 B 旧維新会派等の与党議員以外は、ほぼ全員が最初から指摘していた「不可能な西条分水事業」を
   これしかないと、10年・10億円以上もつぎ込み市民の税金を大損失させた野志市長の責任は?
  たぶん(西条分水も新規水資源開発の一つの方策で、失敗ではない!と安倍さんと同じ穴に逃げ込む?)

 時間がないので、新電力の導入推進の鈍化理由?とかは委員会質問にまわしたいと思います。

 また東京事務所の「愛郷会補助金飲み食い使用」も賛助金と名前を変えて追及をかわしたいようだが

 「市民の血税」という視点を常に持って健全運営にしていただくように念を押しておきます。

 あと、秘密のアッコちゃんを一つ短くいければと、考えています。

 今議会も市民の税金の無駄遣いをさせないよう頑張りますので、誠意ある答弁を宜しくお願いします。

 おやすみなさい
  
 





 
posted by 梶原ときよし at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月19日

明後日21日は参議院選挙です。ながえ孝子(愛媛選挙区)と山本太郎(比例区)へ投票して政治を変えよう!!

 こんばんは。

 明後日(21日)に迫りました参議院選挙、皆さんにお願いがあります。

 どうしても投票に行っていただきたいんです!!

 聞きなれた言葉になっていたら本当にうれしいのですが「市民は政治(選挙)に無関心でいれても

 無関係では居られない」つまり「選挙に行かなくても済みますが、政治で決められたことは必ず強制され

 受け入れなければならなくなる」ということです。

 当たり前の話ですが、政治は市民の皆さんが作るものです。

 悪政に対して、投票に行かない、或いは選挙を無視するという行動は、権力者を喜ばせるだけで

 なんの抵抗にもなりません。あきらめたら負けです!必ず投票に行ってください!!

 〇 6月18日付の新社会党の機関紙「週刊新社会」にネズミ講と年金を比較した興味深い記事が

 載っていましたので紹介します。

 (ネズミ講と年金の共通点)
 @ 今、入っておけば後からお金がもらえます。
 A 今、入らないと後からお金はもらえません。
 B 先に入った人がもらえるお金は、新しく入った人のお金でまかないます。
 C 新たに入る人が少なくなると破綻します。
 D 破綻したら自己責任です。
 (ネズミ講と年金の違う点)これは
 〇 ネズミ講は、入るかどうかは本人が決めますが、年金は国家に強制的に入らされます!  笑うに笑えない国家的詐欺なのでしょうか!!

 「百年安心の年金制度」と大ホラを吹いた自公政権。

 いつの間にか、現在65歳の夫婦があと30年暮らすためには2千万円必要だと、金融庁!

 年金でしか収入の無い世帯が半数を占める年金生活者にとって、自己責任なんでしょうか??!

 マクロ経済スライド制という「物価の上昇よりも年金の改定額を低く抑えて、実質的に年金額を削減するという年金制度」は、現在の高齢者よりもむしろ若い人の方が大問題です!!

 現在41歳の夫婦が年金生活になった時には、何と3千6百万円もの貯金がなければ平均的な老後生活が

 送れないほど、年金支給が抑えられてしまいます。

 この「生活できない年金制度を改めさせる」という1点だけでも実現させるために、自民・公明と

 維新だけには投票をしないことをお願いします。

 できれば、選挙区はながえ孝子、比例区は山本太郎に投票をしてください。

 私、梶原時義からの心からのお願いです。どうか宜しくお願いします。

 おやすみなさい。

 松山市議会議員  梶 原 時 義








posted by 梶原ときよし at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月31日

ご無沙汰をして申し訳ありません。私は元気です!

 こんにちは。お花見シーズンになりましたね。
 大変ご無沙汰をして申し訳ありません。あまりの空白に、またまた東京の娘にあきれられてしまいました。

 3月議会も20日に終わり、「やまがら春号」作成の原稿がやっとのことまとまりました。

 明日、校正打ち合わせをしていきます。出来上がり次第ホームページにあげますので宜しくお願いします。

 さて、県議選挙中ですが、松山市議会会派ネットワーク市民の窓で一緒でした武井たかこ県議の出陣式に
 参加させてもらいました。県議会でもネットワーク市民の窓会派を名乗っており、ぶれない彼女を応援して
 います。反戦・平和と脱原発の世の中を実現するために頑張ってもらいたいし、私も頑張ります!!
 どうしても勝ち取って、7月の参議院選挙の永江たか子勝利につなげていきたいです。

  さて、松山市議会3月議会の報告を少ししますね。

  3月議会は今年度の予算を決める議会でもあり、最重要な議会であることは言うまでもありません。
 しかし、私の質問持ち時間は、たったの7分しかありませんでした。何故かお分かりでしょうか??

  ここには、与党会派やその他の会派の普段ほとんど質問をしない議員らの策略と、理事者に寄り添う議員 達の市長への忖度が、議会活性化とは無縁の(真面目な議員の)質問時間制限というかたちで表れているか らにほかなりません。議員が議会で質問しない、市政監視をしない!!という議員が山ほどいる地方議会は
 松山だけではないようですが、税金の無駄遣いに違いはありません。

  しかし、本当に許せないのは、議員の仕事である市政監視をする議員の質問を邪魔する与党議員です!

 「頑張る議員がいると、(質問をしない:起立賛成しかしない)自分がマイナスに目立つから、目立たせないためには、質問をさせないように時間制限をかける」とい論理です。

 もう恥を知れ!!と言いたいですよね!  でもこれが松山市議会の実態です!

 野志市長公約の「中学校卒業までの診察・通院費用無料化」予算が、今予算議会に入っていないことに
 何も言わず、起立・賛成、はい終わりの3月議会。情けないというより、いい加減にしてほしいです!!

 私は、僅か7分しかない一般質問で予算の無駄遣いを糺したうえで、最終日には予算の一部無駄遣いに

 反対する討論を行いました。

 子どもの医療費無料化に7億円かかるからやらないと言い続けた野志市長に、「1時間に55分間も開いて いるJR松山駅周辺踏切の渋滞緩和のためとして、500億円も税金投入されることが許されるのか?」
 「1時間に5分しか遮断機は下りない踏切に高架橋が必要なのか?渋滞なんかするはずがない!!
  55分間は空きっぱなしではないのか?」「この事業を止めるか、縮小すれば、医療費無料化は明日にもできる」

 と、何度も切り込んでいますが、「愛媛県の事業で、必要です」としか言わない理事者のみなさん。

 無駄遣いは他にもありました。市民の血税で賄われている「補助金」が、何とその団体の飲食費に充てられている事実が発覚しました。
 何と300万円の補助金の大半が宴会の飲み食いに利用され、これが延々30年間も続いている事実!
 
 延べ9千万円です! これは全て市民の皆さんの税金です!

 あなたは許せますか?? 私は許せません!!

 でも、残念ながら、私以外の議員はこの「飲み食い補助金」に全員賛成しています。話になりません!!

 地方議会です!イデオロギーでも何でもありません!市政に溢れる税金の無駄遣いの存在こそが、最大の
  
 がん細胞たちです!

 詳しくは6月議会で追及したいと思いますが、とりあえず議会ホームページにある録画中継で

 3月20日の梶原の予算に対する反対討論を聞いて下さい。
 
 宜しくお願いします。

 なんか、久しぶりでバラバラでまとまりのない投稿になりましたが、月一は出していきたいと思っていますので、たまに覘いてみてくださいませ。

 それではまた。おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月30日

2018年も大変お世話になり、ありがとうございました。

 こんにちは。
 
 もうすぐ2018年も終わりますね。一年間ご指導とご支援をいただいた皆様に心からの感謝を申し上げます。

 4月の松山市議選では3,325人の市民の皆様に投票行動をいただきました。

 ご期待に応えることしか、私の存在価値はないと考えています。

 どうか、ご連絡をください。相談をしてください。権力者の立場ではなく市民の立場で一緒に解決策を考えていきます。生活が一番大切です!

 松山市政の今年も、安倍政権とあまり変わらず、市政執行の税金にもぐれついた企業や経済界に配慮ばかりが目立つ運営が際立って、主役のはずの市民への税金投入の時だけ必ず、財政が厳しいとの見解を示します。

 市長選挙で公約した、中学校卒業までの医療費無料化は、既に県下20の市町の内19の市町は実行しており、
一番お金持ちの松山市が「財政が厳しい」として、少子化対策の基本的な政策を放棄してきました。

 (48ある中核市の中でも、最下位グループです。ほとんどの中核市が実行済なんです!!)

 理事者言いなりの野志市政ではありますが、2019年3月の当初予算には必ず入れさせますので、市民の皆様にはどうか厳しい市政監視と議員監視をお願い致します。

 私の方、3期目で全35定例議会連続登壇をして、「起立・賛成!!」しかしない(市長や理事者にべったりの)不要な議会と議員に対峙して、厳しく税金の無駄遣いと公務員特権を振りかざす幹部の姿勢を正してきました。

 一人でも!1人からでも!!不正や税金の無駄遣いを告発するところから、市民のみなさまに情報提供を行って、市民の知る権利と、幸せに生きる権利を保障するために、来たる2019年も全力で頑張っていきます。

 引き続き、ご指導とご支援を宜しくお願い致します。

 良いお年をお迎えください。

            
posted by 梶原ときよし at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月06日

国政も松山市政も私物化と隠蔽!大雨・台風・大地震!! 歴史は繰り返されるのか??

 こんばんは。

 西日本豪雨・台風に続き、今朝ほど北海道に震度7の大地震がありました。

 この夏も半端でない猛暑にみまわれ亜熱帯化した日本には、今後も私たちの経験したことのない

 自然災害に出会うことは間違いないことではないでしょうか。

 政治を預かる者(野志市長)が、その責任を放棄して「自助・共助・公助」を強調する昨今、

 もちろん選んだ市民の責任も問われますが、災害に対する責任対応能力だけではなく、その気概もない

 市長にとっては、本当に都合にいい言葉ですよね!

 豪雨・台風・大地震等の大災害に対し、もちろん市民は、自助・共助に努力をしなければなりませんが、

 市政を預かる者がことさら自助・共助を強調することは、あってはならないような気がします!

 「公」ができる限りのことは行い、安心して住み続ける松山にしていきますので、「公」の手の届かない

 ところは共助と自助で乗り越えていきましょう!!くらいのことは言えないものでしょうか??

 ということで、明日から9月議会が始まります。

 今議会も、災害対策に障がい者雇用の水増し問題、受動喫煙対策や職員の喫煙休息にも残業代を払っている
 
 本市執行部のデタラメな税金の無駄遣いには、あきれてモノが言えません!!

 時給2500円×少なく見て10時間=ひと月25,000円/1人×12か月=30万円/年間

(煙草を吸う職員)700人×30万円=2億1千万円の煙草サボタージュ手当を、私たちの血税から

 市役所の幹部が職員にばらまいています。

 あなたは、これを許せますか?

 お金がないからと、今回の豪雨災害に本市はわずか195万円の見舞金しか被災者に出していません。

 松山市役所幹部公務員特権と、言わざるを得ません!

 しかも6月議会で野志市長は、梶原の質問に対し「喫煙休息は気分転換のためであり、いサボタージュでも

 なく、問題なしでたばこ手当も無駄な支出ではない」と答弁しています。

 どうしても許せないので、今年一年徹底追及をして、無駄な税金の使い方を改めさせたいと思います!

 ご支援をよろしくお願いします。

 あとは、マイナンバーの無駄遣いを指摘すること!
 それと時間があれば、もう一つくらい付け加えます。

 梶原の登壇日時は、9月21日金曜日 朝10時からです。どうか議場に応援に来てください。

 宜しくお願いします。

 おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月31日

明日から新しい議会が始まります。

 こんばんは。
 いつもながら、なかなかブログにたどり着けず、申し訳ないです。

 4月の市議選ではお世話になりました。おかげさまで3,325人の市民のみなさまに

 ご支持を頂きまして、引き続き松山市政の監視と市民の立場に立つ議員として活動するように

 命を受けましたので、この4年間も毎議会の登壇と議会報告「やまがら」を通じて情報を共有して

 行きたいと考えていますので、今後ともご指導とご支援をよろしくお願いします。

 私のホームページでは、活動予定と、議会報告「やまがら」あるいは、議場での質問登壇など

 載せていますので、ご覧ください。ご意見も頂ければ有り難いです。

 「やまがら」春号にも載せていますが、野志市政は、市民のための市政を放棄しているなど、

 極度に劣化しているだけでなく、市政二元代表制の一翼を担わなければならないはずの議会(議長)まで

 取り込んで、市政の無駄遣いや、カラ出張・税金詐取まで野志市長に近い市職員には何でも有で、

 一般職員には厳しくおらび倒すという、日大アメフト部レベルまではいかないようですが

 構造的には全く同レベルだと言わざるを得ません。

 恐ろしいのは、あの安倍政権でもまだやらない「議員の命ともいえる議場での一般質問の発言」を

 定年前の議会事務局長を使い(定年前のやけくそで)3月5日の議場は一度も騒然となどしていないのに!

 「議場の秩序維持」という名目で、3月19日になって、梶原の証拠を挙げたカラ出張追及発言を

 取り消す命令を出しました。

 19日議会冒頭、議長が「梶原議員自らが取り消しの申し出をしますか」と、切り出したので

 私は、どの部分のどういう取り消しなのか説明を求めましたが、野志市長の忠実の平野事務局長が

 「梶原に意見を言わせるな」というメモを(何もわからない)議長に渡し、私の発言が許可されないまま

 議長(存在しない名目)職権で取り消されてしまいました。

 なんと醜い行為なのでしょうか!(詳しくは3月19日の市議会録画をご覧ください)

 このようなおおよそ民主主義とはあり得ないことまでして、カラ出張が明らかになることを恐れた

 部長や市長にはよっぽど隠したいことがまだまだあるというのが、職員からの内部告発で明らかです。

 またまた、宮島以外でもカラ出張をしていたという写真が送られてきました。

 「カラ出張ではなく、出張行程の変更で、報告ミス」でお友達だけは逃がそうとする幹部たちに

 いずれ披露することにします。

 嘘に嘘を重ねると犠牲者が増えるだけだということは、日大や加計・森友で学習しているはずですが

 どうも逃げ切る作戦のようですね!

 市民の大切な税金です。犯した過ちを明らかにしてこそ、悔いのない人生があります。

 お金のために、黒を白です!と言い張っている職員さん(言い張って定年をした真っ黒幹部も)

 そろそろ、自分に正直に生きませんか!!

 6月議会も徹底して不正の膿を出せるように頑張ります!!

 心ある職員さんの正義と良心を、まじめに働く皆さんのために明らかにしてください!!

 それでは、また。おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月03日

梶原の一般質問登壇は3月5日(月)10:30〜です!野志市長のカラ出張の組織的隠ぺいを明らかにします!!

 こんばんは。

 タイトルでも書きましたが、梶原の一般質問登壇が3月5日の10:30分頃から約30分間ありますので

 是非とも見て下さいね!

 2月に書いたブログで、既に明らかにしていますが、松山市の幹部が部下の女性職員と1年間に

 何と、なんと!40泊55日も仕事と称して出張に出かけています。仕事日数を年間220日として

 1週間に1度は二人で宿泊出張に行き、それをほぼ3年間も続けていた事実を明らかにしていますが

 問題は公費で(市民の血税で)出張しているにも拘わらず、その出張に伴う旅費・交通費・宿泊費の

 領収書が1枚も添付されることなく、(領収書の添付義務は不要)税金が申請書だけでバンバン支出

 されている現実!この管理の仕方こそが公務員特権そのものであり、このことが不正の温床になっているこ

 とは間違いありません。男と女の問題がどうであろうと、私には関心ありませんが、こと税金詐取を

 許すわけにはいけない!!ただそれだけです。

 もちろん一人で充分な出張を男女二人で行くとか、あるいは大勢で行くとか、民間では考えられない

 仕事の仕方も充分甘えがあるのも確かなような気もします。

 5日(月)10:30分〜野志市長が辞めることになるかもしれない新事実を暴露して、松山市役所から組織的 
 隠ぺいを一掃したいと思います。

 真面目に働くほとんどの職員さんの思いを議会でぶつけて、クリーン松山市政を実現したいです。

 是非応援にかけつけてください!!

 えひめCATVと松山市議会のネットで生中継がありますので、そちらもどうぞ見て下さい!

 (ネットはアクセスが集中して見られないかもしれませんので、CATVが確実です)

 おやすみなさい。

 
posted by 梶原ときよし at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

ここまで来たか?野志市政!民主主義とやらまで投げ捨てるコンクリート大好き政治!!

 こんばんは。

 明日から2018年3月議会が始まりますので、久しぶりですが一言書かなければなりませんね!

 3月議会は、そもそも新年度の予算審議もあり議会にとっては、最も重要な議会であることは誰しも否めません。また今期で勇退する議員も含め今任期最後の議会ですから、思う存分に議員としての総括や存在感を発揮しなければならない大切が議会が今3月議会なのです!

 にもかかわらず、維新の会の議員が「無会派の議員の質問時間をたったの15分に制限すべき」と提案して
無会派の議員の意見も聞かず、議会運営委員会(無会派11人は参加出来ない仕組み)の市政与党の数の論理で決めてしまいました。(答弁時間を含めて30分)

 全く話にならない、議会改革に逆行する行為を、どうしてするのでしょうか?不思議でなりませんよね!!

 どうも理事者からの働き掛けでことが進んだようです!

 本来なら60分の時間を自由に使えたのに、何故急に??

 どうも、私が追及している「松山市職員のカラ出張や税金詐取の証拠」が明らかになると困るので、質問時間だけでも制限をさせるて逃げ切る作戦に出たのが真実のようです。

 出張に行っても領収書の一枚もいらない公務員特権を改めないどころか、隠し逃げ切ろうという作戦です!

 でも、いつまでも不正やカラ出張が隠し通せると思っている野志市長や幹部の脳の構造は硬直しているのではないかと思えてなりません!!

 私は、昨年の6月議会から9月議会・12月議会と3度も糾してきましたが、公務員が市民の税金で出張をする以上、用件や行き先を明確にすることはもちろん、交通費・宿泊費を含め、実際に仕事をした報告書とともに、その領収書を証拠として出張を証明する義務があります(議員は領収書なしに政務活動費は出ません)

 だから野志市長は、カラ出張をしていたとされる職員に説明と証明責任を果たさせなければなりません!
つまり市民の血税を使って仕事をする以上、職員に説明責任があると言うことは誰でも分かります!!

 にもかかわらず、その説明も証明も本人に聞き取ることもしないのが、野志市長と幹部(患部?)の皆さんなんです。

 市民の税金使い放題、カラ出張に同伴出張、税金詐取に民間なら絶対1人で充分な出張に大勢で行く等、
 いいかげん、税金の無駄遣いは止めてもらいたいですよね!!

 1時間に4〜5本しか走らない予讃線に、(1時間の間に踏切遮断がたったの5分しかない予讃線)に
踏切待ち時間を無くすためとして、500億円もかけてJR松山駅前後2400メートルを高架橋にしようとする中村知事や野志市長は、何を考えているのでしょうか?

 県内のほとんどの市町では既に中学校卒業までの子どもの診察・通院費までも無料化されている中、松山市は市民に使うお金がないとして、子どもの診察・通院費を1円の支援もしていません。子育て支援に必要な7億円は出せないが、ゼネコン奉仕のための500億円は「必要です」と言い切るノシ政治!

今、一番大事なことは、少子高齢化人口減少に歯止めをかけるために、行政は何はさておき、子育て支援を
最大のテーマとして取り組む必要があることは、政治家なら誰でも分かると思います。

近隣の伊予市・松前町・砥部町・東温市など子どもの医療費は完全無料化されています。

残念ですが、愛媛で一番裕福な税収のある松山市民が、一番の貧乏くじを引いているのが現実です。

いいかげん、ドがつく素人政治は松山市民のために、やめてもらいたいです!!

このまま行けば終わりそうもないので、結論を言いますね!

今議会の一般質問で、梶原は職員の不正・カラ出張・同伴出張の明確な証拠を出して、隠しまわり、逃げ回る
野志市長と幹部のの進退を問います。不正と税金の無駄遣いは絶対に許せません!!
もちろん逃げ得も!
たとえ15分に制限しようと、この問題をきっちり、はっきりさせるまでは議員である以上、市民のためにも或いは真面目に働く多くの本市職員のためにも最後まで闘う宣言をして、明日からの議会に臨みます。

長くなってごめんなさい。お休みなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

2017年もご支援をありがとうございました。

 こんばんは。

 まもなく2017年が終わります。今年1年ご支援を頂いた方に心から感謝を申し上げます。

 みな様にとりまして、来る年が充実の1年になりますようにお祈りします。

 長らくブログを書けず、申し訳ありません。今日も短くご挨拶だけにさせてくださいませ。

 世界的に右翼化が進む中、日本も確実にハイスピードで右翼化してきているのは間違いありません。

 安倍とトランプの自国ファーストは、その軍事力に依存したもので世界平和に逆行していることは

 明らかです。

 「力には力で」と、軍拡政治を行えば必ず戦争になることは火を見るより明らかです!

 文民が軍人化すれば、必ず話し合いよりも戦争をしたがるのではないでしょうか。

 全ては政権を取り巻く軍需産業資本がコントロールしていることを、見抜かなければならないと思います。

 2018年は憲法改憲の策動がマスコミを取り込み、大きなお金と公務員をフル動員して行われることは

 間違いありません。戦争をしない国こそ、私たちの誇りです!軍拡競争をやめて、善隣友好のアジアを

 築くことが、政治の使命だと考えます!!

 平和憲法と市民の基本的人権を守り、個人が尊重される社会を取り戻す2018年を願い、年末のご挨拶と

 させてください。

 来年4月には松山市議会選挙もあります!こちらも合わせて宜しくお願いします。

 それではみな様、良いお年をお迎えください。

 2017年12月31日   梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月09日

大荒れの松山市議会の9月議会が終わりました。

こんにちは。

 昨日、9月議会はおわりました。終了後に野志市長の心情が透けて見える情けない行動がありました。

 地方自治の市政は議員内閣制の国政とは違い、二元代表制を敷いています。

 つまり市民から選ばれた市長が市の職員:執行部を(理事者と呼ぶ)使い、予算を含め

 市民のための政治を行う役割が有り、一方、市議会議員も市民から直接選ばれて議会を構成して

 市長の政治執行をチェックする役割を持っています。

 つまり市議会議員の一番大きな役割は、市長が市民のための政治を忘れ、利権や私利私欲に

 暴走しないように、監視をしていく事が二元代表制のあるべき自然の姿なのです。

 前置きはそのくらいにして

 昨日の野志市長の行動は、今朝の愛媛新聞で小さく報道もされていますが、

 議会最終日恒例の(市民のためのたたかいが終わって議案が通ったお互いのための)挨拶行動を

 こともあろうに、野志市政の失政を糾した会派は挨拶をしないということを、理財部長を通じて

 言ってきました。松山市の議会史上初めてのことではないかと思います。

 維新・公明他、与党系といわれている議員が過半数を占め、議会での質問というよりは、

 「野志さんは頑張っている!よくやっている!見習いたい」てなことばかりを毎回毎回並べるので

 本人がついその気になっているところに、梶原がデータを持って厳しく切り込むので

 答弁は部長にさせて逃げれるが、「子育て世代や、一人親世帯など一所懸命に生きるのが厳しい市民」

 には本当に冷たい野志市長の政策を暴露され、事実追及をしたことが気に入らなかったようです。

 情けないやら、ガキンコ市長のガキンコ政治では、市民は救われません!!

 喜んでいるのは、それを操る鬼門の政治家と政治利権に群がる金の猛者達!

 はっきり言って税金を払うのが嫌です!理由を少しだけ述べますね。


 今議会で梶原は市職員幹部の公金詐取とカラ出張事件を追及しました。収賄容疑の他、

 公金詐取とカラ出張が疑われている元幹部職員の出張記録簿1200枚を情報公開請求を行って調べました。

 出るはでるは、不要な出張!カラ出張!同伴出張!おまけに、ほとんどの出張は行ったかどうかの?

 確認する証拠がない!予讃線・新幹線・スーパージェットの他、領収書など一枚の添付もありません!

 ええ??!!宿泊費の領収書もなしで、税金をバンバン払い放題の現状。
 (飛行機のパックのみあるとのこと??)

 こんな管理状態だから、それは不正もしますよ。残念だけど!不正の温床は市長の責任ですよ。

 優しく言っても、厳しく言っても、税金詐取を許すことは出来ません!

 まさしく市職員幹部に操り人形にされている市長が情けなくてなりません!
(7年も市長をしていて何をしてたのか?少しは勉強したらどうか!と言いたくなります!!)

 即刻、領収書なしでは公金支出はしない体制にすることを、議会で求めましたが、

 するとは言いませんでした!!  市職員幹部の利権を失いたくないようです。

 こうなったら、この一点だけでも市民みんなで声を上げませんか!!

 税金の詐取はやめろ!!領収書なしで公金を出すな!!一人で充分な出張に大勢で行くな!

 ましてや同伴出張旅行などもっての外だ!!

 あ〜!もう私も疲れました。

 実はまだまだ追及したことがあるのですが、次に報告しましね!

◎野志市政の松山市は子どもの医療費支援が県内市町の中でも、48中核市の中でも最低最下位です!
(知らなかったでしょう!これを暴露したので野志君は怒っているようです!)
ほとんどの市町は中学校卒業までは診察・通院の医療費が無料又は支援があります。でも野志市長の

 松山市は就学前まで!つまり小学校・中学校の9年間の医療費が子育て世代の親負担なんです!!

*その差なんと9年間です。安心して子育てするには松山では厳しいという現実を、あなたは許せますか?

 市長曰く、(子育て支援に)予算がありません!7億円掛かります。

 梶原:子どもの数に比例して県内一税収がある松山なのに、出来ないわけがない!やる気が無いだけでは

    ないか。結局必要とされる7億円は子育て世代が払っていることになる!!

    も〜!いい加減にしてください。野志市長さん!

    みんなで一揆を起こすしかありません!

 ごめんなさい。約束の時間です。 それではまた。

 
posted by 梶原ときよし at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記