2022年06月16日

4期目の新たな議会、6月議会が明日からスタートします!

 こんばんは。

 いつも梶原時義にご支援をくださり、本当にありがとうございます。

 あらためて、4月に行われました松山市議会議員選挙で梶原時義を応援してくださいました皆様に

心からお礼を申し上げます。当然のことですが、新たな4年間も全力で市政監視と税金の無駄遣いを無くす

 ために頑張る決意ですので、引き続きご指導とご支援を宜しくお願い致します。

 特に、市政執行部で日夜真面目に頑張っておられる松山市職員さんには、市政の膿を出すべく情報を頂け

 ましたら、梶原が表に立って解決の糸口になりますように議会に投げかけていきますので、今後とも

 宜しくお願い致します。

 さて、世界はロシアのウクライナへの侵略戦争をごぞって非難していますが、とりあえず停戦へ向けた

 話し合いのセッティングや外交努力を続けていかなければ、多くの現場の兵士が殺し合いを続けていかな

 ければならず、戦争は長期化するだけで不幸な残骸を大量に残すだけの結果になるのではないでしょうか
 先ずは、ロシアに即刻戦争をやめるように仕向ける努力をしていくことが必要です。

 プーチン・ロシアは撤退せよ!即時戦争をやめよ!!兵士や市民の命を奪うな!!!

 コロナ騒動の終息も見えぬ中、
 ロシアのウクライナ戦争や日本の大借金による円安での物価上昇やインフレ懸念、更には年金支給の減額と追い打ちをかけられ、私たちの生活と将来不安が増大していますが、これまでの今だけ、金だけ自分だけの自公ノー天気政治の無策さが、露呈したというしかないように思います。

 今度の参議院選挙で立憲野党は一丸となって、自公(維新や国民は自公の御用政党)等を倒さなければ、9条改憲と軍備増強、徴兵制復活、年金減額、格差拡大・自己責任政治が当たり前化するのは火を見るよりも明らかです。(百年安心の年金制度が出来たと大放言をした自公内閣は恥を知れ!!)

 松山市政において、この12年間、野志市長に期待も持てる政策はほとんどありませんでしたが、ほんの少しですが市民のことを考えるようになったのではないかという節もあります。(少しだけ評価)
例えば、6月補正予算ではタクシー会社に対する支援を(タクシー1台につき5万円)僅かながらも組みました。これは昨年の6月議会で梶原が要求したタクシー会社と運転手さんへの支援からすれば、不十分ながら、消毒液の支援以外はやらないという答弁をしながらも、今回(遅きに失したとの声もありますが)初めて予算化した事には
白△をあげたいです。あとはコロナによる乗客減で厳しい生活を余儀なくされている1000人ほどの運転手さんへの直接支援を求めたいと思います。

 ということで

 6月議会の梶原の一般質問は、新会派新風会結成の特典をフルに生かし、一問一答方式で50分から60分の闘いをしたいと考えています。(前のお二人に頑張っていただいた残り時間です)新会派新風会万歳!!

 それでは、真面目な若い職員さんの明日の聞き取り時間短縮のために内容を告知しますね。

 〇公共交通事業者に対する支援として、バス車両購入支援1億円をするよりも、免許を返納者を含め電車やバス・フェリーを利用する高齢者が積極的に外出できるような環境整備であるシルバーパス(1月に3000円から5000円で昼間9時から5時まで乗り放題となる)の実施で、病院に行きやすくなるだけでなく、中心商店街や道後温泉或いは海や山などへアクティブにアウトドアが出来易い環境の整備があれば、まだまだ高齢者は活躍できます!!楽しめます!!お金も使います!!究極は健康増進につながり、医療費と健康保険料の負担減になることは間違いありません。(ある意味65歳を迎えるのが楽しみになります!)
 〇また、市内に1000ヶ所あるバス停にベンチがないバス停がまだたくさんあります。これから暑い夏をむかえるに当たり、屋根も欲しいけどとりあえず、スペース的に可能なバス停には必ずベンチを設置して気持ちよくバスを利用できる環境に変えていくべきではないでしょうか。
 〇本命は質問に慎重さが求められることを鑑み、当日発表とします。
 〇幹部がプラプラして仕事をしない総務関係には仕事の環境改善を、都市整備建築関係においては市民に対する対応の改善を求めていきたいと考えています。
 すいません、まだまだニーズ調査が不十分なこともあり、この辺にしますね。

 ちなみに梶原時義の登壇日は6月28日火曜日の5人目です。前4人の発言時間配分が分かりませんが、

 午後1時半から2時くらいの登壇予定です。是非とも応援傍聴に来てください!

 遠くの方は、松山市議会のネット中継や愛媛CATVの生放送をご覧くださいませ。

 おやすみなさい。

 梶原時義







posted by 梶原ときよし at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月12日

梶原時義4期目準備中の松山市議会議員選挙まであと5日です!

  こんにちは。

 早いもので、私、梶原が市議会議員になって早12年が終わろうとしています。

 1980年に積水ハウス鞄社後、松山支店に配属になってから高知支店で退職するまで

 29年間勤務したのち、2010年に松山市議会議員に初当選後、2014年、2018年、そして

 今年2022年の選挙で4期目の選挙に向けて準備中です。

 現在の私の心境、12年間の活動の総括を踏まえながら、私の決意をお伝えしたいと思います

 
 私の大学時代は、全国的には学生運動も後退期に入りつつありましたが、刑法・狭山・三里塚闘争に

 象徴される国政の矛盾が大きくなってきているところでした。

 私は広島に育ち、戦争と原爆被害で苦しめられた両親や叔父を見ながら、反戦平和の運動に素直に

 入っていきました。戦争こそ最大の人権侵害であり、二度と起こしてはならない!

 そのためには、戦争につながる政策の積み重ねをさせてはならず、軍事力による抑止ではなく

 「戦争をしない平和の追求」こそが

 政治に求められていることだ!という信念を今も貫いています。


 今、ロシアのプーチン政権がウクライナに対する侵略戦争を行っていますが、絶対に許してはならないと

 思います!

 一つ言えることは、権力者が絶対権力を持った時(与えた時)には権力者は必ず暴走を始めるという

 歴史的必然性にも思えるようなことが繰り返されているということです!

 つまり権力者が、その国の憲法を(権力者の都合のいいように)変えようと策動するとき、その本音は

 政権の延命に他ならず、法の支配から人の支配へと変えて絶対権力を手に入れようと画策していることは

 間違いありません!! 立憲主義の破壊は民主主義の破壊と同じで、その芽が小さいうちに摘み取らなけ

 ればなりません。大きくなってからでは遅いということも歴史が証明しています。

 日本が侵略戦争をする国の後追いをしないように、私たちは政治に無関心であってはならないのでは

 ないでしょうか。

 また、もう一つ歴史的にも、侵略者が使う常套手段が「集団的自衛権」と称する戦争の口実で、

 今回のロシアも

 ウクライナ東部の州を国と承認した上で、その国との集団的自衛権の行使だと言って侵攻しています。

 つまり恐ろしいことに、全ての戦争は「自衛権行使の戦争」ということになります。

 戦後、日本の国会でもかつての自民党政権、吉田総理大臣が自衛という名の戦争も日本国憲法は

 禁じていると国会で答弁をしましたが、今や世界第5位の軍事大国になっているのが現実です。

 解釈改憲の連続で日米安保条約から日米軍事同盟になり集団的自衛権の行使も合法化されてしまいました

 このような状況の中、ロシアの侵略戦争もしかり、中国の台湾への武力侵攻も現実的視野に入りつつある

 のが東南アジアでの情勢といっても過言ではないような気がします。

 中国が動き、アメリカが介入した時、同時に日本も集団的自衛権の行使という名の参戦を行うことに

 なれば、第3次世界大戦の危機が「自衛という名の定石」通りに勃発してしまうのではないかと危惧して

 います。

 はい。まあ国際情勢はこのくらいにして

 学生時代に政治にかかわった梶原は、反戦平和のDNAを持っているということも事実ですが、

 今回の市議会議員選挙で目指す私のテーマは、コロナ禍を踏まえ、市民的権利が行政的に保障される市政

つまり「あなたが尊重される社会へ」の実現を目指し、具体的には松山市の4000億円もの予算・税金が

 無駄に使われることなく、直接市民に使われるように! たまたま今厳しい生活を強いられている市民が

 いつでも再起できるまでは支援を継続出来て安心して生きていける環境を、「当たり前の市政」にして

 いくことです。

 子どもたちの学習環境もしかり、親の収入にかかわりなく「学びたい子どもは誰でも充分に学べる環境を

 行政責任でつくる」つまり子どもの人権保障を徹底していかなければなりません!!

 日本全国、とりわけ地方都市の政治課題は、少子・高齢・人口減少であり、この問題に如何に真剣に取り組むかが、口だけではなく、子どもの未来を保障する事にもつながるのではないでしょうか。

 そのためには、子育てしやすい生活環境つくることに最大の予算をかけることであり、

毎年毎年、市長の周りを囲む人たちにばらまいている「あったらいいな的」無駄遣い予算をバッサリと切り

 捨てて、コロナ対策と市民の命を守る政策にも重点配分していくことではないでしょうか。

 私のホームページにある政策リーフレットや、議会報告「やまがら」を読んでいただけましたら有難いの

 ですが、私一人でこの間、10億円以上の電気代の無駄遣いをやめさせてきました!!

 私だけなのが残念ですが、市政を真面目にしっかり監視する議員がいればこそできた技に他なりません!

 長くなったので端折りますが、今後とも「市政監視の徹底で無駄遣いを洗い出し、市政幹部の

 利権構造にメスを入れていきたい」です!!

 今後とも梶原時義の議員活動に最大の応援を頂きたいというお願いをして決意に代えさせてもらいます。

 有り難うございました。

 梶原ときよし



 







 






posted by 梶原ときよし at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月16日

明日から2022年3月議会が始まります。

 こんばんは。

 2022年新年も、コロナまん延の危機感を感じるスタートになりました。

 どうしてワクチン接種もしかり、PCR検査体制の整備を本腰を入れてしないのか不思議でなりませんね!

 ここまでトロリントロリンしたら、危機感が弱いというだけでなく国を動かすリーダーに能力が無いと

 しか言いようがありませんね。

 国も地方も責任の擦り付け合いでは、市民は呆れるほかありません!

 でも、いつもながら松山市議会でも仕事をしない与党を標榜する議員が大挙して起立・賛成はい終わり!

 と、市長の市政運営に協力する姿は哀れなるものです!!

 でもでも、そういう議会質問も貰い文を読むだけで何もしない議員をつくっているのは、まさしく

 選ぶ側にも考えなければならない問題があるのではないでしょうか?

 お願いですから、貴方が4年前に投票した議員の政治姿勢(4年間何をしたのか)くらいは把握して

 もらいたいです。

 仮に、「何をしようるのか分からない」のであれば、それは市民に対する議員の活動報告義務を果たして

 いない議員の責任です!!

 何もしない議員も選挙の時だけはチラシを作って寝言を言いますが・・・。

 市民の皆さんに行って頂きたいのは、こんな議員を2度と当選させないように「議会報告や活動報告」を

 出さない・知らせない議員には「次の選挙では投票をしない」という行動です!

 そういう市民の皆さんの行動が定着すれば必ず議会は活性化して変革を遂げることができます!

 一人1000万円の無駄遣いに、貴方だけは加担しないでください!市民の血税の無駄遣いをなくすため

 のスタート・すべては4月17日告示の松山市議会議員選挙で真面目な議員を増やしていくしか、方法はありません!

 議会での質問もしない・何もしない・実績をあげない・寝言を言うだけ議員の名前は絶対に書かない・
 投票をしないことです!
 
 どうか宜しくお願い致します。

 明日からの3月予算議会ですが、相変わらず無駄遣い満載のオンパレードでありながら、え〜!!?

 市民負担の水道代を約30%も値上げするの??(広報松山2月1日号では12.64%としていますが、

  これが大嘘なんです!)

 12.64%は平均数字で一般家庭用(メーター口径が20ミリ)市民の約50%に当たる方の使用量は、月間で15㎥(15トン)以内なんです。

新しい料金表では(値上げのパーセント)
 〜15トンまでの世帯は17.38%、〜10トンまでの世帯は29.36%、〜5トンまでの世帯は28.06%

 ちなみに50トン以上〜のたくさん使用する世帯は3.27%なんです。

 これが隠された平均12.64%の実態です。

 松山市は水源が弱いので節水に心がけてくださいと市民にお願いしながら、一方では逓増料金を安くしますので水をたくさん使ってくださいと大口需要家には大サービスをする審議会答申や野志市長は何を考えているのでしょうか?? 

 どうも、新たな水資源開発にお金を使いたいがための(常に水が足りないと言い張るための)策のようです。(策士が策に溺れる)

 未だに「西条分水が必要だ」とこの期に及んで野志市長は言い張りますが、じゃぶじゃぶ使い放題にする

 節水型都市づくりとは????これ如何に?!

ということで4分半しか残り時間がない中、ですが

3月議会での梶原の一般質問は

@水道料金値上げの正当性があるのか、あるのなら誤魔化さずに(一番生活が厳しいとされる市民に)
約30%も上がる層を含め、すべての市民に詳しい説明義務を果たしたうえで信を問うべきではないのか?
 質していきます。
A松山市墓地等経営許可に関する条例案について
 100件以上もあった市民の意見を1件も採用しなかったアリバイ的パブリックコメントとは何なのか??糾していきます。 
⓷御用化としか思えない審議会について
C子育て支援の紙おむつ支給は二人目の子どもからではなく、一人目から支給するべきでは!

あと、秘密のアッコちゃんを一つ短く質問したいと思っていますが・・・。

時間がないかな??

真面目な市職員の皆様、ご苦労様です。

3〜4人いるどうしようもない部長さんもあと2年で退職しますので、クサルことなく、あきらめず市民のために頑張ってください。私もまだまだ頑張りますね!
今後とも宜しくお願いします。
おやすみなさい。

梶原時義
 
 

 






 




posted by 梶原ときよし at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月31日

2021年もお世話になりました。

 ご無沙汰をして申し訳ありません。

 2021年、みなさんはどんな年でしたでしょうか。

 大半がコロナでいろんな制約の中、厳しい生活を強いられている方にとっては更なる追い打ちを掛けられた
 
 一年だったのではないかと危惧しています。

 こんな時にこそ政治が前面に出て「何の心配もない生活を保障する」くらいのことを宣言するべきではないでしょうか。

 自助・共助を謳い、自己責任を強調する社会が本当に住み心地が良い社会なのでしょうか??

 人間、当然ながら一人では生きていけないことは誰でも理解しているはずです。

 誰もが安心して、健康で文化的な生活が送れる社会にしていかねければならないと思います。

 みんなから応能負担で集められた税金をみんなの幸せのために使う政治を目指して、来年2022年の

 松山市議会議員選挙を勝ち抜きたいと決意しています。

 みな様のご指導とご支援をお願いして、短いですが年末のご挨拶にさせてください。

 この一年間も本当にお世話になりました。有り難うございました。

 みなさまの2022年が良いお年でありますようにお祈りいたします。

 梶原ときよし
 
posted by 梶原ときよし at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月25日

明日11月26日から12月議会が始まります

こんばんは。

いつもながら、間隔が空いて申し訳ないです。

先ほどまで、明日開会日の2020年決算の、無駄遣い事業や、歳入・歳出での不当な固定資産税収入に

ついて反対討論の原稿を作成していました。

ということで、お待ちかねの12月議会における私の一般質問内容ですが、まだ考えがまとまって

いないのが現状です。ごめんなさい!

ただ、基本は固定資産税の前年比3.5倍350%課税など、絶対にあってはならないことを犯した部署については

時間の限り糺していこうと思います。

あと、市民のことよりも幹部特権優先で、市政の業務改善をしようとしない部署についても質問します。

真面目な職員さんへ、

貴方たちが忖度するのは市民であり、市長、副市長にもぐれつく仕事をしない幹(患)部では

ありませんよ!!

みんな会社が終われば、ただの人です! 最後が主幹さんだろうが部長だろうが関係なく

どれだけ市民に役立つ市役所に貢献したのか、貴方の人生のプロセスに正直だったのかが問われるような気がします。

ということで、今のところ

@理財部の固定資産税課税ミスの隠蔽指示解明について
A何度言ってもやらない「市民に不便を強要している現実を知りつつ」無能な前任部長に気を使い
 改善を躊躇する(本当は真面目な)部長さんに、決断を求めたいと考えています。ダメかな?!
⓷一つは内緒です。
Cはまだ検討中です。
なんせ、市長や理事者にイエスしか言わない議員達が「年間1時間しかない質問時間で充分」として
「梶原の質問時間を増やすことを阻止しました」と理事者に恩を売ろうとしていたら、裏で理事者に
あいつらアホやと笑われたらしいです!
「自分は質問しないが、他の議員にもさせない」まさしく税金泥棒そのもの!!
幹部も議員もえーえ勝負ですな!

質問時間を増やして議会改革を進めようとした会派は、未来・フロンテア・4階の無会派全員です。
パチパチ!

「1時間で充分!余って返す」増やす必要なし!としたのが自公の皆さんと創政会、6階のお二人さんでした。

すいません。つい愚痴ってしまいました。私の質問時間が3月までで、あと12分しか残っていませんので

今回7分程度の一括質問になります。

ということで,まとまっていなくて御免なさい。平謝り

おやすみなさい。




posted by 梶原ときよし at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月02日

後手後手のワクチン頼み政策、国も自治体も市民の命を守る知恵はないのか?!

こんばんは。

新型コロナ、ご多分に漏れずとうとう愛媛も100人の大台に乗せてしまいました。

東京や大阪では、真面にコロナにかかっても医療を受けることができず、自宅待機させられるという現実!

地球温暖化による台風や大雨などの大災害だけでなく、なかなか信じられない(今まで経験がない)ことが

日常茶飯事に起きている中、海外から入ってきた新型コロナを終息させるためには、自分を守るための免疫

や抗体を身に付けることも、個人としては大切であるとは思いますが、市民みんなの努力のみに頼り、

終息を夢見る政治では、余りに無策で頼りにならないとしか言えないのではないでしょうか。

でも、これがスガさんや野志君がいつも唱える「自助・共助・公助」の自己責任政治の表れです。

なんで、この百年に一度の危機に政治家が危機感を持たないのか!!話になりませんよね!!

政治ができる事の最低限な事しかしないで市民の命を守れると思っているとしたらアンポンタンとしか

言いようがありません!

 今、公が全力でやるべきことは、

@デルタに続くラムダを含めあらゆるコロナを海外から入れないように超厳しい水際対策を行い、

 完全に新たには入れない事!抜け道の無い検査と隔離!

A国内対策は徹底したPCR検査体制の構築(少しでも体調に異変があれば必ず検査ができるのは当たり前で

 気になる人や希望者には全員がいつでも何処でも検査が受けられる体制を常備する事)

B国や地方自治体が責任をもって患者を受け入れできる公的な病院や病床施設を早急に整備する事(いつか

 コロナはおさまるのでは!?と口を開けてみている間に、もうすぐ2年が経ちます)つまり市民の命を

 守るために税金を入れることを躊躇しない政治に転換が必要ではないか。

C松山市でいうなら、私が昨年から議会のコロナ対策で主張し続けているA⓷にプラスして松山空港や

 JR松山駅での水際対策検査、また岡山や香川から松山に来るJR列車での検査体制の整備、更には市外や

 県外から来た観光客を含め全員検査を宿泊ホテルで行うことなど、松山に感染者を入れない対策を徹底し

 行う必要があるのではないでしょうか。

 今、全国や松山市が行っているコロナ感染者を自宅待機させる政策では、感染拡大に火に油をかける

 レベルでしかなく、全くあり得ない場当たり政策であり、施設がないから命の危険があっても仕方がない

 ということが正当化されてはなりません!!

 コロナを軽く見て、利権のために、大阪都構想(抗争)を行った大阪のアホな維新達、デルタを知らず

 オリンピック利権のために強行し、新学期の子ども達まで危険にさせているだけでなく、未だに政権維持

 のことしか考えていない自公のアンポンタン議員達、残念ですが多くの市民の犠牲の上にしか、終息を

 させることはできないようです!!

 お願いですから、もういい加減、利権しか考えない無能な自公維新政治をやめさせてください!!!

 消費税を廃止して、コロナから市民の命を守る気概のある強い野党を育ててください!

 投票に行ってください!! 

 宜しくお願い致します!!


  すいません。前置きが長くなりましたが、明日から始まる9月議会での梶原時義の一般質問項目を

 あげさせてもらいます。ちなみに私の登壇は9月16日木曜日の10時〜(40分程度)に決まっていま

 すのでネットでの応援もお願いします。

 @上記にあるコロナ自宅待機政策をやめさせて、感染拡大を防ぐ具体策の要求をします。

 A8月13日に中村知事が出したコロナ「感染対策期」への引き上げでは、「不要不急の県外往来の自粛

 松山市との不要不急の往来自粛」で感染回避行動の徹底が命じられていますが、8月17日と18日に

 坊っちゃんスタジアムで行われたプロ野球には1万3千人ものフアンが集まりましたが
 
 全員が松山市民だったのでしょうか。野志市長も野球観戦したようだが(感染者が出た)感想を聞きたい

 まあ、松山市のリーダーがこのレベルですから、感染が治まるわけはありませんよね!

 休みなく患者さんの治療や看護にあたる医療関係者や感染拡大の元凶の如く扱われている飲食店の皆さん

 は、やりきれない気持ちではないでしょうか。結局、知名度だけで選ばれた市長では、平時ならともかく

 今回のような、市民が危機に見舞われたときの対応能力が問われてしまい、最後は「市民の自己責任」で

 逃げてしまうか、病気を理由にリーダーを放棄するかの選択をするようです。

 政治家や政治のリーダーになった人は「自助・共助」を謳うのではなく、限りなく「公助」を追求した

 政治を行った上で、それでもなお問題解決が困難な時に初めて「共助」を、さらに自助努力をお願いする

 責任があるように思います。(怒りでだんだん長くなり、ごめんなさいね!)

 B私、梶原が過去4回に渡り追及してきた、本市施設で使う電力自由化追求の成果について!!
 (みなさん、ここだけの話で、絶対に言わないでくださいよ!実は梶原の質問追及前の四電オンリーの
  時に比べ、新電力を導入しただけで何〜と!なんと!!年間約3億円も電気代が安くなっているんで   
  す!! 一茂さんには絶対に言わないでくださいよ!
  私しか追及する議員はいませんが、約1千万円の報酬で年間3億円もの税金の無駄遣いをやめさせる
  ことに成功したんです!!来年の選挙に向けてのアピールではありませんが、若い真面目な職員さん達  
  に更に頑張っていただき、更に2億円、合計年5億円の経費削減を実現したいと考えています。

 C真面目な農家さんをいじめる市街化農地への課税強化を白紙撤回させたい!!ひどい例を挙げると
  前年比で350%課税をされた農地もあります。農地を宅地化させる為なのか?単なる課税ミスを
  隠すためになのか?開き直る市長に「むしろ旗」を見せますね。

 Dもう一つは、まだまとまっていないので秘密のアッコちゃんとさせてください。

 すいません、以上長々と書きましたが、今議会も全力で頑張りますので、密かに応援を宜しくお願いします。
 明日は質問鳥は飛んで来なくていいですよ! コロナに気を付けてゆっくりしてください。

 おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月10日

明日から2021年6月議会が始まります。やらせ議会とか学芸会と揶揄される松山市議会に喝を入れたいと思います!

 こんばんは。

 明日6月11日から6月議会が始まります。
 どうやら「コロナワクチン接種の質問が多くありそうです」と担当部長も覚悟を決めているようですが
 「私達○○会派が要望書を出してお願いしたように、しっかりワクチン接種をお願いします」とやらの
 同じような質問が満載の様相です。残念ながらタイトルにある議会の風景を見るだけの、毎度お馴染み
 野志市長礼賛の聞くに耐えない協奏曲or狂想曲の始まり始まり!!・・にさせてはならず!!
 私、梶原が頑張りますね!

 さて、真面目に働く若い優秀な本市職員のために、恒例の今現在で考えている梶原の一般質問構想を
 短く載せますね(お日様に西々の幹部や悪貨に満ちた幹部には内緒にしてくださいね黄ハート

 (1)コロナ関連
 @コロナ対策一年半の総括は?
 Aワクチン接種の受付から実施までのプロセスは?
 B副作用(副反応?)の告知が足りないのでは?(ワクチン接種直後の死者186人って多すぎない?)
 C市議会議員や一般市民には内緒で、(市長の周りの人達にだけ)ワクチン接種受け付け代行サービス
  してたって本当なの!?その数何と1万4,000人だって!!
  真面目に命がけで電話予約していた一般市民が可哀想過ぎませんか!
  (うるさい)市議会議員には知らせるな!との命令を誰が出したのでしょうかね?!
  もしかして
  もう、とっくに市長や幹部はワクチン接種済ませているのかもね???(うるさい市議には内緒で!)
  疑いたくはないけど、そうなのかな? 内緒内緒のワクチン政策!(そのうち副作用の罰が当たる?)
  
  こんな、市民サービス情報が一部市民にしか伝えられず、電話予約競争の陰で温々予約の口コミ市民も
  あれば、何十回電話をしてもツナガラナイのでお菓子を買って誰かに頼んでようやく予約できた人も!

  こんな野志さんのやり方は有りなのか? 若い優秀な職員さん、どう思いますか?

  ダメな幹部だから仕方がないでは済まされません。いずれは「狼市政」になりますよ。

  どうか若いあなた方が「一人でも多くの市民に」ではなく「すべての市民に」幸せになってもらいたい

  と願う職員に成長をしていただきたいと願っています。

(2)(一部の真面目な議員には秘密にされた)市街地再開発事業休止の件
  今までに本市が出した補助金1億2000万円はどうなるの?また坂の上の雲となって飛んで行くの?

(3)松山市監査委員から「問題あり」とされた、文化・ことば部課幹部の反省なき怠惰な仕事ぶりっこは
   松山市監査委員報告書までも無視して、「何もしない」と開き直るのか!

(4)あと、(当日まで内緒ですが)良い事が一つだけありました。関係部署の女性課長を初め
   若手職員のご努力に感謝したいです。今後ともお互いに頑張っていきましょう!!

(5)本市の不正請求事件の追及が本命ですが、時間が足りないです。

  以上が、6月議会で梶原が取り上げる一般質問の概要です。若い真面目な職員さんの仕事時間短縮に
  貢献するべく書きましたので、明日の質問取りは不要ですよね!

  一緒に頑張りましょう。

  梶 原 時 義






posted by 梶原ときよし at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月26日

専決処分乱発承認の5月臨時議会が終わりました。市民が今一番知りたいことを議論しない市議会なら いらないのでは?!

 こんにちは。今年は早い梅雨入りですね。 

 昨日、コロナ対策の専決処分承認の5月臨時議会が終わりました。

 承認議案は、愛媛県のコロナまん延防止政策を松山市でも実践するために、飲食店等の皆様に営業時間の

 短縮をお願いするために、事業経営継続を支援する協力金の支払いや、低所得世帯に生活支援の給付金を実施

 するための議案ですので、反対もなく全会一致で承認となりましたが、飲食店で働くパートやアルバイト

 の学生さん達には、時間短縮による給与補填が計上されてなく、梶原が質疑を行い、事業者補償にしか視

 点が置かれていない補正予算内容になっていることを問題として取り上げ、本市の責任として時短要請に     
 
 伴い減額された給与を補填支給するように求めましたが

 野志市長にはコロナで厳しい生活を余儀なくされている市民の気持ちがわからないのか、議場ではいつも

 NO,としかいいません。

 残念ながら、野志市長には自分を選挙で支援してくれる業界や議員の人達しか「笑顔の対象」にしていないようです。

 でもね、日本国憲法第27条には国民の勤労の権利と義務が記されています。市民の働く権利を守らなければならない立場にある公務員(市長)が、厳しい生活を余儀なくされている中で一生懸命働いている学生アルバイトやパート従業員を含む非正規で働く人の仕事を公権力の「時間短縮命令」で奪った以上、命令を出す前に補償内容を打ち出すべきではないでしょうか。補償をしない事は明らかに憲法違反です!

こんなことも理解ができないのか!と、いつも腹が立ちますが

要は何処を見て、誰を見て市政を行っているのか??ということなんです。

こんな、傍若無人な市政を早10年以上も続けている野志君(アナウンサー仕込みで市民を誤魔化すくらいは朝飯前)を連れてきた中村県知事の責任で、そろそろ印籠を渡して欲しいと思います。

さて、松山市のコロナ対策??感染拡大を抑えるために何か松山市は政策をやりましたか??

みなさん、記憶がありますか?? 

私にあるのは(市長は何もしないが)市民には三密を避けてください!
不要不急の外出はしないでください!家にいてください!おおっと、その前にマスク・手洗い・消毒でしたね!
 市民にお願いするだけ!!ですよね?!何か松山市が行ったことがありますか?!

 あ、あった!あった!コミセンや市民会館など公的施設を閉鎖して市民が使えなくなった!こんな事だけ?? これって感染拡大防止の政策なの?この程度の枝葉的対策しかないの?お金がないの?違う!

やる気がないの!知恵がないの?違う?人の言うことを聞かないの?ただ一人議会で追及した議員の言うことを聞かないからではないの???

昨年2020年の5月臨時議会でも、私が「初期症状のある人を含め、PCR検査希望者全員が検査を受けられる体制を一刻も早く作るべきではないか」と何度も何度も繰り返し要求しましたが、野志市長は全く聞く耳を持ちませんでした。
「37度以上の熱が4日以上続かないとPCR検査はやりません」と頑なに市長のやるべき基本的なコロナ感染予防対策を放棄してきたことが、四国4県の中で突出した感染者数を出していることは間違いありません!

5月23日現在  
愛媛県2657人中松山市1575人、高知県全体で1215人、徳島県全体で1606人、香川県全体で1900人です。
今臨時議会でも指摘しておきましたが、
遅きに失したとはいえ、仮にワクチンが普及し現在のコロナウイルスに効力があるにしても、また新たな変異ウイルスが出ないとも限りません。つまりどんなにワクチンが普及しようとも、コロナの薬ができようとも、インフルエンザと同様にどこのクリニックでもできるPCR
検査体制だけは早急に整備しなければならないのではないのか!

みなさん、そう思いませんか?!

もう一つ、松山市がコロナウイルス感染症対策に手も足も出なかった理由はどうしてでしょうか?
それは、感染症対策を含め松山市立の病院が造られていないことが最大の原因です。
松山市政が市民の命を守る拠点を持っていないということです。つまり、市民の命を守るための税金は使って来なかったということではないでしょうか?

本市周辺で、コロナ感染症で闘っている病院は何処でしょうか?

〇愛媛県立中央病院 〇日本赤十字松山病院 〇愛媛大学附属病院  

つまり、地方では民間病院で感染症に立ち向かうことは基本的に難しく、やはり国立・県立・松山市立という公的病院をしっかり整備しておかなければ、万が一の感染症を含め、市民の命は守り切れないということです。

 私が野志市長に何度も何度も、松山市立の総合病院を造るよう要求してきた理由は上記理由です。

 今からでも遅くはありませんので、みんなで、松山市立総合病院の設立の要求していきましょう!!

最後になりますが、今臨時議会の質疑に
 私が、本市市民の一番の関心事である「ワクチン接種の問題」を今議会で取り上げるべきではないかと、緊急質問の動議を行いましたが、議事として取り上げることに反対をした議員がほとんどで、情けないだけではなく、議会の存在価値すら無いのではとつくづく思いました。
(ワクチン接種の緊急質問を取り上げるべきと賛成した議員は田淵議員と梶原との二人だけでした)
市長が市長なら、議員も議員でいい勝負、両者とも顔を洗って出直すべきではないのか!!

長くなり、疲れましたので少し端折りしました。

以上、5月臨時議会の報告とさせてください。
尚、6月議会の梶原の一般質問登壇は6月23日を予定しています。
詳細は後日入れますね。それでは失礼いたします。
posted by 梶原ときよし at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月16日

森の女性蔑視差別発言と野志松山市政

 こんばんは。

 森前首相・オリパラ組織委員会会長の女性蔑視発言が、またまた世間を、否世界中を騒がせていますが、

 自分の差別発言を未だに理解できないようで、男社会にどっぷり浸かってきた不勉強極まりない自民党

 政治家の象徴のような気がします。

 コロナの撃退どころか、福島の復興さえもままならない状況で、世界からオリパラ選手が来てくれるとは

 とても思えません。

 福島原発事故による放射性汚染水は処理できず溜まる一方で、放射性物質を垂れ流していながら

 「囲い込んでいる」と大洞まで吹いて開催を強行しようとしているオリンピックに、果たして開催する価値

 があるのでしょうか。

 この期に及んでもまだオリパラを開催できると本気で考えているとは??

 森発言の土壌にある日本のジェンダーギャップは、
 〇 上場企業の女性社長率 1%
 〇 衆議院議員の女性率  10%
 〇 参議院議員の女性率  20%
 ◎ 松山市役所部長の女性率 0%

 世界ジェンダーギャップ報告(2020年)で、日本は153か国中121位にランクされる発展途上国と

 いうより発展困難国のような気がします。

特筆すべきは、我が松山市の現状です! ◎にありますように松山市役所の部長さんは、みんな男です。

 真っ黒クロスケ! 女性部長率は、何〜と ゼロパーセント( 0 % )zero!です!

 野志市長が、よっぽど女嫌いか?男好き?なのか、私には分かりませんが、これが野志市政11年目の

 実態なんです。ですから議事堂のひな壇は男性部長ぎりなんです!異常だと思いませんか??

 正に女性差別状態そのものです。

 野志市長も森さんと同じように「女性は話が長い」「わきまえるもの」と考えているのかもしれませんね?

 というのも、私が議会質問でこの10年間、何度もこの問題を取り上げていますが、市長は一向に女性部長

 登用を増やそうという気概がありません。

 〇 本市の男女共同参画条例施行から17年。
 〇 野志市長就任から10年経過。

 所謂2030運動は何処へ行ったのでしょうか? 
 2020年には女性部長を30%にする目標は口だけなのか? 

 まあ〜なんせ、やりたい放題男部長の言いなり市長ではしょせん無理かもしれません!でもこの状態を

 放置しておいたのでは、議会や議員が女性差別を容認しているとも捉えられかねず、どうしても大至急に

 改善させなければならないと思います。

 ということで、明日からの松山市議会3月議会、梶原時義の一般質問は、森発言の土壌改良に向けて

 松山市政から差別をなくすための質問を皮切りに、残り時間1分40秒ながら全力投球したいと思います。

 その他は、松山西年金事務所による虚偽申請による不正住民票交付問題。文化振興部課による市民対応への

 サボタージュ問題。都市整備部の無駄遣い予算問題を予定しています。 

 議場へのご来場及びテレビでのご視聴を宜しくお願い致します。

 ちなみに登壇日時は、3月5日(金)4人目の登壇で11時半前後の予定です。

(再質問が10分ありますので、答弁を入れて25分間程度になると思います)

 おやすみなさい


 梶 原 時 義

 
posted by 梶原ときよし at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月30日

政治の無能さを露呈した2020年!市民の自己責任で終わらせる政治ならいらない!!

 こんばんは。 

 コロナで明け暮れた感の強い2020年でしたが、コロナに対する恨み節は終わりそうもありませんね。

 しかし、よく考えてみたら自然界に存在する細菌が生き延びるために活動しているだけかもしれません。

 人間もしかり、生きていくために自然界にあらゆる行為を行ってきていることも事実ですよね。

 つまり自然界での生存競争に打ち勝つために、私たちは集団をつくり、国をつくっています。

 市民の幸せのために作った集団が、敵(コロナ)との闘いの最前線に立たず、三密を避けるお願いを

 するだけでは、政治の存在感そのものを放棄したと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 市民・国民の危機にある時にいかに存在感を示すかが、政治であり公務員の役割ではないでしょうか。

 PCR検査一つをとっても国も松山市政も、対コロナで、何もしない、できない政治が暴露された感が否めません!どうして世界で、対コロナで常識になっているPCR検査を徹底して行わないのでしょうか。

 松山市役所の現状を見るとき、若い職員をはじめ真面目で優秀な職員が多いのは事実ですが

 この人たちを「市民の幸せのために働く松山市職員」に導かなければならない幹部職員に、その旗振り役が

 できる能力に欠ける人が野志市政執行部の中心に幅を利かせ、忖度昇進した悪貨幹部が大きな顔をしてい
 
 るのが続く職場環境を変えさせなければ、良貨が悪貨に駆逐されかねない危機的状況でだないかと思えて

 なりません。

 市民が危機に陥っているときに、リーダーの能力と手腕が問われるのが政治です。

 国も松山市もできない、しない人には退場してもらいたいです!!

 市民が安心して日常生活を送るためには、「いつでも、どこでも、誰ででも安価でPCR検査を受けることが出来る環境を整えてさえいれば、安心して旅行を行けるし、経済活動にも影響を最小限にできるのではないでしょうか。何と言っても無症状の感染者が無意識に感染拡大を広げている現状を解消することが第一です!

 来年2021年には衆議院選挙があります。

 もういい加減自民党や公明党、イシンも含めて金権腐敗と堕落した現政権にNO!の判断をしてもらいたいです!

 NHKや産経、読売が口癖のように繰り返す、「ワイロや金権腐敗の議員が後を絶たない自民・公明もダメだが野党はもっと頼りない」という「自公維新の応援」トークを見抜き、許してはならないと考えます。

2021年はまず、 
コロナで被害を受けている市民に充分な生活保障を行い、みんなが安心してコロナと闘える体制をつくることが先決で、非常事態宣言や法律による罰則など自公の政治が無能な証拠で、あってはならないと思います。

 私、梶原時義は、まずコロナと闘える環境づくりに頑張ります!

 2021年、良いお年をお迎えください。

 今後ともご指導を宜しくお願い申し上げます。

 梶原ときよし

 

posted by 梶原ときよし at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記