2018年03月03日

梶原の一般質問登壇は3月5日(月)10:30〜です!野志市長のカラ出張の組織的隠ぺいを明らかにします!!

 こんばんは。

 タイトルでも書きましたが、梶原の一般質問登壇が3月5日の10:30分頃から約30分間ありますので

 是非とも見て下さいね!

 2月に書いたブログで、既に明らかにしていますが、松山市の幹部が部下の女性職員と1年間に

 何と、なんと!40泊55日も仕事と称して出張に出かけています。仕事日数を年間220日として

 1週間に1度は二人っきりでお泊まり出張に行き、それをほぼ3年間も続けていた事実を明らかにしていますが

 問題は公費で(市民の血税で)出張しているにも拘わらず、その出張に伴う旅費・交通費・宿泊費の

 領収書が1枚も添付されることなく、(領収書の添付義務は不要)税金が申請書だけでバンバン支出

 されている現実!この管理の仕方こそが公務員特権そのものであり、このことが不正の温床になっているこ

 とは間違いありません。男と女の問題がどうであろうと、私には関心ありませんが、こと税金詐取を

 許すわけにはいけない!!ただそれだけです。

 もちろん一人で充分な出張をラブラブの二人で行くとか、大勢で行くとか、民間では考えられない

 仕事の仕方も充分甘えがあるのも確かなような気もします。

 5日(月)10:30分〜野志市長が辞めることになるかもしれない新事実を暴露して、松山市役所から組織的 
 隠ぺいを一掃したいと思います。

 真面目に働くほとんどの職員さんの思いを議会でぶつけて、クリーン松山市政を実現したいです。

 是非応援にヵけつけてください!!

 えひめCATVと松山市議会のネットで生中継がありますので、そちらもどうぞ見て下さい!

 (ネットはアクセスが集中して見られないかもしれませんので、CATVが確実です)

 おやすみなさい。

 
posted by 梶原ときよし at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

ここまで来たか?野志市政!民主主義とやらまで投げ捨てるコンクリート大好き政治!!

 こんばんは。

 明日から2018年3月議会が始まりますので、久しぶりですが一言書かなければなりませんね!

 3月議会は、そもそも新年度の予算審議もあり議会にとっては、最も重要な議会であることは誰しも否めません。また今期で勇退する議員も含め今任期最後の議会ですから、思う存分に議員としての総括や存在感を発揮しなければならない大切が議会が今3月議会なのです!

 にもかかわらず、維新の会の議員が「無会派の議員の質問時間をたったの15分に制限すべき」と提案して
無会派の議員の意見も聞かず、議会運営委員会(無会派11人は参加出来ない仕組み)の市政与党の数の論理で決めてしまいました。(答弁時間を含めて30分)

 全く話にならない、議会改革に逆行する行為を、どうしてするのでしょうか?不思議でなりませんよね!!

 どうも理事者からの働き掛けでことが進んだようです!

 本来なら60分の時間を自由に使えたのに、何故急に??

 どうも、私が追及している「松山市職員のカラ出張や税金詐取の証拠」が明らかになると困るので、質問時間だけでも制限をさせるて逃げ切る作戦に出たのが真実のようです。

 出張に行っても領収書の一枚もいらない公務員特権を改めないどころか、隠し逃げ切ろうという作戦です!

 でも、いつまでも不正やカラ出張が隠し通せると思っている野志市長や幹部の脳の構造は硬直しているのではないかと思えてなりません!!

 私は、昨年の6月議会から9月議会・12月議会と3度も糾してきましたが、公務員が市民の税金で出張をする以上、用件や行き先を明確にすることはもちろん、交通費・宿泊費を含め、実際に仕事をした報告書とともに、その領収書を証拠として出張を証明する義務があります(議員は領収書なしに政務活動費は出ません)

 だから野志市長は、カラ出張をしていたとされる職員に説明と証明責任を果たさせなければなりません!
つまり市民の血税を使って仕事をする以上、職員に説明責任があると言うことは誰でも分かります!!

 にもかかわらず、その説明も証明も本人に聞き取ることもしないのが、野志市長と幹部(患部?)の皆さんなんです。

 市民の税金使い放題、カラ出張に同伴出張、税金詐取に民間なら絶対1人で充分な出張に大勢で行く等、
 いいかげん、税金の無駄遣いは止めてもらいたいですよね!!

 1時間に4〜5本しか走らない予讃線に、(1時間の間に踏切遮断がたったの5分しかない予讃線)に
踏切待ち時間を無くすためとして、500億円もかけてJR松山駅前後2400メートルを高架橋にしようとする中村知事や野志市長は、何を考えているのでしょうか?

 県内のほとんどの市町では既に中学校卒業までの子どもの診察・通院費までも無料化されている中、松山市は市民に使うお金がないとして、子どもの診察・通院費を1円の支援もしていません。子育て支援に必要な7億円は出せないが、ゼネコン奉仕のための500億円は「必要です」と言い切るノシ政治!

今、一番大事なことは、少子高齢化人口減少に歯止めをかけるために、行政は何はさておき、子育て支援を
最大のテーマとして取り組む必要があることは、政治家なら誰でも分かると思います。

近隣の伊予市・松前町・砥部町・東温市など子どもの医療費は完全無料化されています。

残念ですが、愛媛で一番裕福な税収のある松山市民が、一番の貧乏くじを引いているのが現実です。

いいかげん、ドがつく素人政治は松山市民のために、やめてもらいたいです!!

このまま行けば終わりそうもないので、結論を言いますね!

今議会の一般質問で、梶原は職員の不正・カラ出張・同伴出張の明確な証拠を出して、隠しまわり、逃げ回る
野志市長と幹部のの進退を問います。不正と税金の無駄遣いは絶対に許せません!!
もちろん逃げ得も!
たとえ15分に制限しようと、この問題をきっちり、はっきりさせるまでは議員である以上、市民のためにも或いは真面目に働く多くの本市職員のためにも最後まで闘う宣言をして、明日からの議会に臨みます。

長くなってごめんなさい。お休みなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

2017年もご支援をありがとうございました。

 こんばんは。

 まもなく2017年が終わります。今年1年ご支援を頂いた方に心から感謝を申し上げます。

 みな様にとりまして、来る年が充実の1年になりますようにお祈りします。

 長らくブログを書けず、申し訳ありません。今日も短くご挨拶だけにさせてくださいませ。

 世界的に右翼化が進む中、日本も確実にハイスピードで右翼化してきているのは間違いありません。

 安倍とトランプの自国ファーストは、その軍事力に依存したもので世界平和に逆行していることは

 明らかです。

 「力には力で」と、軍拡政治を行えば必ず戦争になることは火を見るより明らかです!

 文民が軍人化すれば、必ず話し合いよりも戦争をしたがるのではないでしょうか。

 全ては政権を取り巻く軍需産業資本がコントロールしていることを、見抜かなければならないと思います。

 2018年は憲法改憲の策動がマスコミを取り込み、大きなお金と公務員をフル動員して行われることは

 間違いありません。戦争をしない国こそ、私たちの誇りです!軍拡競争をやめて、善隣友好のアジアを

 築くことが、政治の使命だと考えます!!

 平和憲法と市民の基本的人権を守り、個人が尊重される社会を取り戻す2018年を願い、年末のご挨拶と

 させてください。

 来年4月には松山市議会選挙もあります!こちらも合わせて宜しくお願いします。

 それではみな様、良いお年をお迎えください。

 2017年12月31日   梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月09日

大荒れの松山市議会の9月議会が終わりました。

こんにちは。

 昨日、9月議会はおわりました。終了後に野志市長の心情が透けて見える情けない行動がありました。

 地方自治の市政は議員内閣制の国政とは違い、二元代表制を敷いています。

 つまり市民から選ばれた市長が市の職員:執行部を(理事者と呼ぶ)使い、予算を含め

 市民のための政治を行う役割が有り、一方、市議会議員も市民から直接選ばれて議会を構成して

 市長の政治執行をチェックする役割を持っています。

 つまり市議会議員の一番大きな役割は、市長が市民のための政治を忘れ、利権や私利私欲に

 暴走しないように、監視をしていく事が二元代表制のあるべき自然の姿なのです。

 前置きはそのくらいにして

 昨日の野志市長の行動は、今朝の愛媛新聞で小さく報道もされていますが、

 議会最終日恒例の(市民のためのたたかいが終わって議案が通ったお互いのための)挨拶行動を

 こともあろうに、野志市政の失政を糾した会派は挨拶をしないということを、理財部長を通じて

 言ってきました。松山市の議会史上初めてのことではないかと思います。

 維新・公明他、与党系といわれている議員が過半数を占め、議会での質問というよりは、

 「野志さんは頑張っている!よくやっている!見習いたい」てなことばかりを毎回毎回並べるので

 本人がついその気になっているところに、梶原がデータを持って厳しく切り込むので

 答弁は部長にさせて逃げれるが、「子育て世代や、一人親世帯など一所懸命に生きるのが厳しい市民」

 には本当に冷たい野志市長の政策を暴露され、事実追及をしたことが気に入らなかったようです。

 情けないやら、ガキンコ市長のガキンコ政治では、市民は救われません!!

 喜んでいるのは、それを操る鬼門の政治家と政治利権に群がる金の猛者達!

 はっきり言って税金を払うのが嫌です!理由を少しだけ述べますね。


 今議会で梶原は市職員幹部の公金詐取とカラ出張事件を追及しました。収賄容疑の他、

 公金詐取とカラ出張が疑われている元幹部職員の出張記録簿1200枚を情報公開請求を行って調べました。

 出るはでるは、不要な出張!カラ出張!同伴出張!おまけに、ほとんどの出張は行ったかどうかの?

 確認する証拠がない!予讃線・新幹線・スーパージェットの他、領収書など一枚の添付もありません!

 ええ??!!宿泊費の領収書もなしで、税金をバンバン払い放題の現状。
 (飛行機のパックのみあるとのこと??)

 こんな管理状態だから、それは不正もしますよ。残念だけど!不正の温床は市長の責任ですよ。

 優しく言っても、厳しく言っても、税金詐取を許すことは出来ません!

 まさしく市職員幹部に操り人形にされている市長が情けなくてなりません!
(7年も市長をしていて何をしてたのか?少しは勉強したらどうか!と言いたくなります!!)

 即刻、領収書なしでは公金支出はしない体制にすることを、議会で求めましたが、

 するとは言いませんでした!!  市職員幹部の利権を失いたくないようです。

 こうなったら、この一点だけでも市民みんなで声を上げませんか!!

 税金の詐取はやめろ!!領収書なしで公金を出すな!!一人で充分な出張に大勢で行くな!

 ましてや同伴出張旅行などもっての外だ!!

 あ〜!もう私も疲れました。

 実はまだまだ追及したことがあるのですが、次に報告しましね!

◎野志市政の松山市は子どもの医療費支援が県内市町の中でも、48中核市の中でも最低最下位です!
(知らなかったでしょう!これを暴露したので野志君は怒っているようです!)
ほとんどの市町は中学校卒業までは診察・通院の医療費が無料又は支援があります。でも野志市長の

 松山市は就学前まで!つまり小学校・中学校の9年間の医療費が子育て世代の親負担なんです!!

*その差なんと9年間です。安心して子育てするには松山では厳しいという現実を、あなたは許せますか?

 市長曰く、(子育て支援に)予算がありません!7億円掛かります。

 梶原:子どもの数に比例して県内一税収がある松山なのに、出来ないわけがない!やる気が無いだけでは

    ないか。結局必要とされる7億円は子育て世代が払っていることになる!!

    も〜!いい加減にしてください。野志市長さん!

    みんなで一揆を起こすしかありません!

 ごめんなさい。約束の時間です。 それではまた。

 
posted by 梶原ときよし at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月23日

残暑お見舞い申し上げます。


 こんにちは。
 処暑とはいえ、連日の猛暑にはへこたれてしまいそうな毎日ですが、お変わりありませんか。
 
 今年は愛媛国体の関係で、明日から早くも9月議会が始まります。
私の議会質問予定日は9月4日(月)5人目の登壇で、前4人の時間配分に左右されますが、
たぶん午後1時40分前後から約30分の登壇になる予定です。是非、松山市議会からのネットで
視聴してみてください。
 ちなみに今回のテーマは
 野志市政の余りにひどい、子育てにお金を使わない実態を改善するように求めていきます。

 @松山市の子供に対する医療費助成は幼稚園(小学校入学前)までしかありません!松山に住んでいると
行政はこんなもの・・。ですが、県内20の市町のうち17市は中学校卒業まで診察・通院・入院まで医療費は無料化されています。(その差9年間!!あり得ません!:中核市47市中最下位。情けない!)
 子育て支援のしないのは松山市と西予市、それと歯科のみ無料の今治市!と言ってもいいでしょう。
 何故松山市は子育て支援にお金を使わないのでしょうか??明らかにしていきます!
  ※子育て支援に対し、お金がありません。(野志市長)という答弁をあなたは許せますか!!
コンクリート大好きの野志君と土木建築会社が、のどから手を出して、西条分水利権500億円以上やJR松山駅前再開発500億円以上<駅・駅ビルと駅前を新しくするだけなら愛媛国体までに完成していた(ここまでは梶原も賛成)ものを、駅前後2キロにわたり高架化する事業>にまたまた莫大なコンクリートとお金っをかけるために、さらに外環状線に1000億円とか?愛媛県よりも財政的に豊かと言われる松山市ですが、市民生活や子育て支援或いは松山の教育費にかけるお金がないようです!!
  ※情けないのはこんなに市民に冷たい予算編成に対し、松山維新・公明他の与党の人たちが諸手を挙げて
   (賛成しかしない議員の集まりが議会を支配している)推進する現状がこの事態を招いていると言うこ   とです。でももっと言えば、その人達に投票しているあなたのせいかもしれません!?
 A一人親世帯など低所得世帯の子供が、小・中学校に入学するときに支給される入学準備金について、
  国が最低基準で示している基準の半分しか出さない野志市長、情けないだけでなく、どこを見て政治を
  しているのかと言いたい!!人の命や教育の機会均等よりも、お金儲けを優先する政治だけは即刻やめて  もらいたいです。
 もう一つは
 昨年末に警察から事情聴取を受けた幹部職員の贈収賄容疑事件に絡み、(逃げ回り、隠し回る幹部職員達) 新たに出てきた膿を取り除くために、厳しく追及をしていきたいです!
  (質問時間の関係で12月議会にするかもしれません?)
 
 さらには、教育施設と教育費の不備・不足を指摘して、改善を図るように訴えて行きます!!

 今後とも、市長と執行部、さらに全ての議員監視をお願いして9月議会に臨む報告とさせてもらいます。

 ありがとうございました。

 
posted by 梶原ときよし at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月14日

「共謀罪」法案の撤回を!!

 こんにちは。
 いつもの事ながら、たいへんご無沙汰をして申し訳ありません。
 自公政権の暴走に次ぐ暴走を許してしまっている中、戦後の治安維持法になるといわれている
「共謀罪」法案が今夜にも参議院で強行採決をされる情勢にあるようです。

 この共謀罪法案は市民の基本的人権である表現の自由や思想信条の自由までも、国家権力の裁量で恣意的に (盗聴などの行為を含む)公然と自由に取り締まれるようになる危険性を内包しており、これまで20程度の 超重大犯罪にしか適応させていなかったものを、(懲役4年以上の犯罪)277まで拡大したことは、
 市民の内心の自由をも侵害し 国家権力による市民監視社会をに道を開くものに他ならないものです!

 そもそも日本の刑法の原則は
 「既遂処罰が原則であり、未遂処罰は例外、予備(準備)の処罰は例外中の例外」とされています。
 しかしながら今度の共謀罪法案では、複数であれば決意の合意を「共謀」と捉え、
 実行の準備行為についても権力の裁量に委ねられるという、とてつもない監視社会が危惧されます。

 犯罪を犯していなくても、思っただけで(考えただけで)「考えただろう」と犯罪者に仕立て上げられる
 世の中が法的根拠を持ったなら、どんなに恐ろしい社会になるのでしょうか。

 日本は「報道の自由度で」既に世界72位にランクされており、もちろん先進7カ国では最下位です。

 私たちの子や孫のためにも、戦前回帰の世にさせることのないように、今、私たち大人が
 責任を持って自公 極右政権と 闘う必要ががあるのではないでしょうか!!

  ※ 何度も言いますが「市民は政治に無関心で入れても、無関係ではいられません!!」

 次の選挙では、「自公と維新の戦争賛美者達」に自由の鉄槌を下していただく事を(必ず)お願いします。

 さて、明日から6月松山市議会が始まります。

 残念ながら、松山市政も安部政権とあまり変わらず、

 やりたい放題!隠したい放題の情けない政治が続いています。

 貧困や弱者に目を向けることよりも、国体やお祭りにお金をばらまく政治をやめて、

 教育・福祉・医療などみんなが安心して暮らせる松山市政に転換をさせるべく、

 みな様の政治参加をお願いするものです

 市民から預かった大切な税金を誰のために使い、再分配していくのかを決めるのが

 地方自治の一つの大きな役割です!  ですから!

 市民のみな様の「市長や議員にたいする政治監視」がどうしても必要です!!

 
 ということで、市議会議員としての今回の梶原ときよし市政監視の質問項目は

@松山市役所に警察の捜査が入ったにもかかわらず、もみ消したのは何故か?
A本市の二次医療救急機関の医師・医療体制は万全なのか?
B本市の市営住宅他、公的施設のアスベスト(中皮腫等)対策は済ませたか?
Cひとり親家庭を含む貧困対策と教育支援が必要な家庭に対する入学準備金が他市の半分程度しか支給されて いない事は、松山市として恥ずかしくないか?教育長さん!市長さん!
Dそれから野志市長の好きな西条分水利権の問題

 以上を予定していますが時間の関係で削るかもしれません。

 ※ 梶原の一般質問登壇予定は6月26日(月曜日)の3人目で11時頃の予定です!
   是非、議場まで政治監視にお越しください!!お待ちしています。
 尚、松山市議会のホームページからネットで生中継が見れますので、そちらもどうぞ!

 それではまた。
 
 梶原時義


 

posted by 梶原ときよし at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

梶原の3月議会一般質問登壇は明日です!(時間変更があります!)

 こんばんは。

 3月議会の登壇が明日ありますが、登壇時間の変更が今日、議会事務局情報で有りました。

 明日の14時半前後から40分間くらいと告知していましたが、

 何と、前の4人の議員の発言時間が思ったより短く、午前中に4人とも

 済ましてしまうようだとのことで、5人目の梶原が午後の一番になりそうです。

 ビックリですが、13時半前後の登壇になりそうですので、メールでお知らせをさせて

 頂いたみなさまを含め、変更を宜しくお願いします。

 ※予定変更の再メールは、ご迷惑になってもいけませんので送りませんので

 宜しくお願いします。

 14時半ごろ〜ネット中継を見たら、終わっていると思います。

 ほんとうにごめんなさい!

 ただ後日、議会のネット中継録画放送で見れますので、ご確認ください。

 今日は、とりあえずの事務連絡です!!

 明日の登壇に備え、今日は超短く終わります。

 おやすみなさい!! 明日は見てね!! 13時半〜!!
 
posted by 梶原ときよし at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

明日から3月松山市議会本会議が始まります。

 こんばんは。

 今日は17度近くまで気温が上がり、温かい一日でしたね!

 2017年もあっという間に2月の半ばを迎え、相変わらずバタバタした慌ただしい毎日です。

 今日は西条市議会議員の選挙応援に行き、お昼から夕方まで高橋章哲候補の選挙カーに乗り

 西条市内を街宣しました。高橋章哲候補は2期8年間市民の声を細かく市政にぶつけてきただけあり、

 市民の大きな声援をたくさんいただきました。

 出陣式でも100名を超える地元も方たちが集まり、大きな盛り上がりもありました。

 元衆議院議員のながえ孝子さんの応援の弁も爽やかそのもので、高橋候補共々大きな拍手を

 頂いていました。(永江さんが同乗し、街宣に行きました)

 ただ選挙は蓋をあけるまでは、何があるかわかりませんので、どうか最後まで高橋章哲候補への

 ご支援を宜しくお願いします。


 さて、明日からの3月議会ですが、梶原の一般質問登壇が3月3日の金曜日5人目の登壇に決まりました!

 たぶん14時半〜15時くらいから約40分間の登壇になると思いますので、是非議場にお越しくださいませ!!

 えひめCATVと松山市議会のホームページからインターネット生中継もありますので、

 そちらもご覧いただけます。応援を宜しくお願いします!!

 今日の愛媛新聞3面の下の方に小さく記事が出ていたと思いますが、昨日(15日)松山市議4人で

 1月26日松山市の城山公園で行った、迷彩服姿の自衛隊員20人による(小銃などの武器を携行したまま)

 格闘訓練に対し、陸上自衛隊松山駐屯地に抗議に行きました。

 そもそも、城山公園を含む公園は市民の憩いの場であり、子どもたちが元気に遊べる場所でもあります。

 その憩いの場所に、突然迷彩服姿の軍人が小銃を持って

 (模擬銃だったとはいえ:模擬銃だとは市民にはわからない) 幼い子供たちの前で

 相手を殺すための格闘訓練を大声で行った事は、戦時ならともかく平時では絶対に許されない行為だと

 私は思います。

 (いちばん怖いのは、子どもたちが軍事訓練を格好いいと思う事です!!)

 先の世界戦争を経て、二度と戦争はしないと決意した平和憲法を持ちながら、市民の目前で戦闘訓練を

 すること事体が憲法違反ではないかとも考えますが、いかがでしょうか?

 もちろん、自衛隊存在自体が憲法違反かどうかはさておき、

 災害救助活動などが評価され、一定の市民権を得ている感はあります。

 だからこそ、オレンジ服のレスキュウ隊服で市民の必要性に応えるべく災害救助訓練ならまだしも、

 市民の目前で兵器を抱えた迷彩服姿の軍事訓練など行うべきではないと思います。

 「お国を守るためには必要です」と、何でも有りになっていくことが懸念せれてなりません!

 いつしか次第にシビリアンコントロールが効かなくなるのではないでしょうか!!

 今回、松山市の公園管理課も事の大きさに気付き、二度と公園は軍事訓練に貸さないとの

 話ですので、この問題が二度と起きないよう執行部にはくぎを刺しておきます。

 
 はい。 またまた前置きが長くなりましたが、3月議会での梶原の質問項目は

@有用性を認めながら、全国で行われている耐震シェルター補助を予算化しない事について。

A教育委員会が成人式に議長を含む市議会議員の参加を(実行委員会のせいにして)拒否していることについて。
B本市児童・生徒の約15%5827人が受けている就学援助について

C建築指導課の課名変更と対応について

Dあと、市民から指摘のハガキが届いている税金の無駄遣いについて

E今年度予算について

 以上の項目を予定していますが、年間でたった1時間しかない質問時間の関係で

 一つだけ削るかもしれません。

 なんか、長々と支離滅裂になった気もしますが、今日はこのへんにします。

 今議会もご支援を宜しくお願いします。

 おやすみなさい。

  梶原ときよし


 

 
posted by 梶原ときよし at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月10日

新年明けましておめでとうございます。

  2017年 明けましておめでとうございます。

 2016年中は大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

 本年もご指導を宜しくお願いします。


 戦後71年が経過し、ベトナムやアフガン、中東など局地的な戦争は絶えることがない中ではありましたが、

 戦前と比べれば、世界は一定の平和に対する協調が行われてきたようにも思われます。

 しかしながら昨年2016年は、それが根底から覆されるのではないかとの不安を感じさせる出来事が

 いくつかありました。

 欧州ではテロといわれる無差別事件や極右政党台頭、そしてイギリスのEUからの離脱決定。

 米国ではアメリカ第一主義を掲げて人種差別をあおり、軍縮どころか更なる核開発をも声高に叫ぶ

 トランプの大統領選挙勝利は、世界中に大きな不安をまき散らしたのではないでしょうか。

 もっとも足もとの日本自体も、95%の憲法学者が違憲とした安保法案が強行され、参議院選挙では

 改憲派が3分の2を占めるという戦後初めての事態が起きています。

 戦争法の施行は、南スーダン派兵で早々に実践されるなか、平和憲法が実質空洞化されていくことに

 私たち市民は気がつかなければなりません!

 日本の軍人が他国の人を殺してはなりませんし、もちろん殺されてもいけません!

 万が一、このどちらかが破られたならば、そこから互いの憎しみが始まり、殺戮の連鎖が起きてしまう、

 ここに戦争の恐ろしさがあるのではないでしょうか。

 今、いちばん止めないといけないのは、安倍さんも含め中国やロシアなど世界中が

 「力には力で対抗する」という政策をとっていること、

 つまり「平和のための軍拡競争」こそ止めさせなければならないと私は思います!

 弁護士で憲法学者の伊藤真さんは「無関心で居れても無関係ではいられない」と言っています。

 市民が改憲や選挙に関心を持たなくても居られるが、改憲されたらそれに従わなければならなくなる!

 お国の為に徴兵制度がつくられたなら、強制的に戦地に行かなければなくなる事の覚悟ができているのか?

 若者が投票しない選挙で改憲が決まり、戦地に行かされるのは若者です。

 改憲法案が出てくるだろう2017年は、まさしく日本の平和主義の転換を許すのか、

 それとも戦争をしない平和主義を守るのかの分岐点に差しかかっていると云えるでしょう!

 世界が闘うのはオリンピックのスポーツだけにしたいものです。

                           2017年1月  梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月31日

2016年、一年間ありがとうございました。

 こんにちは。

 今年も今日で終わりますネ。ほんとうに一年たつのが早く感じるこの頃です。

 今年も多くの皆さまに出会え、ご指導を頂けたことに心より感謝しています。ありがとうございました。

 来たる年も、市政と議会(特に議員)の監視を宜しくお願い申し上げます。

 残念ながら、市長が行う市政を議会(議員)が充分に監視できたかといえば、明らかにNOといわざるを

 得ませんが、それが許されているのも市民のみなさんの議会や議員監視が十分でない表れでもあります。

 知事や野志市長の行う議事提案に盲目的に従うしかしない議員達は、執行部提案に全て賛成しかしません!

 私から言えば(賛成討論もせず)ただ起立賛成多数で決まる政治を許すのであれば、議員は要らないと

 言われても仕方がないような気がします。

 松山市議会議員の持つ一年でたったの1時間しかない一般質問の時間を全く使わない議員や、

 1年に一回しか登壇しない与党議員が、

 こぞって議員の質問時間を増やすことに反対をして、

 理事者にすり寄っている現状を知って頂きたいです。

 「他の議員の質問時間を増やしたら、自分も質問をしないといけなくなる」「恰好が悪い」

 「質問をする議員が目立つから、させない!」

 などと、情けないというよりは、「あんたら、何しに議員になったのか?」と言いたいです。


 またまた、今年も愚痴ばかり言って1年が終わりそうですが、私の方、今後とも様々な妨害行為や

 圧力にも屈することなく、常に市民の立場に立ち、社会的弱者といわれるみなさんが幸せに感じる

 松山市政になるように

 野志市長にもズバリ意見を言って、ハンデイキャップがある人を含め、すべての人が幸せを感じる市政に

 変わるように、議会を通じてその役目をはたしていきたいと思います。

 来る年も、どうか議員監視を含め、ご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

 2017年が皆さまにとりまして素晴らしい1年になりますようにお祈りします。

 良いお年をお迎えください。

 梶原ときよし   2016年12月31日


posted by 梶原ときよし at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記