2018年09月06日

国政も松山市政も私物化と隠蔽!大雨・台風・大地震!! 歴史は繰り返されるのか??

 こんばんは。

 西日本豪雨・台風に続き、今朝ほど北海道に震度7の大地震がありました。

 この夏も半端でない猛暑にみまわれ亜熱帯化した日本には、今後も私たちの経験したことのない

 自然災害に出会うことは間違いないことではないでしょうか。

 政治を預かる者(野志市長)が、その責任を放棄して「自助・共助・公助」を強調する昨今、

 もちろん選んだ市民の責任も問われますが、災害に対する責任対応能力だけではなく、その気概もない

 市長にとっては、本当に都合にいい言葉ですよね!

 豪雨・台風・大地震等の大災害に対し、もちろん市民は、自助・共助に努力をしなければなりませんが、

 市政を預かる者がことさら自助・共助を強調することは、あってはならないような気がします!

 「公」ができる限りのことは行い、安心して住み続ける松山にしていきますので、「公」の手の届かない

 ところは共助と自助で乗り越えていきましょう!!くらいのことは言えないものでしょうか??

 ということで、明日から9月議会が始まります。

 今議会も、災害対策に障がい者雇用の水増し問題、受動喫煙対策や職員の喫煙休息にも残業代を払っている
 
 本市執行部のデタラメな税金の無駄遣いには、あきれてモノが言えません!!

 時給2500円×少なく見て10時間=ひと月25,000円/1人×12か月=30万円/年間

(煙草を吸う職員)700人×30万円=2億1千万円の煙草サボタージュ手当を、私たちの血税から

 市役所の幹部が職員にばらまいています。

 あなたは、これを許せますか?

 お金がないからと、今回の豪雨災害に本市はわずか195万円の見舞金しか被災者に出していません。

 松山市役所幹部公務員特権と、言わざるを得ません!

 しかも6月議会で野志市長は、梶原の質問に対し「喫煙休息は気分転換のためであり、いサボタージュでも

 なく、問題なしでたばこ手当も無駄な支出ではない」と答弁しています。

 どうしても許せないので、今年一年徹底追及をして、無駄な税金の使い方を改めさせたいと思います!

 ご支援をよろしくお願いします。

 あとは、マイナンバーの無駄遣いを指摘すること!
 それと時間があれば、もう一つくらい付け加えます。

 梶原の登壇日時は、9月21日金曜日 朝10時からです。どうか議場に応援に来てください。

 宜しくお願いします。

 おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記