2011年03月12日

一般質問が終わりました。

 ご無沙汰して申し訳ありません。
 地方議員は仕事をしていないから人数を減らせ・報酬を下げろとの論調が支配的になりつつあるこの頃ですが、松山市議会を見てみますと本当に真面目に頑張っている議員がいます!! 
 残念ながら、その多くの議員の当選順位を見ると下位での当選であることに気づきます。つまり
市長や理事者が行う予算や政策をチェックをするのが二元代表制をとる市議会議員の一番大切な仕事にもかかわらず、「何もせず」「イエス」しか言わずの企業や宗教のお抱え議員を堂々の成績で当選させている間は、何も変わらないということです。
 人数を減らせば選挙に勝つために益々市民を見るのではなく、団体の利益優先なれ合い議会になって行くことは云うまでもありません。市民のための価値ある議会に変えるためには、それぞれの議員の議会活動に注視していただくことしかありません!!どうか議会を傍聴に来てください。来られれば判ります!
 
 今議会でも、「それは無いでしょう!理事者の皆さんは人として許されませんよ!!」ということが平気で流れています。北条での米軍の超低空飛行で多くの市民が恐怖を味わったことについての答弁は「恐怖を味わおうが、米軍が違法ではないといっているので抗議はしない」との返事なんです。
みなさん議場に来て議会の実態を知ってください。
 
 常任委員会の予算審議では無駄使い予算案のオンパレード!!

 野志市長の行うタウンミーティング予算220万円の中身を聞いてびっくり!月1回で年12回の
たかが1回1時間程度の会に、わざわざ司会者を雇う費用に96万円も予算計上しています。1時間8万円です。市民との対話集会の司会に何でそんな無駄遣いをするのか!優秀な職員がたくさんいるにもかかわらず!!無駄な予算を止めるように追及しましたが、梶原以外は「賛成〜!」で終わりです。本当に気分が悪いです!!これこそ市民には厳しく理事者天国予算の実態です。

 以前にも言いましたが、東京都も京都市も行っている高齢者の電車・バス・フェリーの優待事業にしても10億円でできる事業を70億円もかかると言い張る福祉部長や「基本的人権の意味がわからない憲法を読んだことがない」ような市民部長らが大手を振って権力を行使している現状を情けなく思います。

 まあ、あまり愚痴ばかり行っていても仕方がないので、何とか一点突破全面展開に持ち込めるように頑張りますので、これからも宜しくご支援をください。それではまた・・・おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43809103

この記事へのトラックバック