2011年04月16日

2011年「やまがら」春号ができました。

 皆さん こんにちは。お変わりありませんか。
 
 私の方、松山市議会通信2011年「やまがら」春号が、やっとのことでできましたので読者の皆さんに戸別訪問配布を始めたいと思います。もちろんホームページからも見れますが、なるべくたくさんの方に手渡しできるように頑張って行きます!今回から新しい試みで市駅前での配布も考えていますので、梶原の行動予定で確認していただければ嬉しいです。

 私たちが東日本大震災・福島原発事故から学んだことは、国策や企業の利潤追求のために「国民の幸せに生きる権利」(幸福追求権)を奪った原発の放射性物質汚染を3度(1度目は広島・長崎の原爆)と許してはならないということです!!
安全な電気を作る方法はいくらでもあるにもかかわらず、「想定内」の安全とやらを絶対のように垂れ流す映像媒体や商業新聞、さらに電力会社から多額の研究費を受け取る御用学者までが、今もなお平気で「この程度なら大丈夫」を連発しています。

 もう騙されないことを悟ってももいいと思いますが、それでもまだ皆さんは国や県・電力会社を
信用されますか?「想定外だったから・・・」を許せますか?

 危険な伊方原発を止めて、無限にある自然エネルギーに切り替えるしか子ども達の未来はないような気がしますが、皆さんのご意見をください。
posted by 梶原ときよし at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44365233

この記事へのトラックバック