2011年07月14日

「裏金疑惑は無かった」という松山市発表の茶番

 こんにちは。夏本番になりました。暑さ対策には充分にお気を付けください!!

 さて、市民の皆様の税金が【松山市発注工事の見返りの裏金】として「市最高幹部の政治資金になる」と仲介役の元市職員が言っていた!・・・等と、裏金を6000万円捻出し元市職員に渡した孫請け会社の社長の話が連日報道されていますが、皆さんはどう思われますか?

 実は昨日、私も委員をしている松山市発注工事解明調査特別委員会で裏金疑惑の告発者である社長が事実関係を詳細に証言をしてくれました。ズバリ!完璧な証言内容でした。

 今日のブログにその詳細報告を載せる予定でしたが、市民の知る権利や報道の自由をも封じ込める「秘密会」会議にするという必殺技をイシン会の宇野委員長発議と市政与党(イシン・公明・無会派・社民)の賛成で議論もせず強行しました。ほんとうに情けない!誰を守ろうとしているのかは皆さんもお解りと思いますが・・・。
 
 恥ずかしいのは、開会の一時間以上前から来て抽選までして傍聴席を確保された市民の皆さんに対し、何の説明もなく突然退室をさせるという暴挙に出たことです。公開しか考えていなかった野党(自民・新風民主・共産とネットワーク市民の窓は私)の委員は一斉に反発しました。新風・民主の議員の一人は一時退席までして抗議を行いました。なんじゃそれ!!茶番だ!!出来レースか!!など怒号が渦巻く中、市民の知る権利と報道の自由を無視した与党のやり方は、今朝の新聞でまたまた日本全国に大恥をかきました。

 この前も参考人招致に報道機関である愛媛新聞を招致するという決定をイシン・公明などの与党で決め【松山にイシンあり】をアピールしたばかりなのに・・学習効果がないように思いますが・・。

 詳しい内容はまた議会報告「やまがら」夏号で報告したいと思います。
来客があり中断しそうなので今日はこのへんで失礼します。市民の皆さんの市政チェックどころか、厳しい監視をお願いします。それではまた・・・。
「裏金疑惑は無かった」という松山市発表の茶番 というタイトルの核心までいけませんでしたが
近々書きます。ごめんなさい。
posted by 梶原ときよし at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46752720

この記事へのトラックバック