2012年12月29日

愛媛新聞に投稿しました。

 こんにちは。

 昨日で御用納めも終わり、新しい年を迎える準備に多忙な事と存じます。

 さて、本日12月29日(土)愛媛新聞投稿(門)欄に私、梶原の意見が掲載されました。

 これは松山市議会での12月6日のやり取りに対し、18日付の同じ門欄に掲載された市民からの意見に対し反論をしたものです。

 6日の内容は、私のスケジュールのページでも明らかにしていますが、
18日付の市民からの投稿意見は、生活保護費不正受給容疑で逮捕された議員に対する辞職勧告決議案の提出と採決に関する各議員の行動に対し、市議の辞職勧告決議可決を「当然のこと」賛美し、決議に反対や退席した議員を非難するものでした。

<以下梶原の投稿内容全文>

「容疑者段階での辞職勧告 反対」
18付「松山市議は代表者の自覚を」を拝読した。
生活保護費不正受給容疑で逮捕された市議に対する議員辞職勧告決議案の採決に際し、退席した議員の一人として、またその後の決議で反対した立場から反論したい。
 現職議員の逮捕という事実は、議会の信頼を著しく失わせたことは否めない。
しかしながら、逮捕されたとはいえ、その容疑内容は明白でなく、容疑者本人に対し、事実確認や抗弁の機会も与えていない段階での辞職勧告決議案には、とても同意できるものではない。
 日本国憲法32条により、誰でも弁明の機会が与えられ、裁判を受ける権利が認められている。つまり、容疑者段階の人を犯罪者と決めつけて議員辞職を勧告する事は、市民の人権を踏みにじるだけでなく、法を守る義務を負う議員として許されない行為である。
 27人の議員の退席は、法と人権を守り、市議会に歴史的汚点を残さないための苦渋の選択だった事を伝えたい。

 以上ですが、出席議員41人中27人の議員が退席する事により、容疑者段階での辞職勧告に抗議しました。議案提出は維新の会11人で、無会派の民社クラブ2人、社民1人の合計14人が賛成して決議は可決しました。(議会過半数出席が無ければ議案成立はできないのが基本ですが、維新の会の議長が議員に説明もせず、裏技で強行採決を行いました)
残念ながらこれが今の松山市議会の現状ですが、27人の議員が退席・抗議したのも事実で、まんざら捨てたものでもないとも言えます!

 いろいろありましたが今年一年、お世話になりました。
 来年もご指導を宜しくお願いします。
 皆様、良いお年をお迎えください。

*ブログはあまり書いていませんが、スケジュール欄はチェックしてくださいね!!
posted by 梶原ときよし at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61113459

この記事へのトラックバック