2013年05月30日

松山市議会:議員の質問回数制限を撤回!

 こんにちは。

 本日、6月議会の招集告示がありました。

 スケジュール欄に詳しく載せていますが、私の質問は6月14日(金)の予定ですので是非傍聴に来てくださいね。(えひめCATVと市議会ネット中継で生放送しています)

 さて、昨年12月議会でイシン・コウメイ等、市政与党の議員により強行された、議会における議員の発言回数制限が6ヶ月もかかりましたが、やっとのこと撤回されました。

 この間、私が議会での反対討論をはじめ質疑や説明会で「議員の質問回数を年2回までに制限するのは議会改革に逆行するだけでなく、市政2元代表制における、議員の執行部に対する監視権や質問権を奪う事になり、許されない」と主張してきました。

やまがら新年号(1万6千部)をはじめ、ブログにも説明を載せ、松山市議会の議員レベルの現状を訴えてきた結果、私たちネットワーク市民の窓会派の提案に対し、自民・新風民主・共産の各会派が賛同してくれて、その後、イシンの会が委員長の議会基本条例作成という建前からも、矛盾を感じたのか、イシンの会会派も同意せざるを得なくなったようです。
 最後まで理事者に気をつかい抵抗したコウメイ党も孤立し、黙まらざるを得なくなったようです。

 イシンの会のT委員長(私が議長に投票したくらい、ホントは人が良い方)に良心が残っていた事に
僅かながら議会改革の可能性を感じました。

 とりあえず、徳俵いっぱいで残った松山市議会の良心に期待し、議会活性化に主体的に関わりたいと思います。

 6月14日(金)に一般質問に立ちます(質問時間は20分・答弁を合わせて40分しかありませんが)応援宜しくお願いします。

 質問内容は、後日明確にしますので少しお待ちください。 それではまた・・・。
posted by 梶原ときよし at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68614634

この記事へのトラックバック