2013年12月31日

今年一年お世話になりました。

 師走も今日で終わりですね。

今年一年間お世話になり、有難うございました。

今年は、今後の日本の進路が歴史的失敗を繰り返す事を予期させる事が、あまりに多く

選挙権を持たない子どもたちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。大人の責任です!

露骨に国家主義へと牙をむき出しにする安倍自公右翼政権。もはや極右政権といっても

過言ではないような気がします。

特定秘密保護法案と積極的平和主義とやらを重ね合わせたら、国家の利益のためには

戦争も準備しておかなければならない事を、世界に宣言したようのものです。

日本国憲法に書いてある平和主義は武力に依らない平和を、共栄・共存の立場で政治的に

解決していくという、人間尊重の平和主義です。

安倍の靖国参拝を見ても、自分の祖父さんの「A級戦犯汚名」を回復させる事を目的に

参拝している事は明らかです。

過去の戦争を「正義の戦争だった」とうたう靖国神社に日本の総理大臣が参拝すれば

侵略を受けたアジア各国の人々から見れば絶対に許せない行為です。


残念ながら、日本人自身の自浄能力は皆無で外国からのプレッシャーに頼らなければならなく

なっている日本の現状が恐ろしくてなりません。

基本的人権の表現であるデモはテロと呼ばれ、国家に都合の悪い情報は機密扱いされ、

国家に批判的な人は、扇動罪で取り締まることが合法的にされてしまった2013年。


日本が過去の過ちを繰り返す宣言を世界に発信したような気がしてなりません!


でも、あきらめては絶対に民主主義は守れません!!

来年も市民の基本的人権と自由を守り、戦争をしない平和を目指して行動していきます。

ご支援を宜しくお願いします。


それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいませ。



posted by 梶原ときよし at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83596003

この記事へのトラックバック