2011年07月02日

6月議会が終わりました。

 梅雨明け間近の本当に暑い夏を予想させるこの頃ですが、みなさまお元気でしょうか。
昨日で6月議会も終わりました。1年限りで交代するのが慣例の市議会議長の交代があり、イシンの会の与党の皆さんは「次は俺、その次は俺・・・・」と交代のためのセレモニーと駆け引きに走る一日でした。そもそも議長任期は4年ですが、皆さん1年でも議長をすれば「元議長」肩書がつくことが大切なようです。副議長たらい回しのコウメイ党と組んで「議会を私物化しているのでは」との批判を市民の方から聞きました。私も同感です。ハイ! 
 実は議長の仕事は思いのほか大変で、各会派代表者会の意見調整も含め、議会運営調整も多難なことが多く、前任(善人)のタサカ議長が一年かかってやっとのこと調整力を出し始めた時にハイ・交代となりました。(イシンの会内では断トツ人の良さそうな田坂さんはとても残念そうでした)
 次の方はこの一年間一度も話したことがありません。何せこの一年5回の定例議会があったにもかかわらず一回の質問もされたことがない方ですので、(ちなみに梶原は毎回の5回登壇です)どんな方かもわかりません。ただ私に対する野次も聞きませんでしたので大人しい(音無い?)良い方かもしれません。こうして6月議会は終わりました。税金の無駄・・と言われないようにしなければ・・

 肝心に6月議会の中身ですが語るに恥ずかしい内容で市民の皆さんに申し訳ないの一言です!!
時間が無いので簡単に言いますが、3・11の東日本大震災の福島原発事故を受けて、日本全国が次なる東海・東南海・南海地震に関わる原子力防災対策を緊急課題として取り組んでいる時に、伊方原発からわずか60キロしか離れていない松山市は6月補正予算に一円の原発対策予算も計上していません。本当に情けない!市長の6月議会開会の挨拶にも一言も原発対策がありません。しかも市民の最大関心事でもある「松山市発注工事裏金疑惑」についても一言も触れていません。全くやる気がないとしか言えません!
 私が一般質問で「本市として原発対策はしないのか」と聞いても「国・県の動向を見てから・・」
と、当面何もしないと答弁しています。福島の事故の教訓はどこへ・・・本当に情けない・・・
「裏金疑惑」も既に解決したのごとき何にも触れず仕舞い・・・皆さんが選んだ市長さんです。責任を持って注視していただきたいです。

また報告します。それでは暑さにはくれぐれもお気を付けください。
 
posted by 梶原ときよし at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

6月議会が始まりました。

 じめじめした梅雨の毎日が始まりましたが、皆様お変わりございませんか。

 本日から松山市議会の6月議会が始まりました。7月1日までの22日間とのふれ込みですが、会期中の議案審議・一般質問はたったの3日間で、あとは各委員会が1日あり7月1日の表決となります。ですから22日間ではなく5日間なのが現実です!
 しかもその3日間に議論を集中するのであればまだいいのですが、43人(議長を除く)も議員がいながら発言者はたったの12人しかいないのが現状です。イシンの会(元自民党系右派)は12人もいながら2人、公明も(2人/8人)しか質問をしないのです。なんじゃこれ??と思いませんか?
定例議会は年4回ですので、この与党2会派の方は1年に1回〜1年半に1回しか質問もしないことになります。無会派の隠れ与党の6人も発言通告は無く、発言者に対する野次に徹するようです。
本当に情けないの一言です!!(この26人が理事者提案をまともに議論することなく、賛成!賛成!賛成!でハイ終わり)これが公共工事の裏金問題でも同じ構図で、疑惑を解明するはずが、「疑惑は本当にあったのか」「愛媛新聞の報道は信用できない」として、報道機関である愛媛新聞の記者を参考人招致する暴挙に出て、イシン・公明の与党連合は日本全国に大恥をかきました。さながら
疑惑解明の特別委員会ではなく、「疑惑解明は困るのよ!委員会」の様子がよく解り面白いですよ!
是非、委員会の傍聴に来てください。次は13日の10時〜市役所別館6階です。

ちなみに12人の発言者の内、残りの8人は野党で自民党が(2人/7人)新風民主が(1人/5人)
共産党が(2人/3人)、そして私のいる「ネットワーク市民の窓」は(3人/3人)全員が質問します。6月20日〜22日の3日間、議会傍聴に来てくださいますようお願いして今日は終わります。
posted by 梶原ときよし at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月08日

連日、新聞「やまがら」配りをしています。

 こんにちは。
 みなさん連休はいかがでしたか?少しは休めたのでしょうか。連休疲れの人もおられるかもしれませんね!!私の方、「やまがら」を自転車に満載して手渡し訪問に出かけています。今回の手渡し配布は1,000部を予定していますので、年間で4,000人のひとに議会と市政の現状について理解を深めてもらい、議員活動への関心を持ってもらうことと支援のお願いをしています。

 ほとんどの人が「頑張ってるネ」「応援しているよ・・」などと励ましてくれますので、訪問していても疲れなど吹っ飛んで行きます。時々「あら、何の選挙?」などと聞かれますが、議員は選挙の時しか家には来ないものだ!!という意識が、残念ながら市民に定着している感もあります。市民派議員の梶原だけは、そうであってはいけないと思いますので、自転車(ちなみに新車です)一台をつぶすつもりで、出来るだけたくさんの市民の皆さんとふれあい、ご意見を頂きたいと思っています。

という事で、梶原の連休は「やまがら配り」に始まり「5・3憲法集会」「5・6松山市発注工事裏金問題調査学習会」「5・7反原発講演会」そして今日8日一日「やまがら配り」で終わりました。

20日までには何とか配り終えたいです。ハイ!

今月22日に東京で「反原発自治体議員連盟」の結成総会がありますので、伊方原発を抱える自治体議員として参加して、全国の地方議員と交流・学習してきます。

私も「危険な原発を廃止して、安全・無限の自然エネルギーに転換しよう!!」をスローガンに、子どもたちが胸いっぱいおいしい空気を吸う事が出来る、ごく当たり前の生活ができる松山・愛媛・日本にするために努力することを誓います!!!

また報告します。それではこのへんで・・・
posted by 梶原ときよし at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月16日

2011年「やまがら」春号ができました。

 皆さん こんにちは。お変わりありませんか。
 
 私の方、松山市議会通信2011年「やまがら」春号が、やっとのことでできましたので読者の皆さんに戸別訪問配布を始めたいと思います。もちろんホームページからも見れますが、なるべくたくさんの方に手渡しできるように頑張って行きます!今回から新しい試みで市駅前での配布も考えていますので、梶原の行動予定で確認していただければ嬉しいです。

 私たちが東日本大震災・福島原発事故から学んだことは、国策や企業の利潤追求のために「国民の幸せに生きる権利」(幸福追求権)を奪った原発の放射性物質汚染を3度(1度目は広島・長崎の原爆)と許してはならないということです!!
安全な電気を作る方法はいくらでもあるにもかかわらず、「想定内」の安全とやらを絶対のように垂れ流す映像媒体や商業新聞、さらに電力会社から多額の研究費を受け取る御用学者までが、今もなお平気で「この程度なら大丈夫」を連発しています。

 もう騙されないことを悟ってももいいと思いますが、それでもまだ皆さんは国や県・電力会社を
信用されますか?「想定外だったから・・・」を許せますか?

 危険な伊方原発を止めて、無限にある自然エネルギーに切り替えるしか子ども達の未来はないような気がしますが、皆さんのご意見をください。
posted by 梶原ときよし at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月21日

3月議会が終わりました。

 みなさん こんにちは。

 東北関東大震災で被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げ、亡くなられた方々には衷心より哀悼の意を表します。また今なお安否を不明な方々が一刻も早く救出されますことをお祈りいたしますとともに、福島原発からの放射性物質の拡散被害がこれ以上広がらないことを念願しています。

 18日に3月議会が終わりました。3月議会は来年度予算案の審議があり一番しんどい議会でした。議案書とともに暑さ10センチもある新年度予算書をを渡され、その説明が1時間ほどあるだけで、常任委員会を経て議会での表決・承認と流れて行きます。

 恐ろしいのは、その内容が昨年とほとんど同じで、日付だけ2011年に変えたにすぎない項目がほとんどで、松山市の官僚たちが決めた継続予算(大型公共工事三昧で何の期待もできない・市の幹部のために美味しい予算)としか言えません。

 総額3307億円もの予算規模があるのに、若者に希望が持てるような期待感のあるものどころか高齢者福祉においても対処療法しか考えていない無能な内容です。あまりキツイ言い方はしたくありませんが、幹部連中が自分の権限だけを守ることに固執していて、いまだにバブル時代の予算感覚そのものなんです。
 
例えば、野志市長の売りであるタウンミーティング予算の司会進行費用(司会者に払う謝礼)に1回90分で8万円(年12回で96万円)も払う予算案を出しています。
 市民福祉委員会で私が「市民目線とかけ離れていること・市職員が司会をすれば1円も要らないこと・市職員の教育成長のため」にも市職員自身の手づくりのタウンミーティングを行なうべきではないかと指摘しましたが、全く聞き入れませんでした。自分のお金なら絶対1回8万円も払わないくせに・・・・。

 以前にも言いましたが社会福祉担当部長においては、私の提案した福祉予算の実現について、その7倍も吹っ掛けてくる始末で、自分たちの既得権を守ることしか考えてない人たちには本当に腹が立ちます。ただどこの課も、課長さん以下課員の皆さん達は、真面目で優秀な人が多いということも間違いありません。立場上ものは言いにくいそうで・・・あ〜あ! 可哀相です!! 

それでは また。
posted by 梶原ときよし at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月12日

一般質問が終わりました。

 ご無沙汰して申し訳ありません。
 地方議員は仕事をしていないから人数を減らせ・報酬を下げろとの論調が支配的になりつつあるこの頃ですが、松山市議会を見てみますと本当に真面目に頑張っている議員がいます!! 
 残念ながら、その多くの議員の当選順位を見ると下位での当選であることに気づきます。つまり
市長や理事者が行う予算や政策をチェックをするのが二元代表制をとる市議会議員の一番大切な仕事にもかかわらず、「何もせず」「イエス」しか言わずの企業や宗教のお抱え議員を堂々の成績で当選させている間は、何も変わらないということです。
 人数を減らせば選挙に勝つために益々市民を見るのではなく、団体の利益優先なれ合い議会になって行くことは云うまでもありません。市民のための価値ある議会に変えるためには、それぞれの議員の議会活動に注視していただくことしかありません!!どうか議会を傍聴に来てください。来られれば判ります!
 
 今議会でも、「それは無いでしょう!理事者の皆さんは人として許されませんよ!!」ということが平気で流れています。北条での米軍の超低空飛行で多くの市民が恐怖を味わったことについての答弁は「恐怖を味わおうが、米軍が違法ではないといっているので抗議はしない」との返事なんです。
みなさん議場に来て議会の実態を知ってください。
 
 常任委員会の予算審議では無駄使い予算案のオンパレード!!

 野志市長の行うタウンミーティング予算220万円の中身を聞いてびっくり!月1回で年12回の
たかが1回1時間程度の会に、わざわざ司会者を雇う費用に96万円も予算計上しています。1時間8万円です。市民との対話集会の司会に何でそんな無駄遣いをするのか!優秀な職員がたくさんいるにもかかわらず!!無駄な予算を止めるように追及しましたが、梶原以外は「賛成〜!」で終わりです。本当に気分が悪いです!!これこそ市民には厳しく理事者天国予算の実態です。

 以前にも言いましたが、東京都も京都市も行っている高齢者の電車・バス・フェリーの優待事業にしても10億円でできる事業を70億円もかかると言い張る福祉部長や「基本的人権の意味がわからない憲法を読んだことがない」ような市民部長らが大手を振って権力を行使している現状を情けなく思います。

 まあ、あまり愚痴ばかり行っていても仕方がないので、何とか一点突破全面展開に持ち込めるように頑張りますので、これからも宜しくご支援をください。それではまた・・・おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月20日

3月議会【2011年第1回定例会】の一般質問者発言日が決まりました。

 春もそこまで来ている感もありますが、まだまだ寒い日もありますので皆様風邪などには気をつけてください。御無沙汰をして申し訳ありません!はい。

 さて3月議会は2月の23日【水】から始まりますが、な・ナ・何とびっくり代表質問・一般質問を含めて21人もの議員が質問にエントリーしていました。理事者が予備日として残していた日も5人もの予定で入っていました。(昨年の3回の議会では毎回15人前後)45人中の33%から44人中の48%へ大躍進しています。(なれ合いオール与党体制が当たり前だった松山市議会が・・・ほんとは全員するべきですが)

私のいる会派【市民の窓・3人】が毎回全員が何らかの質問や討論を行ってきたことが、少なからず他の議員の皆さんに影響を与えているとすれば嬉しい事ですが、大切なことは市民の皆さんがマスコミの報道に対し無批判に迎合することなく、市政や議会に関わりと関心をもっていただく事にあると思います。議会の改革や基本条例をアリバイ的にさせないためにも皆様の市政への参加をお願いします。ブログ作成中に3組のお客様が続けて立ち寄ってくれました。有難いです。時間切れでこのへんにします。

 梶原の一般質問は3月8日(火)の昼から 13:40前後〜の予定です。是非聞いてください。
テーマは次回に書きます。ごめんなさい。それでは また〜
posted by 梶原ときよし at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月16日

「やまがら」新年号ができました。

 梶原時義の松山市議会報告通信「やまがら」2011年新年号ができました。【年4回予定】

7500部作製して、郵送が4500部、支援者のみなさん宅への手配り持参が1000部、さらにポスティングを湯の山団地が1000部、末、食場町、高野町まで300部、残り700部を街頭演説時の手配り、支援を頂いている団体や企業、労組などに配布させていただく予定です。
3月議会の招集告示のある2月16日までは毎日、市政の現状報告と挨拶に寄らせてもらいますで宜しくお願いします。(1年に1回は支援者のみなさん宅に顔を見せたいと考えていますので待っといてください。)

 今回の「やまがら」新年号は12月議会の一般質問を中心に松山市政の硬直した官僚主義的行政を暴露したものになっています。その端的なものが「高齢者の電車・バス・フェリーを無料にする」福祉事業です。何度も言いますが、事業費は私が伊予鉄と話をして「10億円もあれば充分お釣りがくる」と明らかにしているにもかかわらず、
「70億円かかるからできないという」答弁を繰り返す理事者の福祉部長。
 本当に情けないです!!  聞く耳を持たない理事者には退場してもらいたくなります。

簡単に次の2点だけ記しますが、
 一つ目は、伊予鉄の利用者に対する高齢者の割合は人口比で18%なんです。
昨年1年間の市内電車・バス・フェリーの全売り上げ(利用料金)49億円の人口比18%どうり利用したとしても9億円はかからないこと。
 二つ目は、この49億円という売り上げ金額は、松山市民全員をはじめ伊予市・東温市・松前町・砥部町の全住民、さらには松山に来られた全旅行者まで入った全ての利用料金なんです。つまり、利用者全員を無料にしても49億円は、掛からないということです!! にもかかわらず福祉部長の答弁は70億円かかります。梶原議員とは設定の条件が違いますから・・・と、オウム返しをします。
 
梶原が怖いのは10億円でできる福祉事業を、その7倍の70億円も掛かるとして、私たちの大切な税金を「無駄使いをすることになる」と指摘しても何とも思わない体質があることです。

その差額60億円はどこに行くのでしょうか???恐ろしい限りです!!

是非「やまがら」を読んでもらいたいです。近くホームページに載せますのでご覧ください。

ご意見をお待ちしています。
posted by 梶原ときよし at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月03日

明けましておめでとうございます

 2011年 明けましておめでとうございます。本年もご指導を宜しくお願いします。

たくさんの年賀状をいただきまして、新年早々勇気づけられる思いです。本当に有難うございます。
ご報告になりますが、公職選挙法に寄りまして議員から年賀状を出すことが禁じられていますので、私から先には出せていません。(返信は可能なので)今からお返事書きますネ。

明日、松山市主催の新年の年賀交換会がコミセンであります。12時くらいから始まりますので、お時間が許せる方はぜひ顔を見せてください。(野志さんにも会えます)市民の参加歓迎です。ハイ!

2011年、少しでも市民のみなさんの立場に立った政治が行われるように奮闘いたしますので、さらなるご支援を宜しくお願いします。本日はとりあえず新年のあいさつとをさせてもらいました。

 事務所にも是非お立ち寄りください。5日13時から明けています。
posted by 梶原ときよし at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月29日

2010年ほんとうにお世話になりました。

 激動の2010年もあと少しとなりました。今年一年、皆様には大変お世話になり、有難うございました。4月の選挙でいただきました2762人の方のご期待に応えるべく、一生懸命の8ヶ月でした。

 6月議会で26分、9月議会で22分、そして12月議会では12分の一般質問と尖閣諸島問題の意見書に対する討論を行いました。維新会のごく一部の人(Y&W)の心ない差別的野次にさらされながらの討論は、これまた維新会の良心的な人から(新人ながら4度の質問・討論登壇に)「梶原さんの質問で昨年までの議会と比べ、がらりと違う活性化したものに変わってきた」との建設的評価をいただきました。理事者には決定的に嫌われたようですが、理事者と議会のなれ合いを変えて行く為には必ず通るプロセスのように思います。

 ともあれ、あっという間の殆んど休みのない8カ月でしたが、かつて無いほどの成長をさせて頂いた様な気がしています。

 市民の税金を自由に操れる理事者にとってその特権は限りなく美味しいようです。!!

閉鎖的議会の壁は大きいようですが、意識ある議員も増えていますので、一点突破・全面展開に持ち込むことで、市民のみなさんに解り易い松山市政に変えていく為に頑張ります。
 
 来る2011年も梶原の行動と議会を注視していただくことをお願いして、お礼の挨拶とさせてもらいます。
 2011年が素晴らしい松山市政の幕開け年となりますよう!!
 みな様のご健勝とご活躍をお祈りします。良い年をお迎えください。

posted by 梶原ときよし at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月21日

12月議会で野志市長は・・・

 12月16日、議員になって3回目の一般質問を行いました。
野志新市長になり、野志さんの所信とその中身を問う質問をしましたが、残念ながら理事者に囲い込まれ主張のないアナウンサーそのものでした。少しだけ期待していただけにがっかりの結果でした。

 全く新しい世界の野志さんにとっては、今までの行政の流れを把握することは大変だろうとの思いから、「政策については理事者の答弁でかまいませんが、それについての野志市長の感想だけは本人答弁をしてください」と、質問要旨に記入し、再質問でも再度のお願いをいたしましたが結局市長は答弁を行いませんでした。(理事者が行い、市長に答弁をさせませんでした)

 残念なのは野志さんが選挙で「固定概念にとらわれない市政を行う」と、素人ながらも民間出身であることをアピールしていたのにもかかわらず、スタートからこの始末でした。
 しかも「理事者(福祉担当部長)の福祉政策に関する答弁があまりに世間離れをしているのではないかと思うが、野志市長の感想をお聞かせください」「部長の答弁はいりません」と、念を押して聞いたにも関わらず、その失言をした人が自分に関する感想を市長に変わり答弁しました。
 茶番もいいところです!!

初めから逃げの一手で議会を乗り切ろうとする作戦は許されません。みなさんの市政への関心と、議会傍聴をお願いします。

 また、松山市市民部が私たち市民の個人情報(約1万件・2万人〜5万人分)を無断で委任状もなく警察に提供している事について、市民部長の答弁は、「市民の人権よりも警察の捜査が優先する」という内容のものでした。

日本国憲法を守る義務のある公務員が、基本的人権の中身を知らず、自分の浅知恵ゆえの厚顔無恥な態度には怒りを覚えます。

憲法第11条、国民はすべての基本的人権の享有を妨げられないとされており、
基本的人権には自由権・参政権・社会権の3つがあります。

その1番目が自由権(国家からの自由)で
 国家が個人の領域に対して権力的に介入することを排除しています。個人の自由な意思決定と活動を保障する人権とも言えます。この自由権のなかに精神的自由として思想・信条・表現・学問の自由
などが保障されています。

また憲法13条には、すべて国民は個人として尊重されるとあり、幸福を追求する権利は最大の尊重を必要とすると明記しています。
 
ここには全ての人が人間としてかけがえのない存在であり、社会のために個人が犠牲にならないという価値観が表わされています。また幸福追求権にあるプライバシーの権利(情報コントロール権)は
自分に関する情報を自分でコントロールしたいという権利を認めています。

 憲法35条では、何人も正当な理由による捜査令状がなければ捜索されない権利を有しているとされています。(令状主義)

 以上、憲法の理念から許されない松山市行政に対し、市民的権利を守るために闘う決意です。

 市民のみなさんのご支援を宜しくお願いします。

 長くなってごめんなさい。
posted by 梶原ときよし at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月12日

12月議会の一般質問原案ができました。

 12月に入り寒さも厳しくなりましたね。風邪などひかぬよう気を付けてください。

 実は私、5日の日曜日に風邪をもらい一週間の間、のどの痛みと咳との闘いをしていました。
16日の12月議会一般質問届を出したばかりでしたので、少し焦りましたが何とか出来ました。

6月議会で26分、9月議会で22分と続けて時間を貰っていましたので、今回は12分しかありませんが
時間、目一杯の質問をする予定です。テーマは4項目で

1)野志新市長の福祉政策について
2)市道小野3号線の早期開通要求
3)水問題
4)松山市の市民部が市民に内緒で市民の個人情報を警察に提供していたことについて

以上をメインに質問します。16日の火曜日5番目で登場しますので市議会傍聴に来てください。
時間は午後2時から3時くらいの間に出てくると思いますので・・・(前の発言者の時間しだいです)
愛媛CATVでも生中継がありますので、見てください。
質問の詳しい内容はまた書きますが、今回は市民のみなさんの基本的人権が踏みにじられていた事実を新市長はどう答えるのか、真に市民のための市長かどうかを含め人格を問うてみます。
今から忘年会に行きますので、このへんで・・・
posted by 梶原ときよし at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月02日

大変御無沙汰をして申し訳ありません。

市民のみなさん、市役所関係者のみなさん大変御無沙汰をして申し訳ありませんでした。そらともり以来、ブログを更新できず情けなく思います!!はい。ごめんなさい。
 4月の選挙では2762人の方のご支持をいただきまして当選することができました。本当にありがとうございました。お礼をお伝えすることが遅くなりましたことをお許しください。
 
 何せ、公職選挙法が細かく厳しく禁止規定を列挙していますので、うかつにネットでのアピールやブログに選挙運動と見られかねない表現は避けなければなりませんでした。選挙の3ヶ月前からは基本的に禁止といわれ、選挙後6カ月はお礼表現まで規制されています。然るに5月25日に議員となりましたので12月からはOKと解釈をして再開したいと思います。

 この間、ホームページのスケジュール欄で私の月間行動予定を入れて活動してきました。新人議員は毎日緊張との闘いです。自己中心で英雄主義的な市政を行ってきた前市長や、それに盲目的に従う一部の部長さんたちがはばを利かす中、「市民の常識」は「お役所では非常識」であることが度々あり、市民目線の松山市政に変えていく困難さを痛感しているのも事実です。しかし今は3人で「ネットワーク市民の窓」という議会内会派を結成して、市政への市民の窓口となろう!を合言葉に毎回議会で質問をするとともに、市議会と市政の現状を市民のみなさんに伝えるべく奮闘しています。

 6月議会で26分・9月議会で22分の質問を行いましたので12月は12分しか持ち時間がありません。
他の大きな会派の人たちには充分時間がありますが、たくさん余らせています。使わないのなら廻してほしいのですが、そうはしないようです。

 本日、ときよしブログの再開を宣言して、週1〜2回は松山市政の報告と感想を入れますので、私のスケジュールとともに時々目を通してやってください。宜しくお願いします。

 とりあえず12月議会が10日から始まります。野志新市長のことはまた報告します。今日はこのへんで・・・。
posted by 梶原ときよし at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月23日

そらともり

こんばんわ。

あと 2ヶ月を切ったプレッシャーとたたかいながら、なかなか休みが気分的に取れない毎日でしたので、今日は気分転換に温泉に行きました。

久米にある「そらともり」が、行きつけなんです。
泉質も良くお風呂もきれいで、充分にリラックスできますよ。

しかも昼間は700円・夜は600円で入ることができます。(超満足価格です)これはコンビニにある無料雑誌グー・チョキ掲載の割引券利用すれば・・の話ですが ハイ! 是非ご利用を(お得です)!

快晴の露天風呂での2時間が、少しはマインドトークも少なくしてくれたような気がします。

そろそろラストスパートに入ります。
応援よろしくお願いします。

おやすみなさい。

 
posted by 梶原ときよし at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月21日

松山市議会議員立候補予定者

先日、松山市から立候補予定者様という案内状が来ました。
4月18日告示の市議選説明会への案内です。いよいよ本番が近いことを感じさせてくれました。

選挙への準備活動を初めてからもうすぐ半年になりますが、ほんとうにあっという間に過ぎ去った感もあり、少し焦りぎみの今日この頃です。

でも、しっかり私を見てくれている方が多くあり、有難いアドバイスをいただきながら、日々の行動に生かしていく所存です。

また今日は様々な集会が4か所も重なり、一つしか出席できなかったのが残念でした。

明日は100名の方の前で10分の時間をいただいています。

しっかりアピールできるように今から原稿を書きたいと思います。

みなさまの応援もよろしくお願いします。

おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月18日

やまがら(山雀)とシジュウカラ(四十雀)

毎年恒例ですが我が家の庭には11月から4月ごろまでにかけて
たくさんの野鳥がやってきます。

メジロ・やまがら・シジュウカラ・きじばと・すずめ・ヒヨドリ
などが常連ですが、ときにはコゲラがスモモの木をつつきます。

春先になるとツグミが地を這ったり、ウグイスのホー・ホケッキョで目覚めることもしばしばです。

ウグイスの世界には縄張りがあり、湯の山を奥道後の方に向かって歩くと、いろんな鳴き声に出会うことができます。とりわけ我が家の近くでさえずるウグイスを4丁目のウグイスと呼んでいます。

今時期は毎朝、メジロ・やまがら・シジュウカラ・スズメがリビングのカーテンが上がるのをしっかり待っています。

私の朝一番の仕事は、まずミカン4個を16切れに切り、庭のえさ台に出窓から投げてやり、次に殻付きピーナッツを二つに割り、出窓前のエサ台に置いてやり、さらにコップの水を補給してやることなんです。

RIMG0332.JPG   RIMG0333.JPG

RIMG0327.JPG   RIMG0319.JPG


そんな・こんなで、毎朝、鳥たちとの会話から始まっています。

スモモの木にはピーナッツツリーも掛けてありますので、見ていて飽きることはありません。

という毎朝ですが「いつまで見ようるン」と声がかかり、は〜い
シャワーに行きま〜す!・・・

いつの間にか毎朝の報告になりました。はい。



このへんで・・・おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月17日

ありがたい30分

昨日の朝、私を支持してくださる社長さんの会社の会議に出席させてもらいました。

私の方は昨年秋に会社を辞めており、社長さんにとっては何のメリットもないにもかかわらず30分もの時間をくれました。

これまで20数社の朝礼挨拶に行きましたが、たいていの会社は5分から10分の間で思いを伝えなければならないのが相場で、
この会社での30分という時間は久しぶりに満足のいく話ができた気がして、気持ちのいい朝になりました。

みなさんの真剣な眼差しに、期待と責任を強く感じた一日でした。

また明日も良い出会いがありますように・・・・

おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月16日

バレンタイン

バレンタインはハート♡でせまるのよ!! な〜んてコマーシャルが懐かしいですね。これがわかる人は同年代かも?!

さて うちのおジョン様から写メールが来ました。
可愛いハート型のチョコレートを手作りしたとのこと。「お父さんにも送るね」って言ってくれるのかと思いきや、そうではなく、お父さんには写真だけで、どうやら彼?!とやらに送るらしい。

「お父さんはお母さんにもらってね」・・でした。ハイ。

ちなみに返信は見送りました。

我が家ではバレンタインは妻がとっても楽しみにしているようです。お父さんがもらったチョコを嬉しそうに食べるのが毎年の恒例です。(チョコをくださった3人の方々に感謝です)

ということで今年のバレンタインも妻と娘からはもらえずに終わりましたが4月に大きなバレンタインが来ますように信じて、今日は
このへんにします。

コメントに返信ができてなくごめんなさい。

それでは・・おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月14日

マインドトーク

昨日 仏教と医療を考える会が主催する講演会に出ました。
そこで「マインドトーク」という言葉を聞きました。心理学では
「自動思考」と言ったりするそうです。

人間は過去の記憶や出来事に対し、感情だけでなく、絶えず頭の中で自分の思っていることや、考えていることが巡っている。

しかも その思いは意識的である時とそうでない時が存在し、一般的にその割合は1対9くらいだと言われているそうです。

つまり自分が意識的に考え思っている時間は、たったの一割にしか過ぎず、残りの九割は無自覚的な考えや思いをしているのではないか。

そのような無自覚的思考をマインドトークと呼ぶそうです。

私たちは多くの時間をマインドトークに翻弄されているわけです。

そのマインドトークからの解放のために、宗教や哲学・心理学が発展してきたのではないか。

欧米では精神医学の世界でも着目されてきているとのことでした。


なかなか難しい話でしたが、確かにマインドトークは存在しているなと思いました。いわゆるストレス解消の必要性がここにあるのではないかとも感じました。

長くなってごめんなさいね。

昨日、そのあとは工場で働く人たち20人と一緒に労働基本法に絡む学習会をしました。みなさん自分の置かれている立場を認識しながら、働く人の権利が守られる社会を目指して真剣に学習をしておられ、ともに頑張る決意をあらたにした一日でした。

選挙準備も頑張ります!!  おやすみなさい。

posted by 梶原ときよし at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月12日

北条の海がきれいでした。

今日も昨日に引き続き、朝から北条の支援をいただける方へのあいさつ回りをしました。

昨日の大雨とは打って変わり、空気が澄んでいて高縄山の登り口近くからは青いきれいな海が眼下に見えて、景色・眺望から与えられた清々しさを感じるスタートになりました。

それにもまして私を同行案内をしていただいた方の信頼が厚く、ほとんどの家で笑顔の歓迎と励ましを受けて、またまた元気いっぱいで事務所に帰ることができました。

告示まであと2ヶ月になりましたが、みなさまの応援を頼りに頑張り抜く決意です。

それから北条の善応寺をもう少し行った所に「夢うらら」という
カフェがありました。リラックスタイムにお勧めです。ハイ。

それでは おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記