2016年11月24日

明日から12月議会が始まります。

 こんばんは。

 梶原ときよし松山市議会報告「やまがら」の秋号(松山の水問題特集)が完成しました。

 今回は9月議会が明けてから、東温市と四国中央市の市議選の応援が重なり大変遅くなりましたが

本市の水問題に特化してまとめてみました。是非、梶原ときよし公式ホームページから覗いてみてください。

 内容は、何度も言いますが、

 松山市が予測した2015年の水不足量(4万8千トン)は西条分水利権の為に作られた予測だった!

事を、克明に9月議会の質問を通して明らかにしています。是非プリントアウトして読んでください!

 
 さて、12月議会の梶原の登壇は12月6日(火曜日)の午後2時くらいの予定です(5人目の登壇)

梶原に残された質問時間がたったの6分しかありませんので、仕方が無く、一括質問にしかない

再質問の時間10分を有効活用して、野志市政のチェックをしたいと思います!

そもそも、年間たったの1時間しか質問をさせない今の議会の在り方は異常としか言いようがありません!

何度も質問時間をせめて年間2時間(1回30分✕4回)でいいからと、議長に申し入れを行っていますが

理事者に配慮して増やそうとはしません!!

それを許しているのは、与党系会派(維新・公明・その他、年に2回も質問をしない議員たち)が

議員のいちばん大切な仕事のひとつである議会質問時間を増やすことに反対しているからに他なりません!

情けないというよりは、市民感情からすれば「もっと真面目にやれ!」「税金泥棒!」といわれても

仕方が無いような気がします!

富山市議会をはじめ、

一連の政務活動費の不正使用議員たちに、共通して言えるのは、市政チェックをする議員はほとんどいなく

市政与党に協力することで、自分たちの利権を確保しており、それにどっぷりと浸かった議員たちの醜態が

今回、市民が議員を監視することで明らかになったと言えると思います。

松山市の議員には、そんな議員はいない事を祈りますが、市民のみなさんの厳しい監視をお願いします!

 さて、本題に入ります。 私の一般質問内容は(6分でも30分の中身のあるものにします)

@交通事故防止の観点から、高齢者の運転免許返上がし易い環境をつくるべきではないか!
※シルバーパスの創設を早急にするべきではないか(何度言っても野志市長の脳裏には無いのか?)
A耐震改修補助事業に耐震シェルターを加えて、少ない予算でも命が守れる環境作りを支援するべきではない か。
B嘘だらけの水不足量4万トン(2025年度) いいかげん市民を騙すのはやめよ!!
Cやっと始めた新電力の導入促進について(3年前から梶原1人が新電力導入促進を議会で追及してきた)
D学校トイレの洋式化率がまだ60%強しかないが、温水洗浄式機能付きトイレの導入を検討するべきでは?
 ※とりあえず、現状認識アンケートを実施してはどうか?

以上、この5点のうち3点くらいは頑張りたいです!!
 理事者(市職員)のみなさん、真面目な答弁を宜しくお願いします。

応援宜しくお願いします。

おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

9月議会一般質問で松山市の西条分水利権問題を追及しました!!

 こんばんは。

 昨日の梶原の9月議会一般質問は松山市の水問題を質しました。

 何度も言いますが、ハッキリ言って本市の水問題は、現状で充分な供給能力を有しているという事実

 から、平常時の問題ではなく、のっぴきならない大災害や(1996年の大渇水時を含む)気候変動等の

 緊急時における水供給の問題であるにもかかわらず、中村知事が市長時代に西条分水を決めてからは

 問答無用の(分水の為の)数字合わせの為の不足量提案(現実水量とはかけ離れた水量)が空想されて

 後付けされているのが、現野志市政の実態です。

 今議会では、梶原の事前発言通告で厳しく切り込むことを恐れた、与党系会派の議員達が、

 私の質問時間中に、野次るだけでなく、議会運営無視の行動で(質問途中にもかかわらず)手を上げ

 妨害をしました。

 質問妨害をしたのは、✕江という維新の会の議員です。 あまり同じ議員の中身については

 触れたくありませんが、自分の犯した不良行為の理解ができていないようなので、反省を求める意味を

 こめて、明らかにさせることで、二度と市議会や市職員の残業代など何百万もの税金の無駄使いを

 無能な一議員の意図的な暴走と判断能力の貧困さ否めない新人の現議長に間接的にでも伝えることで

 何とか、市政二元代表制の一翼をを担う本来の議会に立ち戻ることを願い報告します。

◎ 妨害の発端は、私が水問題の2番目の質問をしている最中に、そのアンポンタン議員が手を上げ、

 (それを待っていたのかのように)議長が、発言中の梶原を無視して✕江議員と名指しました。
議長:✕江議員
  (発言中にいきなり議長が✕江議員と指名しましたので)
梶原:何言っとるんですか!私の発言中に・・!
議長:(✕江議員に)発言内容は何でしょうか。
梶原:ちょっと議長やめてください!!何で質問中に止めるんですか!!
✕江議員:議事進行です
議長:議事進行です
✕江議員:理由を述べます。地方自治法では・・・
梶原:やめてくださいよ!議長!
✕江議員:品位の保持・・・用意していた条文を読み始める(計画的)・・・(中略)
梶原:議長やめてください!質問時間をもとに戻してください!
✕江議員:品位の保持が規定されている。品位の尊重という事で議員は品位を重んじなければならない
    ・・先程の発言の中でぼくは品位を著しく毀損する表現があったように思いますので、確認して
      そういう発言があれば削除を望みます。
議長:暫時休憩します。

ここでの問題は、 

@✕江議員が議員の品位の尊重を求めながら、梶原の発言途中で手を上げ、意図的に発言を中断
 させた。(もしも、✕江議員に品位の尊重を言う資格があるなら)質問と答弁の間に手を上げるという
 くらいの(品位よりも前に)マナーを身につけるべきであり、他の維新の会派議員もそのくらいのこと は、教えてあげるべきではないか??
A品位を毀損する表現があったと言いながら、どの発言かを言わない。(言えない)確認してあれば削除 をという発言。
 ここで、まともな議長なら、「どの部分かを示してください」と議場内休憩にすれば、10分で済んだ
 ものが、暫時休憩にした為に、テープ起こしや発言確認後、梶原の了解がなければ本会議再開が
 できない・・・・
 という展開になってしまい、まさしく✕江議員の日本語や漢字の読解能力の貧困さの露呈から出た
 (本を読まない人の典型)人件費(残業代など)無駄使いに他なりません。
Bまた、通常は当日の議会終了後に、万が一問題発言があれば、議長が発言訂正を求めて訂正するのが
 一般的で、今回の✕江の行為がいかに悪意に満ちたものかがわかります。

 (事の背景と当日)

 実は議会が始まる二日前の8月31日に、市議会の水資源特別委員会がありました。
意見を言ったほとんどの議員が、本市が新しく出した、10年後の水不足量は「数字ありき」「水不足とは関係ない過大な不足設定だ」等と二時間にも及ぶ会議で、✕江議員は一言も発言しなかった!
(いつも人の発言にクレームをつけるか、野次るかしかしない)
 つまり、市政水問題の現状を✕江議員は(委員会委員でありながら)理解していないという事である。
 この、ものが言えない(もちろん今議会でも議会質問はしない)暇でしょうがないので、市政執行部に
 評価をしてもらおうと、私の一般質問の邪魔をしようという、チンケナ考えを起こしたようである!!

※でも、残念ながら執行部の幹部は、議会進行の邪魔をして空虚な時間を造った✕江に対し、
 そんなことよりも、もっと水問題の委員会で「4万トン不足に賛成を言え!」と与党のくせに・・・
 と呆れているのが、✕江に対する評価です。(つくづくアホラシイ議会に情けなく思います)

 (事の経過と結末)

質問2 (梶原発言詳細内容)
結局、必要もない西条分水を合法化させる為に、中村知事と一緒になって「渇水が来たらどうするのか」
と、市民の不安をあおり・・・(中略)
いちばん許せないのが、「石手川ダムと地下水のどちらか一方の水源が使えなくなったらどうするんですか」(という知事や市長の発言)使えなくなる可能性があるんですか?現実に?(知事や市長の発言は)宇宙人が攻めてきたらどうするんですか?と同じレベルじゃあないですか!!
私はそれはね(知事発言)市民に対する脅しだと思います。この脅しともとれる思考でね、出してきたのが、新たな4万トン不足するという <ここで✕江議員が邪魔をいれた>反省のない数字に他なりません。(ここで中断に入る)

知事の「どちらかの水源が破壊されたらどうするのか」という発言に対する梶原の感想に対し、(✕江の
頭ではそう思わないのは自由であるが)品位を毀損したと(誰に対して?議会に対して?)クレームをつけたのである。

< その結果は>

(✕江は不穏当発言と主張したが)不穏当ではなく!
「わかりやすい表現にするために」文言を「市民の不安を助長する事だとおもいます。」に変更して
議事を再開して欲しいとの要望が理事者をはじめ他の議員からあり、✕江の暴走とはいえ、これ以上の
損害を出すことを避けるために、梶原が決断同意し、議会運営委員会の全会一致で本会議を再開させたものです。

ほんとうにバカバカしい事に時間を費やした松山市議会ではありますが、それを正しく伝えられない
愛媛新聞松山市政担当記者の記事内容にも、また興醒めした1日でした。
本市の最大の政治課題だといわれる西条分水利権問題は
「10年前に予測した1日48,000トン不足」は事実結果として不足量はゼロだった!という前代未聞の大間違いの予測で、実際は逆に1日4,000トンも余り、1日52,000トンもオーバーな予測に終わったのが事実であるにもかかわらず、次の10年後(2026年)にまた40,000トンも不足すると大ボラを吹く市政に何のチェックも疑問も持たない愛媛新聞記者には、ほとほと情けなくなります。
議員もジャーナリストも使命は同じです。権力を監視して
市民の為の政策を実現する事であり、権力に迎合する新聞は要りません!もちろん二元代表制を理解しない(地方議会の議員は全員野党でなければはならない)議員は即刻退場するべきだと思います。

長くなってごめんなさい!
質問の詳細は松山市議会のホームページから一般質問の内容が録画で見れますので、
是非ご覧ください!!

それではまた、おやすみなさい!!

 




posted by 梶原ときよし at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

猛暑の続いた今夏も、やっと落ち着いてきましたね。

 こんばんは。

いつもながら、ご無沙汰ばかりで申し訳ないです。

僅差で負けた永江さんの選挙の後遺症が若干残ってはいますが、いつまでも弱気では

永江さんに申し訳ありませんので、「アベ政治を許さない」行動をしっかり続けて行く覚悟です!

今後ともご支援を宜しくお願いします。

さて、今日の愛媛新聞3面にも掲載されていますが、松山市の水問題! 野志市長はどうしても

(西条市民が拒否している)西条分水を実現させたいようです。

それは、誰の為でしょうか??

もちろん松山市民の為ではありません!

 間違いなく西条分水利権を進めようとしている政治家や関連企業など、利害が関係する

人達の為に行う事は、明らかです。(既に一部マスコミも取り込んでいるのが実情です)

昨日の新聞で10年前に(2015年には)一日当たり48,000トンの水が不足すると予想した

松山市の試算で、こんな大量の水を確保するためには(17の方策の中で)西条分水しか

不可能として、当時400〜500億円もかかると言われている美味しい工事は、何が何でも屁理屈を

つけてでも強行したいのが本音のようです。

つまり4万8千トンが不足するとして(日量供給能力14万7百トン)18万8千6百トンの確保を

中村知事から野志市長は絶対命令として受け継いできました。

しかしながら、私たち松山市議会が問題にしているのは、結局2015年の給水実績は

1日平均13万6千トンしか必要ではなく、毎日・毎日4千トンも余らせてきた現実・事実です!!

野志市長の言う、1年のうち1日最大給水量でも僅か14万6千トンにしかいかず(最小は11万トン)

実際の不足量はゼロだったというだけでなく、年間で146万トンもの水が余っているのが現実です!

これは、明らかに人口減少と節水機器の進む今日において、年々水需要は大きく減少している事からも

最初から、西条分水をする為に不足量を上乗せ・水増ししたことが、現実の数字で明らかになったのが

昨日の松山市議会の水資源対策委員会でした。

もう、情けないというよりは犯罪的行動に見えてきます。もういい加減、市民を騙す数字のねつ造は

やめて頂きたい!(今回も水不足とは関係ない内容を入れて4万トン不足と大ウソを言っています)

このまま、職員を強制し続ければ何か事件が起きないか心配です。

(嘘とわかりながら嘘を言わされる)職員さんが可愛そうでなりません。

詳しいことは、また後日にしますが、

とりあえず、9月議会の一般質問で取り上げざるを得ません!

もういい加減、無駄な公共工事はやめないと!右上がりのバブルのころとは違いますよ!!

 渇水が来たら大変でしょう!!と、市民を脅して金儲けを正当化するのはやめてもらいたい!!
(電気が足りなくなったら計画停電します!!と市民を脅して危険な原発を再稼働させる四電と
危険でも、避難ができなくても経済界の金儲けの為には原発は必要という中村知事も同じ穴です)

明日から始まる松山市議会の9月議会、梶原の一般質問登壇は9月15日 朝10時からですが、

質問時間が20分くらいしかありませんので、

 あと1問は、私が、実施したらどうかと何回も発言してきた市の施設での利用電力の入札!

新電力との競争入札をすれば、全施設で年間1億円もの電気代が安くなることは明白なのに

入札せず、四電に気を使う幹部?市長? もういい加減税金の無駄遣いはやめてもらいたい!!

あと、堀之内公園にある市民会館西側の空き地について、予てからある市民の要望を満たし、

イベントなど必要に応じて駐車場などの利用を認めて行くべきではないか。質していきます!!


長くなりましたが、今後ともご指導を宜しくお願いします。

是非、15日(木曜日)10時から議場に応援に来てくださいませ。

おやすみなさい。

posted by 梶原ときよし at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月10日

ながえ孝子さんの応援に疾走していますが、明日から始まる6月議会には全力投球します!

 こんばんは。 いつもご無沙汰をしています。

いよいよ、参議院選挙が近づいてきましたね! みなさん、投票だけは必ず行ってくださいね!!

参議院選挙の争点は、安倍さんのいう「アベノミクスの是非」なんかでは全くありません。

何故ならアベ政権がやったことで庶民には何一つ有難い効果をもたらせて無いどころか、

 ✕ 預金金利はほぼゼロにするわ!(▼預貯金の目減り)
 ✕ 消費税は上げるわ!(▼家計支出の増大で生活困窮)
 ✕ 健康保険は値上げさせるわ!(▼収入減で生活苦)
 ✕ 厚生(国民)年金の掛け金はあげるわ!(▼収入減生活苦)
 ✕ 実質所得は下げるわ!(▼収入減!収入減で生活苦)
 ✕ 円安でガソリン価格を上げるわ!(▼家計支出の増大で生活困窮)
 ✕ 高齢者(将来の高齢者を含む)の生活費である年金を株式市場にブチ込んで昨年だけで10兆円の
   大損を出すわ!今年に入り更に5兆円も大損を出しているわ!
  (▼損が出たら年金給付を下げると公言している始末)
 ✕ 非正規社員率を4割にまで上昇させるわ!(▼収入200万以下でめしが食えるのか!)
 ✕ 出生率を下げるわ!(▼収入200万以下で結婚して子供を産めると思っているのか!)
 ✕ NHKを自民党放送局化させるわ!産経・読売だけでなく朝日までで大本営化させるわ!
  (▼大資本家・ゼニゲバ独裁政権!!)
 ✕罰✕最悪は解釈改憲で憲法違反の戦争法を強行採決して、法の支配や立憲主義まで完全否定をした!

 アベさんがウルトラ私翼(右翼にするのは右翼に失礼な気がして!)だとしても、

 かつての自民党政権は、一貫して「集団的自衛権は違憲」との主張を崩さなかった事実を、

 自民党支援の人達も再確認をしていただきたいと思います!!

 7月の参議院選挙はまさしく、大資本家の金儲けの為には、戦争でもアメリカの子分でも何でもする

 国家にするのかを決める選挙だという事です!!

 解釈改憲に何の違和感も感じないアベさんがいう「今の憲法では徴兵制はできない」という言葉から

 みなさんは何を意味すると考えますか??

 私は、アベさんが今度の選挙に勝ったら「自衛のために戦うのは国民の義務である!」と教育して

 憲法を変え!国防軍を組織して「国民徴兵制」を施行させることを、遅かれ強行してくることは

 間違いないと思います!

 自分の子や孫が「殺し・殺される」犯罪者にすることだけは、どうしても避けなければなりません!

 そのためには、今度の選挙だけは、憲法を変えようとする自・公や大阪いしん等に

 みなさんの一票で鉄槌を下さなければならないのではないでしょうか!

 という事で、選挙の争点は初めから破たんしていたアベノミクスを誤魔化そうとする

 「経済政策」が争点ではなく、「ふたたび平和のために!!」が争点です。

 応援を宜しくお願いします!!


 前置きが長くなりましたが、21日(火曜日)10:30〜登壇になりました梶原の質問内容は

 @熊本地震の教訓から、松山の災害対策(特に原子力災害対策)は、一から見直さなくてはならないの  ではないか。

 A松山の教育委員会の5人の委員構成が「地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条」に違反して  いる事について、この違法状態を何故放置するのか。

 B梶原が大反対したが、それを無視して(2年前に)実施して大失敗(予算を3億円も取りながら1年かけてもその半分の1億5千万円しか執行できなかった)に終わった本市のリフォーム補助制度であったが、梶原の主張した「市民みんなが使える制度に変更するべき!」方向で実施した今年度、僅か1か月で
1億5千万円が終了し、大成功を収めたと言える政策をどう捉えているか。
 当然補正予算を組むべきではないか。

 Cこの春完成した松山教育センター。みすぼらしい!むきだしの鉄骨階段に唖然!

 かん、かん、かん、かん、晩餐館! 体重40キロの先生一人が下りてきても、かんかんかんと

 4階まで響く鉄骨階段!(少しだけオーバーな表現との反論も?)鉄筋鉄骨コンクリートの建物の

 はずが、階段だけ何故鉄骨に?外観・意匠上?それとも工期短縮?もしやボロ儲けの為?と

 疑いたくもなるのは、やっぱり現教育委員5人のどうしようもないイメージからの連想でしょうか?

 これからでも、少なくとも防音対策だけは必要ではないか?

 以上、@Aが中心ですが30分を目安に、市民の安全と教育委員会の健全化に取り組みたいです!

 *任期2期目後半は文教消防委員会の所属になりました。

  関係者の皆様、ご指導のほど宜しくお願いします。

 おやすみなさい。
 

 

 
 
 
posted by 梶原ときよし at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月28日

「やまがら」2016年春号(3月議会報告)をホームページにアップしました。

 こんにちは。
 ご無沙汰してごめんなさい。

 九州・熊本地方を中心に起きた大地震で亡くなられた方々に、心から哀悼の意を表します。

 また、大きな被害に遭われたみなさまに謹んでお見舞いを申し上げます。

 熊本から阿蘇・大分・伊方・松山、そして東日本まで続く、日本最大級の中央構造線断層帯の線上にある

私たちの地域にも、遅かれ南海・東南海地震にみまわれることは間違いなさそうです!

 地震被害を最小限におさえるためにも、一刻も早く伊方原発を廃炉にしていかなければなりませんね!!


 さて、いよいよ参議院選挙が近づいてきました。

戦争法を廃止させるために、愛媛では永江孝子さんを応援していく必要があります!

ながえ孝子さんの後援会活動に大きなご支援を頂けましたら有難いです。

もちろん、私・梶原も永江さん擁立に動いた一人として全力で頑張る決意です!!

どうか、立憲主義を守り、改憲をさせないために、みなさまの応援を宜しくお願いします!!

(後援会入会のリーフレット等、たくさん用意していますので連絡をください。即持参させてもらいます)

私はこれからも、人を殺し殺される戦争法の廃止を求めるとともに、市民の命と人権を大切にする政治の

実現に向けて行動してまいります。

今後とも宜しくご指導をお願いします。

※5月3日に愛媛憲法集会が1,000人規模で行われます。(県民文化会館:大ホール)是非ともご参加ください
※やまがら春号もご一読くださいませ!3月議会の梶原登壇動画も見てください!!

梶原時義
posted by 梶原ときよし at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月18日

明日から2016年3月議会が始まります。

 こんにちは。いつもご無沙汰をして申し訳ないです。

 私の方は、毎日バタバタしているばかりで、ゆっくりブログに向かう余裕も作れないままズルズルと・・。

 でも、いつも申し上げますが、私のホームページのスケジュール欄をご覧いただけましたら、

梶原が 毎日、何をしているかはわかりますのでお察しいただけましたら有難いです。

 さて、昨日は慶応大学名誉教授の小林節さんの講演会が愛大の南加ホールでありました。

 400〜500人はいる講堂ですが満員で通路に座り人や両サイドに立ち見が出るほど参加者でした。

 ご存じとは思いますが小林節さんは著名な憲法学者であり弁護士でもあります。

 昨年6月の衆議院憲法審査会で自民党の推薦ながら「安保法制は憲法違反」だと主張され、

なし崩し的に解釈改憲を行おうとした安倍政権に大きな「憲法違反」というブレーキをかけられた人です。

 95%以上にのぼる日本の憲法学者が客観的判断で違憲とする安保法制(戦争法)を、立憲主義が

 理解できない無知な政治家達が数の論理で暴走する現状は、日本がアメリカの戦争に参加せざるを得ない

 状況を作り出しただけでなく、とりあえずは自衛隊員の命をがアメリカのために差し出すことの決意を

 意味する事になるのではないでしょうか。

 私たちは、覇権主義化した中国やアメリカの世界戦略に巻き込まれることなく、戦争をしない平和を

 希求しなければならないと思います。

 自公暴走政権をとめ、戦争法を止めさせる為には、この7月の参議院選挙で自民党議員を落選させることが

 どうしても必要です。

 ただ、現状では野党が小異を生かして大同につかなければ自公に勝てない事は明白であり、

 野党の統一候補を立てることが最優先の課題であることは間違いありません!!

 もうすぐ、野党統一候補を明らかにできると確信していますので、決まれば応援をお願いします。

 
 さて、前置きが長くなりましたが、3月議会の梶原の一般質問内容を報告します。

@安倍政権の暴走に呼応した松山市の教育委員5人が、今年4月から使用する松山の中学校の教科書を、中学校29校が希望し選定した教科書を無視し、ただの1校も使いたいと希望しなかった教科書を選んだことについての
質問。(第二弾)民主主義を否定する教育委員5人を厳しく追及します。

A野志市長が何回頭を下げても収まらない松山市職員の不祥事。何と過去5年間で32人に懲戒処分が出ています。産経部を中心に反省のない体質に議論で切り込みます。どうか幹部は仕事をしてください。職員を信用してあげてください。

B電力自由化と新電力との競争入札についての本市の方向性を聞きます。
C建物解体時に発生するアスベスト被害問題。

今、検討しているのは以上ですが、時間の関係上@AとBを中心にもう一つ予算案について取り上げたいと
考えています。

以上、宜しくお願いします。
 

 
posted by 梶原ときよし at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月05日

2016年、明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。

 2015年中は大変お世話になりましてありがとうございました。

 本年もご指導を宜しくお願いします。

 今年は温かくて気持ちのいいお正月になりましたが、政治の世界は、戦争法を強行する安倍政権の暴走を許し

 アメリカの同盟国として、世界に対し戦争をする国にチェンジする事を宣言させてしまうのか、あるいは

戦後70年間守ってきた平和憲法を死守して、引き続き世界に対し戦争をしない憲法を持つ国として、信頼と

尊敬を築きあげてきたものを維持することができるのかを問う一年になりそうで、気の抜けない厳しい新年に

なりました。

 もう何度も耳にしているとは思いますが、昨年の安倍政権のもとで採決された安保法(戦争法)は、

憲法学者の95%が憲法違反の判断を下している事や、市民の60%以上が反対していることをも知りながらも、

問答無用で強行したものであり、絶対に許されません!

このことは、民主主義国家としての法の支配や立憲主義を否定するものであり、

日本国憲法第9条に違反するだけでなく、第97条、第98条にも違反しており、

その効力を有しない事は自明の理と言わざるを得ません。

かつて、ナチスドイツのヒットラーが「平和のための軍隊」「平和のための戦争」を叫び、軍事独裁政権を

作りあげた手法を猿真似する安倍政権だけは、退陣させなければなりません!!

 全ての戦争は「自衛のための戦争」で始まり、殺戮と壊滅の果てに、憎しみと憎悪を残して

しか終わらない事は、歴史的にも明らかである。

子や孫を戦場に送らない! 子や孫を人殺しにしない! もちろん私たちの命も大切にする!

 私は、70年数年前に侵した過ちを2度と繰り返さないために、

「戦争の準備をしない」もちろん「戦争もしない」を誓い、後世に引き継がなければならないと考えます。

そのためにも7月の参議院選挙は無所属統一候補を擁立して、戦争法を推進する自民党議員に

どうしてもお灸をすえる必要があります! 

ご支援を宜しくお願いします。

梶原ときよし







posted by 梶原ときよし at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月05日

ご無沙汰で申し訳ありません!12月議会が始まりました。

 ほんとうにご無沙汰で申し訳ありません。

市役所でも何人かの部課長さん達から、この頃更新がありませんね!?

との言葉をかけて頂いています。娘は仕事で忙しいのか?昨年結婚したから余裕がなくなったのか?

父さん!何しようるん!しっかり書かんと・・・!言わなくなりました。諦めたか・・?

ともあれ、私の行動予定は何とか入れていますので、梶原は何をしちょるンか??は

スケジュール欄を是非見てくださいね!!

安倍さんが、憲法違反の戦争法強行や立憲主義の否定やら、およそ民主主義といわれている部分を

ブチ壊して、ナチスドイツ:ヒットラーの手口をマネしていることに恐ろしさを感じます。

恐ろしいのは、安倍さんの無恥さではなく、この策動を国民に知らせる事を放棄したマスコミ、

(産経や読売は論外として)特にNHKの安倍:自民党放送局化には恐怖を感じます。

地方では、唯一残った感のあるTBSのみにしか真実を見極めるニュースが見れない気がするのは

私だけではないようです。

今、自公政権は私の大好きなニュース23まで、圧力を加えているようです。

もはや、言論の自由などは、おおよそ存在が危ぶまれつつあることを、ひしひし感じます!

こんな、微々たる存在でしかない私でもそれを感じることがありますが、決して負けない決意です!!


さて、12月議会の梶原の一般質問登壇は、12月9日(水)の朝10時〜です。

しかし、質問時間が年間たったの1時間しかなく、今回はほとんどありませんが(残り42秒)

行政確認と、市民の基本的人権を守る立場から質問をしていきます。

一問しかありませんが、市民に対する答弁が不十分なら、2度まで使える再質問で明らかにさせます。

今回は短い時間ですので、議場ではなくテレビ観戦でもしてくださいませ。

応援を宜しくお願いします!!

ちなみにフェイスブックでは、週一くらいの更新をしていますので、友達申請をして

ください。お待ちしています!!
posted by 梶原ときよし at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月12日

安倍政権は戦争法案(安全保障関連法案)を撤回せよ!!

 こんばんは。

 7月2日に6月議会が終わりました。

 7月11日付愛媛新聞3面に大きく取り上げられていますが、「県内議会 安保論戦低調」と大見出し。

愛媛の県・市議会における安保論争は低調に終わったようです。

 昨年7月の集団的自衛権行使を容認する閣議決定以降、全国の地方議会の450を超える議会から

廃案や慎重審議を求める意見書が可決提出されていますが、何故か愛媛からは一件も可決されていません!

意見書案すら2市(松山市と八幡浜市)のみしか提出されておらず、お粗末としか言いようがありません!

国会前では、毎週、毎週大規模な市民の抗議行動が行われているにもかかわらず、意見書すらロクに

出されない、議論しない愛媛の地方議会の議員に存在価値があるのか?はなはだ疑問に思います。

松山市議会では4人(私の所属するネットワーク市民の窓会派・武井議員と梶原、そして共産党2人)の

議員が「ニ度と戦争はしないと誓った平和憲法を、根底から覆す憲法違反の戦争法の撤回を求めて」

意見書を提出しましたが、自民・公明・松山維新他の反対で否決されてしまいました。

賛成は民主他を入れて7人でした!

私が「戦争を放棄した国から、積極的に戦争に参加する国になる重大な転換点になる

集団的自衛権行使容認は絶対に許されない!」と戦争法案の撤回を求め、賛成討論を行いましたが

自民・公明の反対討論は、集団的自衛権の事に触れていない砂川事件判決を例に出すなど、

全く根拠のないものを、あたかも関連するがのごとき主張した安倍政権の嘘の上塗り、

砂川事件判決など読んだことがない事を暴露するものでした。同じ政権与党とはいえ、

地方議会の議員は自分の意見くらい、自分でしっかり持っていただきたい。

情けなくて全く話になりません!(愛媛には村上誠一郎さんのようなしっかり自分の考えを持ち、

主張されている立派な自民党員もおられます!爪の垢でも煎じてもらいたいと思いますが・・・)

安倍さんが自民党のネット放送で、「喧嘩の強い友達の麻生さんが安倍を助ける為に(他人と)

喧嘩を始めたら、麻生さんを(安倍が)助けるのは当たり前だ」と集団的自衛権を比喩したようですが

軽いどころか、脳みそを使って憲法を読んだことがあるのか?と疑いたくなります!

 日本国憲法第9条には、

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、

永久に放棄する」「陸・海・空その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」と

書いてあります。

つまり、日本国憲法には、麻生さんが喧嘩を始めたら、(喧嘩をやめなさいと)相手と麻生さんの間に

(殴られるかもしれないけれども)入って、喧嘩をやめさせる勇気ある人間になる!と宣言しているのが

世界に誇れる平和憲法といわれるゆえんであることは間違いありません!!

国の喧嘩法を個人の喧嘩に比喩すること事体が浅知恵を露呈した感は否めませんが(私も同様でした)

国の喧嘩(戦争)は、個人の喧嘩と違い、国家をあげての殺し合いになることは歴史的にも明らかで、

数えきれない人の命が失われていきます。

平和時に人を殺せば罪になります! しかし戦時には人を殺せば殺すほど英雄になる!!

残念ながら、これが繰り返された人類の歴史です。

日本をニ度と戦時にさせない!! これが憲法に書いてあることの基本です!

大人の責任です! 子や孫を絶対に戦場に送らない!!

戦争でお金儲けを企む人達・原発でお金儲けを企む人達を、私は人間として許せません!!

自公の戦争法を廃案にさせる為に、市民のみなさんの行動で平和を勝ち取りましょう!!

おやすみなさい。

※毎週月曜日12時半から松山市議会議員4人、市駅前で「戦争法反対」の街頭演説を行っています。

応援に来てください。



posted by 梶原ときよし at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月09日

6月議会が始まります。

こんばんは。

梶原ときよし公式ホームページにあるスケジュール欄を見て頂きたいのですが、私の6月議会一般質問日が

6月24日(水)朝10時〜に決定しました。この日の1番バッターなので時間のずれはありませんので、是非

議場応援傍聴にお越しくださいませ!!

えひめCATVや松山市議会ホームページからネットでの生放送中継もありますので、遠くの方は開いてみて

ください。

何度も指摘していますが、一年に4回の定例会がある議会ですが、一人の議員に与えられている質問時間は

たったの1時間しかありません。(理事者答弁を入れれば2時間)

私のように毎回質問を行おうとすれば、1回に15分しか質問時間が無いことになります。

せめて1回に30分は確保するように、議会改革を要求していますが、何故か(理事者のためにか?)

それとも質問をしない議員(ハッキリ言って仕事をしない議員)に配慮するためなのか?

議会質問(仕事)をしたくない議員たちの反対で実現していません!!

情けないとしか言いようがありませんが、マスコミも取り上げようとはしません。とほほ・・・。

ただ、自民党の若手議員には意欲的に質問を行う議員が目立つようになってきており、思想信条はさておき

数の論理しか頭に無い(仕事をしない)議員さん達も刺激を受けているのも確かなようです。

議員の質問時間に制限が無い(議会改革が進んでいる)自治体がが多くなってきつつあるというのに・・・。

何を考えているのでしょうか?

あまり他会派の議員名をあげたくはありませんが、最低限1回に5分の質問時間増(1回一人20分)にも

反対する議員さんについては、今度は名前を挙げて反省を促したいと思っています。

※自分が質問(仕事)をしないのが目立たないように、他の議員にも質問をさせない!

そういう議員の口癖は「質問だけが議員活動ではない」と、いつもおっしゃいます!?

まさしく旧態依然の「議員裏街道まっしぐら」に他なりません!!

本当にいつも何をしていらっしゃるのでしょうか??報酬の取りすぎだ!と、私も思います!

市民のみなさん。お願いですから、あなたが投票した議員がいましたら、「何故質問をしないのか?」と

聞いてください!国政も悲惨ですが市政も同じです!今ほど将来に希望が持てない時があったでしょうか!

議員はもっと仕事をしろ!市民のために働け!と叱ってもらいたいです!(投票者責任でもあります)

今日は24日の梶原の質問内容を書こうと思っていましたが、つい愚痴ってしまいました。ごめんなさい!

項目だけあげて、詳しくは次回にします。

@市街化区域農地の酷税(江戸時代の5公5民よりも高い固定資産税)問題

A個人情報流出防止不可能を知りながら行おうとしている番合法(マイナンバー)の実施問題

B「2000円お得」とウソをつく(実は多くて1750円・半年の期限が切れたら紙切れ:10000円の大損)

エガオ?のえひめ商品券広告問題。広告倫理規定違反!です。JAROへ告発もんです!

以上ですが・・・質問時間10分で終わるかな???

おやすみなさい。

posted by 梶原ときよし at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記