2013年07月04日

議長人事で大荒れの6月議会が終わりました。

こんにちは。

 6月25日閉会予定の6月議会でしたが、最終日の議長人事で紛糾し、二日間の会期延長を行いましたが、結局、議長辞職勧告決議を可決された現議長は議長辞職せず、3年目の続投という、議会のルールを無視したかたちで27日に閉会しました。

 報道各社は、議長派の維新の会と自・公・新風・共産・市民の窓、計5会派が議長人事を巡る主導権争いのために、市民不在の会期延長を行ったと喧嘩両成敗的報道を行いました。

 残念ながら、新聞各社の見出しには、「主導権争い 市民に不信」(えひめ)「議会空転 市民冷ややか」「旧態依然とした議会は存在意義を失う」(読売)「辞職勧告決議可決、議長は拒否、続投表明」「思惑絡む泥仕合」(毎日)など、今回騒動の事の本質を捉えた記事は、全くありませんでした。

 今回の件は、続投表明した議長が、原則一年という議長の申し合わせ任期を百も承知しながら、突然「規定は無い・続けるつもりだ」と宣言した事に始まり、円滑な議会運営のための基本ルールや慣例をかなぐり捨てる行為に出た事から始まった事は間違いありません。

 それにも関らず、報道記者の頭の中には、参議院選挙に絡み自公が連携している現状に、公明の松山市議がこれまでの維新との連携を自民に鞍替えしたために、力関係に変化が起き、数で主導権を持てなくなった維新が必殺技の議長辞任拒否で対抗したために、今回の騒動を起こしてしまった。というレベルの分析で記事を書き、

 さらには、もともと原則一年の議長任期も、議員の議長たらい回し策に過ぎないとの側面的認識しかしていないだけでなく、事の本質を見抜けないがために、結果として「主導権争い 市民不在」という記事にしてしまっている事自体を、報道記者は反省しなくてはなりません!!

 事の本質とは何か?

 私たちネットワーク市民の窓会派を含め、議長辞職勧告決議に賛成した議員の多くは、議長が原則一年で一旦辞任し、交代する理由を、議長という名誉職のたらい回しのためだと捉えてはいません!

 松山市議会が議長人事で、任期を基本一年に決めている最大の理由は、市政運営を監視、チェックして汚職を防ぐ自浄作用が働くようにするために他なりません。(中には記者さんと同レベルの議員もいるかもしれませんが・・・。)

というのは・・!

市政二元代表制の議会の長には市長と並ぶ大きな権限が与えられています。つまり、その権限や権力につけ込もうとする利権アプローチに対し、一年・一年で辞職して議員の信任チェックを受けるシステムがある事で、事故を未然に回避する有効な手段として機能してきたのです。

議会の自浄作用を発揮するために「原則一年」を申し合わせてきた歴史的事実を無視した喧嘩両成敗的報道は、市民の議員に対する偏見を生み、決して許されるものではありません。

 今回、辞職をするべき現議長が、その申し合わせを守らず、議長の信任投票も拒み続けて続投した事には、議員や市民に理由が説明できない何らかの事実があるとしか思えません。

 私たちが行った今回の議長辞職勧告決議・可決には、この事をチェックするために、どうしても一旦辞任して、再度立候補するよう要請したものにほかなりません!!


 万が一、議長に何らかの疑惑が明るみに出たならば、マスコミは、またまた「松山市議会はこんな人を議長に選んだとは・・・。議会としての責任はどうするのか・・・!」と、自分の事をさておき
叩くに違いありません。

 結論として

事故を未然に防ぐための申し合わせを破った現議長に、今回の議会紛糾責任がある事は、どんな屁理屈で補おうとも明らかであり、事の本質が理解している報道記者なら

「現議長が、議会の自浄作用のための申し合わせを理由なく破棄した」

「意味不明な議長の行為に、維新の会を除く全ての会派が議長に辞職勧告を突き付けた」

これを許さないために、議会は3日間も紛糾した!

市民を代表する議会の面目は保たれたが、現議長の仕掛けた混乱は未だ回避されず・・・。と

書いてはどうか?と思いますが・・・。(梶原の独り言でした!!)

長くなってごめんなさい。 おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月06日

6月議会一般質問作成中です!

 こんばんは。

 今日から6月議会が始まりました。

 初日は恒例の市役所担当課の職員が、自分の課に関する質問があるかどうかを確認のために、
 
議員控え室に並ばれます。あまりいい光景ではないイメージが強く、これまで少し違和感がありまし

たが、来られている職員さんは真面目で一生懸命なのも事実で気持ちよく迎えることにしました。

* 質問がある方はいつでもどうぞ・・・。


 以前にも話しましたが、松山市議会議員45人中、私ただ一人が質問文章を理事者に提出していま

せん!!(もちろん質問要旨は提出義務がありますので出します)

 理由は、議員が質問する内容全文を事前に理事者に伝えるのは、議場でのやり取りが初めから解っ

ており、議論の活性化に逆行するだけでなく、市政執行部との緊張関係が保てなくなる懸念を感じて

いるからに他なりません!(悪く言えば八百長とも取られかねません!)

 市政2元代表制の一翼を担い、執行部への監視権を果たすのが議員の主要な仕事とすれば、なおさ

らのような気がします。私一人ですが、これを貫く事で他の議員が続いてくれる事を願いながら、

緊張感のある議場でのやり取りを実践して行きたいです。(職員の皆さんごめんなさいね。)


 前置きが長くなりましたが、質問内容に、市長の政治姿勢について聞く予定が抜けていました。

野志市長との一問一答のやり取りに、ご期待ください。

 それではまた・・・。おやすみなさい。原稿作成に戻ります・・・。
posted by 梶原ときよし at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月04日

6月議会・私の一般質問日時が決定しました。

 こんばんは。

 2日は東京で脱原発中央集会と国会包囲デモが夜7時ころまであり、

 3日は伊方原発の再稼働をやめるように国会要請活動を参議院議員会館で行いました。

社民党の福島党首が来られ、国会での活動報告があり、経済産業省と原子力規制委員会の官僚とそれぞれ意見交換を行い、伊方原発をはじめとする全ての原発を止めるよう要請を行いました。

 既に日本中の電気は原子力を使わなくても充分に足りている事は明らかで、危険な原発を再稼働させる大義はどこにもありません。ましてや2011.3.11の事故前から造りかけた原発があるから、これを輸出しようとするアベさんの世界に毒を売り儲けようとする姿は、売り付けられようとする国の人々からすれば悪魔の商人に見えたのではないでしょうか!

 福島の事故収束さえできない日本の原発のどこが世界一安全なのでしょうか。ハッキリ言って世界の笑い物になったとしか言いようがありません!!銭儲けの前に福島の人々が安心して暮らせる環境づくりに専念してこそ、世界中を汚染させた日本の責任だと思いますが・・・。

 前置きが長くなりましたが、6月議会の梶原の一般質問日が決まりました。

私の予想に反し、ナント17日(月)の3人目、たぶん11時20分〜12:00くらいまで!に決定しましたので是非とも傍聴に来てください!!(*14日金曜日ではなくなりました。すいません!)

 ◎ 質問内容を要約しますと

@ 橋下発言と野志市政の共通点を具体的に指摘します。
  (女性蔑視発言と女性差別人事の現状と人権意識のレベルについて認識を問う)

A 犯罪と何の関係も無い市民の個人情報を未だに警察に垂れ流している(横流しを含む)事につい

  ての、市長の人権意識を問う。

B 城山公園の指定管理業者を競争原理を排除して、社員議員のいる会社(1社のみの応募にして)

  決定したことについて、その過程と透明性の欠如を問う。

C 教育予算を削って、外環状線等の大規模コンクリート工事予算にシフトする現状について

  (国も地方もどうして政治家は土木工事が好きなのでしょうか・・・。理由は何?お金かな!)

D その他


 以上の予定ですが、時間が(答弁まで入れて40分しか)ありませんので、どこまで切り込めるか

わかりませんが、市政執行部に対する監視権である質問を駆使して、市民の皆様に解りやすい議論を

展開したいと思いますので、ご支援宜しくお願いします。


それでは今日はこのへんで・・・。おやすみなさい。
posted by 梶原ときよし at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月30日

松山市議会:議員の質問回数制限を撤回!

 こんにちは。

 本日、6月議会の招集告示がありました。

 スケジュール欄に詳しく載せていますが、私の質問は6月14日(金)の予定ですので是非傍聴に来てくださいね。(えひめCATVと市議会ネット中継で生放送しています)

 さて、昨年12月議会でイシン・コウメイ等、市政与党の議員により強行された、議会における議員の発言回数制限が6ヶ月もかかりましたが、やっとのこと撤回されました。

 この間、私が議会での反対討論をはじめ質疑や説明会で「議員の質問回数を年2回までに制限するのは議会改革に逆行するだけでなく、市政2元代表制における、議員の執行部に対する監視権や質問権を奪う事になり、許されない」と主張してきました。

やまがら新年号(1万6千部)をはじめ、ブログにも説明を載せ、松山市議会の議員レベルの現状を訴えてきた結果、私たちネットワーク市民の窓会派の提案に対し、自民・新風民主・共産の各会派が賛同してくれて、その後、イシンの会が委員長の議会基本条例作成という建前からも、矛盾を感じたのか、イシンの会会派も同意せざるを得なくなったようです。
 最後まで理事者に気をつかい抵抗したコウメイ党も孤立し、黙まらざるを得なくなったようです。

 イシンの会のT委員長(私が議長に投票したくらい、ホントは人が良い方)に良心が残っていた事に
僅かながら議会改革の可能性を感じました。

 とりあえず、徳俵いっぱいで残った松山市議会の良心に期待し、議会活性化に主体的に関わりたいと思います。

 6月14日(金)に一般質問に立ちます(質問時間は20分・答弁を合わせて40分しかありませんが)応援宜しくお願いします。

 質問内容は、後日明確にしますので少しお待ちください。 それではまた・・・。
posted by 梶原ときよし at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月29日

働く人を大切にしてこそ、初めて企業の社会的存在価値と利潤があるのではないでしょうか。

 こんにちは。
 連休前半ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 私の方は、スケジュールにも書いていますが、27日は市議選の応援、28日は市駅前でえひめユニオンの街頭労働相談でチラシ配りを行いました。
 労働人口移動の自由化という美名の下に小泉内閣時に新自由主義化が激化した結果、非正規社員を生み、格差と貧困を是とする社会意識を蔓延させてきました。20代若者の半数が非正規化の現実、年収200万以下の労働者が1500万人を超える今日、結婚できない、子どもを育てる自信がない、こういう社会に偶然になったのでしょうか。答えは否です!

 働く人々を非正規化する事で、正規社員との賃金格差がある分企業は利潤を大きくし、正社員は賃上げ要求ができなくなり、結局全体の賃金が低く抑えられる事になります。

 非正規化を望んでいる労働者はほとんどいないにもかかわらず、それを許してしまった事は、政治が明らかに1%の大資本家のために利用され、99%の働く人々が自己責任の名のもとに無心に働かされているような気がします。
 企業の社会的責任を自覚して、働く人の幸せを願い、商品の提供で社会貢献をする事により、利益を得る企業であってもらいたいものです。
 
お金儲けのために、何でもありの企業は政権とともに退場して欲しいと思います。
(特に全国民を放射能の危険にさらしてでも金儲けをしようとする国と電力会社の原発政策だけは子ども達の未来のためにも絶対に許されません。原発さえなければ立派な会社にもかかわず・・・。)

 最近、本当に残念ですが社員を大切にしない企業がたくさん出現しており、労働基本権など基本的人権も無視して何とも思わない経営者が散見されます。お金がある分、弁護士を雇い浪費を繰り返している感も否めませんが、弁護士もお金で雇われているとはいえ、人として良心をもって欲しい気がします。(勿論、御用弁護士さんでは無い方がほとんどだと思いますが・・・。)

 働くすべての人が望まない非正規社員化を、どうして政治は合法化するのでしょうか!
 
 今、安倍首相が提案している「企業がお金を出せば自由に解雇できる法案」など、とても許せるものではありません。これが通れば、企業にも、社会に対しても誰も物が言えなくなる事は明白です。

 誰のために国はあるのか。お国のために人があるのではない事を再確認して欲しいです!

 もうすぐメーデーですが、働くすべての市民が大切にされる社会を追求していかなければ、自由と平和の継続は破壊されて行きます。

 国の国民への暴走をとめる為に作られた日本国憲法を、為政者のために変える策動を許してはならないと考えます!

皆様のご意見をお待ちしています。
posted by 梶原ときよし at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月20日

twitter参戦。

今日からtwitter参戦します。松山市議会議員の立場で松山市政の報告を中心につぶやきたいと思いますので、ご意見をください。宜しくお願いします。
posted by 梶原ときよし at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月14日

3月議会の報告

 こんにちは。
お花見宴会も終盤ですね。
昨日も道後公園の周辺では焼き肉ハウス公園になっているかの状態でした。

 さて、遅くなりましたが、3月議会の報告をしますネ!

3月議会は、新年度の予算議会でもあり、分厚い(50ミリ程度)予算書と説明書を読みこまなければならない大変大切な議会です。

 それに関連し、55もの議案が出され、賛否を表決しなければなりません。

 私は、48議案に賛成し、7つの議案に反対し、反対理由の討論も行いました。

その主な内容は、松山市の予算執行姿勢が、現在本市には3600億円以上の大借金があるにもかかわらず、相も変わらず、コンクリート大好き予算を取っていることです。

 本当に残念ですが、ここにメスを入れなければ、私たちの生活は決して良くならない事は明らかです。

 かつて民主党が政権を取った時の「コンクリートから人へ」のスローガンは、人にやさしい「生活が第一の社会」への転換を予感させました。
 
 結果は、鳩山・菅・野田と総理大臣が変わる中で、方向転換どころか、「国民の生活が第一」ではなく、「国民の負担が第一」の政権になり下がり崩壊してしまいましたが、

 この理念だけは、間違いなく正しいものだったのではないでしょうか!!

そういう観点から、本市の今年度予算を見て行くと、JR駅周辺の鉄道高架事業や外環状線工事だけでも、将来にわたり約2000億円以上ものコンクリートジャングル予算を使う事になります。

 30分に1本しか走らないJRの線路に、高架橋は税金とコンクリートの無駄使いといえるのではないでしょうか。500億円以上のJR駅周辺高架橋工事は、これに絡む大手ゼネコンと政治家のの皆さんのためにあるような気がしてなりません。

 皆さんは、どう思われますか?

JR駅とその駅前公園化だけをすれば、100億円もかからず、地方都市松山に似会う、立派な駅舎と駅前公園がスピード感を持って完成したはずです。

ドイツのフライブルグ市では、市民の家から歩いて5分以内に電停がある家が70%もあり、バス停まで入れると95%の市民が歩いて5分以内に公共交通が利用できる環境になっています。

松山市でも2000億円もあれば、市内も郊外にも縦横に路面電車や、軌道電車を走らせる事が出来ることを思えば、都市計画自体を車利用中心の計画から、歩き交通、自転車交通、そして電車バスの公共交通へと、シフトをさせる都市計画への転換が必要です。

道路でいえば、大型高架橋を伴う大規模な環状道路よりも、
昨年、17年もかかって開通させた(当初計画は8年)生活道路である市道小野3号線(平井町〜末)で明らかなように、身近な道路を優先する事が、いかに市民のためになるかを、もう一度考えなければなりません。

長くなりそうなので、少し省略しますが、今回、わざわざ城山の堀之内公園や二の丸公園管理とロープウェイの施設管理を一体化させて、指定管理を伊予鉄道に決めた(5年間で17億4000万円)過程に、大きな疑問が残る内容になっており、反対しました。(ロープウェイ管理を入れたため、実質伊予鉄しか応募できない状態にして、応募を募った)

6月議会で厳しく追求する予定です。

しかも伊予鉄には、市政与党の側に立つ伊予鉄の社員議員がおり、現職社員議員のいる会社が、本市の仕事を請け負う事は、より透明性を明らかにしなければならないと思いますが、皆さんのお考えをお聞かせください。

それでは、また・・・。

梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月02日

3月議会が始まりました。

 こんにちは。またまた長らく御無沙汰をしてしまい申し訳ありません。

 3月議会が始まりました。

 私の方、これまで全ての議会で、市政への監視権の行使である議会質問を行ってきましたが、今回は壇上に立つことができません。

 理由は、いつも年に一度くらいしか質問を行わない議員の皆さんが、議員の質問回数を制限をする案を出して、年に2回までしかできなくなるようにしたからです。(制限の理由は示されず!)

 これまで年4回の議会に毎回質問を行ってきた私たちの会派(ネットワーク市民の窓)は「議員の市政執行部への監視権・質問権を奪う事になる」と反対しましたが、イシン・コウメイ・無会派等の賛成で決まりました。

 しかも議会活性化のために、わざわざ作った特別委員会での出来事です。

 詳細は「やまがら」2013年新年号の4面に載せていますが、本当に情けなくてたまりません!

 残念ながら、これが今の松山市議会議員のレベルなんです。

 質問回数制限のどこが議会改革なのでしょうか?!

 市政執行部から与党会派の議員に「梶原議員に質問をさせないようにしてもらいたい」との要望があったとの話もあり、議会との二元代表制どころか多数派による談合市政といった方が的を得ているような気がします。

 市政を賛美はしても、監視もチェックもしない与党議員の人達には議員ほどおいしい仕事は無いようです。

 市民の大切な税金の使い道を決めるのが議員の仕事です。市政執行部に嫌われようが、市民の立場で厳しく追及して、不正や無駄を無くし、その利益を市民に還元して行くことが、私の使命だと確信しています。

これからもご支援ください!!(6月議会はまた質問に立ちます!)
posted by 梶原ときよし at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月29日

愛媛新聞に投稿しました。

 こんにちは。

 昨日で御用納めも終わり、新しい年を迎える準備に多忙な事と存じます。

 さて、本日12月29日(土)愛媛新聞投稿(門)欄に私、梶原の意見が掲載されました。

 これは松山市議会での12月6日のやり取りに対し、18日付の同じ門欄に掲載された市民からの意見に対し反論をしたものです。

 6日の内容は、私のスケジュールのページでも明らかにしていますが、
18日付の市民からの投稿意見は、生活保護費不正受給容疑で逮捕された議員に対する辞職勧告決議案の提出と採決に関する各議員の行動に対し、市議の辞職勧告決議可決を「当然のこと」賛美し、決議に反対や退席した議員を非難するものでした。

<以下梶原の投稿内容全文>

「容疑者段階での辞職勧告 反対」
18付「松山市議は代表者の自覚を」を拝読した。
生活保護費不正受給容疑で逮捕された市議に対する議員辞職勧告決議案の採決に際し、退席した議員の一人として、またその後の決議で反対した立場から反論したい。
 現職議員の逮捕という事実は、議会の信頼を著しく失わせたことは否めない。
しかしながら、逮捕されたとはいえ、その容疑内容は明白でなく、容疑者本人に対し、事実確認や抗弁の機会も与えていない段階での辞職勧告決議案には、とても同意できるものではない。
 日本国憲法32条により、誰でも弁明の機会が与えられ、裁判を受ける権利が認められている。つまり、容疑者段階の人を犯罪者と決めつけて議員辞職を勧告する事は、市民の人権を踏みにじるだけでなく、法を守る義務を負う議員として許されない行為である。
 27人の議員の退席は、法と人権を守り、市議会に歴史的汚点を残さないための苦渋の選択だった事を伝えたい。

 以上ですが、出席議員41人中27人の議員が退席する事により、容疑者段階での辞職勧告に抗議しました。議案提出は維新の会11人で、無会派の民社クラブ2人、社民1人の合計14人が賛成して決議は可決しました。(議会過半数出席が無ければ議案成立はできないのが基本ですが、維新の会の議長が議員に説明もせず、裏技で強行採決を行いました)
残念ながらこれが今の松山市議会の現状ですが、27人の議員が退席・抗議したのも事実で、まんざら捨てたものでもないとも言えます!

 いろいろありましたが今年一年、お世話になりました。
 来年もご指導を宜しくお願いします。
 皆様、良いお年をお迎えください。

*ブログはあまり書いていませんが、スケジュール欄はチェックしてくださいね!!
posted by 梶原ときよし at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月15日

私たちの未来を決める選挙は明日ですね!

 こんにちは。

 3年間の民主党政権への審判を下す衆議院選挙の投票があすに迫りました。

 3年前、「コンクリートから人へ」という、かつての政権には無かった「人にやさしい政治」への
スローガンと、そのマニフェストに、政権交代を期待してしまった一人として、

第二の保守政党になり下がり、原発を再稼働させ、マニフェストに反する消費税増税を強行した民主党には、裏切られた思いでいっぱいです。

 野田政権に国民の厳しい審判が下されるのは必至ですが、かと言って3年間下野していた自民党もかつての反省をするどころか、今度政権を取れば、憲法9条を変えて自衛隊を軍隊にしてアメリカとともに軍事行動ができる国にして行こうと目論むなど、アメリカのマスコミや知識人が危惧する以上に右傾化する事は間違いありません。

 また脱原発と橋下人気で話題を呼んだ維新の会も、今や石原さんに飲み込まれ、橋下さんは今や、脱原発どころか、原発を止めるのは無理だとまで言っています。

 昨年6月、当時東京都知事で、現在日本維新の会代表の石原さんは、「日本が生きて行く道は、核を持ち、徴兵制をやり、軍事政権をつくることだ」と宣言しています!

自民安倍と維新石原の暴走を阻止しなければ、日本は大きく右旋回する事になるのは明らかです。

 選挙の争点は脱原発とTPP、それに民自公で決めた消費税増税への国民の審判です。

 私は弱者切り捨てにつながる消費税増税や、TPP参加には勿論反対ですが、どんな政権になろうとも
、未来を生きる子ども達のために、原発だけは絶対に許してはならないと思います。

私は、新しく誕生した嘉田新党といわれる「日本未来の党」の躍進と脱原発政党が多数派になることを期待して投票行動を取りたいと思います!

 比例区は「日本未来の党」に投票します!!

愛媛2区の方には友近としろうさんの応援をお願いしています!

明日の未来のために、とりあえず「未来の党」に期待をしています!!

それでは、皆さん棄権をせず、投票に行きましょう!!
posted by 梶原ときよし at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記