2013年04月29日

働く人を大切にしてこそ、初めて企業の社会的存在価値と利潤があるのではないでしょうか。

 こんにちは。
 連休前半ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 私の方は、スケジュールにも書いていますが、27日は市議選の応援、28日は市駅前でえひめユニオンの街頭労働相談でチラシ配りを行いました。
 労働人口移動の自由化という美名の下に小泉内閣時に新自由主義化が激化した結果、非正規社員を生み、格差と貧困を是とする社会意識を蔓延させてきました。20代若者の半数が非正規化の現実、年収200万以下の労働者が1500万人を超える今日、結婚できない、子どもを育てる自信がない、こういう社会に偶然になったのでしょうか。答えは否です!

 働く人々を非正規化する事で、正規社員との賃金格差がある分企業は利潤を大きくし、正社員は賃上げ要求ができなくなり、結局全体の賃金が低く抑えられる事になります。

 非正規化を望んでいる労働者はほとんどいないにもかかわらず、それを許してしまった事は、政治が明らかに1%の大資本家のために利用され、99%の働く人々が自己責任の名のもとに無心に働かされているような気がします。
 企業の社会的責任を自覚して、働く人の幸せを願い、商品の提供で社会貢献をする事により、利益を得る企業であってもらいたいものです。
 
お金儲けのために、何でもありの企業は政権とともに退場して欲しいと思います。
(特に全国民を放射能の危険にさらしてでも金儲けをしようとする国と電力会社の原発政策だけは子ども達の未来のためにも絶対に許されません。原発さえなければ立派な会社にもかかわず・・・。)

 最近、本当に残念ですが社員を大切にしない企業がたくさん出現しており、労働基本権など基本的人権も無視して何とも思わない経営者が散見されます。お金がある分、弁護士を雇い浪費を繰り返している感も否めませんが、弁護士もお金で雇われているとはいえ、人として良心をもって欲しい気がします。(勿論、御用弁護士さんでは無い方がほとんどだと思いますが・・・。)

 働くすべての人が望まない非正規社員化を、どうして政治は合法化するのでしょうか!
 
 今、安倍首相が提案している「企業がお金を出せば自由に解雇できる法案」など、とても許せるものではありません。これが通れば、企業にも、社会に対しても誰も物が言えなくなる事は明白です。

 誰のために国はあるのか。お国のために人があるのではない事を再確認して欲しいです!

 もうすぐメーデーですが、働くすべての市民が大切にされる社会を追求していかなければ、自由と平和の継続は破壊されて行きます。

 国の国民への暴走をとめる為に作られた日本国憲法を、為政者のために変える策動を許してはならないと考えます!

皆様のご意見をお待ちしています。
posted by 梶原ときよし at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月20日

twitter参戦。

今日からtwitter参戦します。松山市議会議員の立場で松山市政の報告を中心につぶやきたいと思いますので、ご意見をください。宜しくお願いします。
posted by 梶原ときよし at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月14日

3月議会の報告

 こんにちは。
お花見宴会も終盤ですね。
昨日も道後公園の周辺では焼き肉ハウス公園になっているかの状態でした。

 さて、遅くなりましたが、3月議会の報告をしますネ!

3月議会は、新年度の予算議会でもあり、分厚い(50ミリ程度)予算書と説明書を読みこまなければならない大変大切な議会です。

 それに関連し、55もの議案が出され、賛否を表決しなければなりません。

 私は、48議案に賛成し、7つの議案に反対し、反対理由の討論も行いました。

その主な内容は、松山市の予算執行姿勢が、現在本市には3600億円以上の大借金があるにもかかわらず、相も変わらず、コンクリート大好き予算を取っていることです。

 本当に残念ですが、ここにメスを入れなければ、私たちの生活は決して良くならない事は明らかです。

 かつて民主党が政権を取った時の「コンクリートから人へ」のスローガンは、人にやさしい「生活が第一の社会」への転換を予感させました。
 
 結果は、鳩山・菅・野田と総理大臣が変わる中で、方向転換どころか、「国民の生活が第一」ではなく、「国民の負担が第一」の政権になり下がり崩壊してしまいましたが、

 この理念だけは、間違いなく正しいものだったのではないでしょうか!!

そういう観点から、本市の今年度予算を見て行くと、JR駅周辺の鉄道高架事業や外環状線工事だけでも、将来にわたり約2000億円以上ものコンクリートジャングル予算を使う事になります。

 30分に1本しか走らないJRの線路に、高架橋は税金とコンクリートの無駄使いといえるのではないでしょうか。500億円以上のJR駅周辺高架橋工事は、これに絡む大手ゼネコンと政治家のの皆さんのためにあるような気がしてなりません。

 皆さんは、どう思われますか?

JR駅とその駅前公園化だけをすれば、100億円もかからず、地方都市松山に似会う、立派な駅舎と駅前公園がスピード感を持って完成したはずです。

ドイツのフライブルグ市では、市民の家から歩いて5分以内に電停がある家が70%もあり、バス停まで入れると95%の市民が歩いて5分以内に公共交通が利用できる環境になっています。

松山市でも2000億円もあれば、市内も郊外にも縦横に路面電車や、軌道電車を走らせる事が出来ることを思えば、都市計画自体を車利用中心の計画から、歩き交通、自転車交通、そして電車バスの公共交通へと、シフトをさせる都市計画への転換が必要です。

道路でいえば、大型高架橋を伴う大規模な環状道路よりも、
昨年、17年もかかって開通させた(当初計画は8年)生活道路である市道小野3号線(平井町〜末)で明らかなように、身近な道路を優先する事が、いかに市民のためになるかを、もう一度考えなければなりません。

長くなりそうなので、少し省略しますが、今回、わざわざ城山の堀之内公園や二の丸公園管理とロープウェイの施設管理を一体化させて、指定管理を伊予鉄道に決めた(5年間で17億4000万円)過程に、大きな疑問が残る内容になっており、反対しました。(ロープウェイ管理を入れたため、実質伊予鉄しか応募できない状態にして、応募を募った)

6月議会で厳しく追求する予定です。

しかも伊予鉄には、市政与党の側に立つ伊予鉄の社員議員がおり、現職社員議員のいる会社が、本市の仕事を請け負う事は、より透明性を明らかにしなければならないと思いますが、皆さんのお考えをお聞かせください。

それでは、また・・・。

梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月02日

3月議会が始まりました。

 こんにちは。またまた長らく御無沙汰をしてしまい申し訳ありません。

 3月議会が始まりました。

 私の方、これまで全ての議会で、市政への監視権の行使である議会質問を行ってきましたが、今回は壇上に立つことができません。

 理由は、いつも年に一度くらいしか質問を行わない議員の皆さんが、議員の質問回数を制限をする案を出して、年に2回までしかできなくなるようにしたからです。(制限の理由は示されず!)

 これまで年4回の議会に毎回質問を行ってきた私たちの会派(ネットワーク市民の窓)は「議員の市政執行部への監視権・質問権を奪う事になる」と反対しましたが、イシン・コウメイ・無会派等の賛成で決まりました。

 しかも議会活性化のために、わざわざ作った特別委員会での出来事です。

 詳細は「やまがら」2013年新年号の4面に載せていますが、本当に情けなくてたまりません!

 残念ながら、これが今の松山市議会議員のレベルなんです。

 質問回数制限のどこが議会改革なのでしょうか?!

 市政執行部から与党会派の議員に「梶原議員に質問をさせないようにしてもらいたい」との要望があったとの話もあり、議会との二元代表制どころか多数派による談合市政といった方が的を得ているような気がします。

 市政を賛美はしても、監視もチェックもしない与党議員の人達には議員ほどおいしい仕事は無いようです。

 市民の大切な税金の使い道を決めるのが議員の仕事です。市政執行部に嫌われようが、市民の立場で厳しく追及して、不正や無駄を無くし、その利益を市民に還元して行くことが、私の使命だと確信しています。

これからもご支援ください!!(6月議会はまた質問に立ちます!)
posted by 梶原ときよし at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月29日

愛媛新聞に投稿しました。

 こんにちは。

 昨日で御用納めも終わり、新しい年を迎える準備に多忙な事と存じます。

 さて、本日12月29日(土)愛媛新聞投稿(門)欄に私、梶原の意見が掲載されました。

 これは松山市議会での12月6日のやり取りに対し、18日付の同じ門欄に掲載された市民からの意見に対し反論をしたものです。

 6日の内容は、私のスケジュールのページでも明らかにしていますが、
18日付の市民からの投稿意見は、生活保護費不正受給容疑で逮捕された議員に対する辞職勧告決議案の提出と採決に関する各議員の行動に対し、市議の辞職勧告決議可決を「当然のこと」賛美し、決議に反対や退席した議員を非難するものでした。

<以下梶原の投稿内容全文>

「容疑者段階での辞職勧告 反対」
18付「松山市議は代表者の自覚を」を拝読した。
生活保護費不正受給容疑で逮捕された市議に対する議員辞職勧告決議案の採決に際し、退席した議員の一人として、またその後の決議で反対した立場から反論したい。
 現職議員の逮捕という事実は、議会の信頼を著しく失わせたことは否めない。
しかしながら、逮捕されたとはいえ、その容疑内容は明白でなく、容疑者本人に対し、事実確認や抗弁の機会も与えていない段階での辞職勧告決議案には、とても同意できるものではない。
 日本国憲法32条により、誰でも弁明の機会が与えられ、裁判を受ける権利が認められている。つまり、容疑者段階の人を犯罪者と決めつけて議員辞職を勧告する事は、市民の人権を踏みにじるだけでなく、法を守る義務を負う議員として許されない行為である。
 27人の議員の退席は、法と人権を守り、市議会に歴史的汚点を残さないための苦渋の選択だった事を伝えたい。

 以上ですが、出席議員41人中27人の議員が退席する事により、容疑者段階での辞職勧告に抗議しました。議案提出は維新の会11人で、無会派の民社クラブ2人、社民1人の合計14人が賛成して決議は可決しました。(議会過半数出席が無ければ議案成立はできないのが基本ですが、維新の会の議長が議員に説明もせず、裏技で強行採決を行いました)
残念ながらこれが今の松山市議会の現状ですが、27人の議員が退席・抗議したのも事実で、まんざら捨てたものでもないとも言えます!

 いろいろありましたが今年一年、お世話になりました。
 来年もご指導を宜しくお願いします。
 皆様、良いお年をお迎えください。

*ブログはあまり書いていませんが、スケジュール欄はチェックしてくださいね!!
posted by 梶原ときよし at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月15日

私たちの未来を決める選挙は明日ですね!

 こんにちは。

 3年間の民主党政権への審判を下す衆議院選挙の投票があすに迫りました。

 3年前、「コンクリートから人へ」という、かつての政権には無かった「人にやさしい政治」への
スローガンと、そのマニフェストに、政権交代を期待してしまった一人として、

第二の保守政党になり下がり、原発を再稼働させ、マニフェストに反する消費税増税を強行した民主党には、裏切られた思いでいっぱいです。

 野田政権に国民の厳しい審判が下されるのは必至ですが、かと言って3年間下野していた自民党もかつての反省をするどころか、今度政権を取れば、憲法9条を変えて自衛隊を軍隊にしてアメリカとともに軍事行動ができる国にして行こうと目論むなど、アメリカのマスコミや知識人が危惧する以上に右傾化する事は間違いありません。

 また脱原発と橋下人気で話題を呼んだ維新の会も、今や石原さんに飲み込まれ、橋下さんは今や、脱原発どころか、原発を止めるのは無理だとまで言っています。

 昨年6月、当時東京都知事で、現在日本維新の会代表の石原さんは、「日本が生きて行く道は、核を持ち、徴兵制をやり、軍事政権をつくることだ」と宣言しています!

自民安倍と維新石原の暴走を阻止しなければ、日本は大きく右旋回する事になるのは明らかです。

 選挙の争点は脱原発とTPP、それに民自公で決めた消費税増税への国民の審判です。

 私は弱者切り捨てにつながる消費税増税や、TPP参加には勿論反対ですが、どんな政権になろうとも
、未来を生きる子ども達のために、原発だけは絶対に許してはならないと思います。

私は、新しく誕生した嘉田新党といわれる「日本未来の党」の躍進と脱原発政党が多数派になることを期待して投票行動を取りたいと思います!

 比例区は「日本未来の党」に投票します!!

愛媛2区の方には友近としろうさんの応援をお願いしています!

明日の未来のために、とりあえず「未来の党」に期待をしています!!

それでは、皆さん棄権をせず、投票に行きましょう!!
posted by 梶原ときよし at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月11日

「やまがら」秋号 掲載しました。

 こんにちは。

 またまた、遅くなりましたが松山市議会報告「やまがら」秋号を発行しました。

年4回の定例議会に合わせ、「やまがら」も年4回出しています。

是非、文字を大きくして読んでくださいね!!

 今回は、市議会議員の特権とも言える「海外行政視察」とやらにメスを入れました。

詳しくは「やまがら」を読んでいただきたいのですが、全国で議会改革が叫ばれている中、松山市議

会だけは、依然として建て前と本音が、あまりに情けなく見え隠れする旧態以前の体質は変わらない

ようです。

 一人当たり76万円も使って、芸能人顔負けの豪華ニュージーランド旅行(行政視察とやら)を

議員の国際性の涵養とやらのためにイシンの会やコウメイ党等与党的会派の賛成多数で決めておきな

がら、方や、イシンの会は市民の厳しい経済状況に鑑み、議員報酬の5%(月3万円)を来年3月ま
 
での6ヶ月間(計約18万)削るという法案を提出しました。

 しかも、海外行政視察に行った議員8人中7人がイシンの会の議員です!

愛媛新聞の記者に「議員報酬削減提案をイシンの会が行ったと」いう記事を書かせ、アピールだけは

上手にしていますが、イシンの会議員7人が使った5百万円以上のお金を(市民生活が厳しさに配慮

して、18万削りますとエエ格好をしたこと)使った整合性はどこにあるのか示していただきたいと

思います。(会派代表者会で私がイシンの会代表に聞いたら、「そんなもん関係ない」との言葉)

 大変残念ながら、これが今の松山市議会議員で多数を占める与党的会派の皆さんのレベルです。

勿論、その判断は市民の皆さんにまかせますが、皆さんの参政活動である貴重な一票をもっと大切に

していただきたいと願います。


長くなりそうなのでこの辺で・・・。詳しくは「やまがら」秋号を見てくださいね!!

梶原ときよし
posted by 梶原ときよし at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月13日

明日、9月議会の会派代表質問を行います。

こんばんは。
9月7日から9月議会が始まっています。

明日14日(金)午後1時50分くらい〜梶原の質問があります。
松山市議会のホームページからネットの生中継をしていますので、是非見てください。
愛媛CATVでも生放送しています。(夜7時から録画もあります・梶原の出番は9時50分くらい〜)

今回の質問テーマは
〇地震・津波対策 〇原発対策 〇男女共同参画推進 〇下水道料金値上げ問題 〇産廃処分場問題
〇第6次総合計画基本構想、等について約35分の質問です。

皆さんに直接関わる問題ばかりですが、今、格差と貧困の問題がかなりの部分で市政遂行にあたり、配慮が必要になって来ています。下水道料金の安易な値上げには反対します!

本当に残念ですが、行政自体も電力会社の体質とあまり変わらず、取れるところから取る体質が身に付いているようです。

以前にも報告しましたが、税金の基本である応能負担の原則に反する消費税が始まって以来22年間で251兆円の税収がありましたが、その間、ナント法人税3税の減税を▲233兆円も行っており、消費税は社会保障や年金の安定に使われるどころか、大企業の法人税減税に全て使われたにすぎません!!
野田さんも言っている(過去の消費税増税時には必ず同じことを言って国民をだまし続けてきた)
社会保障に使うなんて100%大ウソです。

松山市も似たようなもので、例えば今度の下水道料金値上げですが、今でも高いのに(中核市42市中12位)15%値上げを認めれば42市中第2位となり、同じ四国・徳島市の約2倍になります。
しかし大口利用者は、今でも42市中27位で安く、15%上げても42市中20位程度にしかならず、徳島市に比べても、30%高い程度です。

つまり松山市の利益構造が(徳島市と違い)取り易い一般家庭(市民)から高くとり、大口の企業には安くしている(電力会社と一緒の構造)、百歩譲って少し値上げを認めるにしても、行政の無駄遣い検証はもちろん、利益構造の見直し無しでは、話になりません!!

一応、審議会とやらに諮問をかけて了解を取って行くようですが、審議会は行政追認のためにあるのでは・・・と疑われないように、市民生活を第一に考えた答申を出して欲しいものです。

長くなりそうなので、このへんで・・・。

明日の質問書をもう一度読んで、議会に備えます。

おやすみなさい。

posted by 梶原ときよし at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月15日

残暑お見舞い申し上げます。 【スケジュール】欄に行動を入れています。 まずそこを見てね!!

みなさま、残暑お見舞い申し上げます。
ご無沙汰ばかりしてー!!・・っと、いつも皆さんに叱られているなーっと思いながら・・・。

ブログはご無沙汰ですが、実はスケジュール欄には、きっちりと行動予定と感想も(月2〜3度)入れていますので、申し訳ないのですが、最初にスケジュール欄を見てくださいね!!お願いします!

それと「やまがら」夏号が出来ましたので近くアップしますネ。

この夏も毎日「やまがら」配りやら、会議、勉強会に追われています。ましてこの6月からの一年は議会内会派ネットワーク市民の窓の代表にもなり、議会事務局からの連絡事項にも追われている感があります。

そんな中、9月議会の招集告示が8月31日にあり、会派代表質問もこなさなければなりません。
私の代表質問は9月14日(金)で決まっていますので(時間は未定)是非応援に来てください!!

今回、松山市議会史上初めてとなる一問一答方式での議会質問になりますので、今までのように、同じ答弁を2度繰り返して逃げていた理事者の皆さん、覚悟をしておいてください!逃げ得は許しません!一問一答ですから議論も見え易く、ハッキリ言って誤魔化しは効きません!その分私ももっと勉強をして行く所存ですので、建設的議論を宜しくお願いします。注目してください!!

それではまた書きますネ!!   とりあえず【スケジュール】欄を見てくださいね!

この夏、伊方の原発は無くても電気は充分足りていることは証明されましたが、まだまだ暑い日が続きますので、くれぐれもご自愛くださいませ。

梶原時義
posted by 梶原ときよし at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月31日

3月議会の報告(あまりに情けない野志市政)

 皆様ご無沙汰をして申し訳ありません。

 2012年3月予算議会が終了しました。
私を支援してくださっている皆様に一言お詫びを申し上げます。
それは私の「人を視る目」が未熟であった事の反省を意味しています。
その人の名は現松山市長の野志さんです。個人の名前を出すのもどうかと思いますが、野志さんは既に市長という公人であり、その方の言動は私たちの生活に直接影響を与える立場にありますので、あえて曖昧にせず、お知らせしたいと思います。

 勿論その判断は読者のみなさんでお願いします。
以下
野志市長が市長になられた時点で、「少なくとも民間の現役サラリーマンであった事と、プロの政治家ではない新鮮さと市民感覚の素人っぽさがあるのではないか」という期待感が私にはホンの少しですがありました。(まあ、民主党よりは期待していました)その理由は野志さんが市長になられた直後の年末の議会との懇談会での発言からです。その中身は「議員の皆さんには多様な意見があり、同じ意見で無いから議会が活性化して行くと考えており、全ての議員の皆さんとは、いつでもお会いして意見交換をさせていただけるようにしていますので、秘書課を通じてお願いします」「話せば理解、話さなければ誤解!というのが私の基本姿勢です」という言葉を聞き、もしかしたら市民のための市長になる可能性があるのではないか・・・?勘違いをした私が〇〇でした。未熟者です!!

あれから1年半、毎月(毎回)市長との政策意見交換会を申し入れていますが、ただの30分も時間を作ることをしません。秘書課長曰く「何回来られても市長は会わないと思います・・・」という返事の繰り返しです。仕方ないのでこの事実を一般質問で行ったところ「会う気がないのではなく、時間がないという事です・・・」とのふざけた答弁を市長自身ががするのではなく、総務部長にさせる不甲斐なさなんです。議員の質問や・意見から逃げ回る市長の姿が情けなくてたまりません。
このお方が愛媛イシンの会のナンバー2だとすれば、イシンの会も口ほどに無いような気がしますね!(善悪はさておき、橋下さんとは月とスッポンです)

 実は本題はこれからです!!

 ナント3月議会で市長は梶原の質問に対しこんな暴言を吐きました。

梶原:

「昨年の3・11福島原発事故以来、日本全国の地方自治体で原発事故に対する対策が取られているのに松山市がその対策費を1円も計上せず、何もしないのは何故か?」
「松山市から60キロにある伊方原発で福島第一原発と同様の事故が起きた時に市民はどこに逃げたらいいのか?またその際、放射性物質は何時間で松山市に飛んでくるのか?」と聞いたところ、

 何と!なんと!ナント! 伊方原発で事故が起きても松山市には放射能は飛んできません!!」と
議場で平然と言ってのけました。

つまり、事故が起きても(福島の60キロ圏に悲惨な現実があろうと)松山には飛んでこないから原子力防災対策は取る必要がないので、予算計上はしませんという答弁でした。

 もはや市民の安全を守るどころか、心はJR駅高架橋の500億円に上る公共工事・400億円に上る西条分水工事や何百億かかるか見当もつかない外環状線工事にしか関心が無いのが本音のようです。

昨年の松山市発注工事裏金疑惑を議会与党(イシン・コウメイ・御用政党化した松山の社民等)の力を借りてもみ消した事は、皆さんもご承知だとは思いますが、今、松山市政がここまで地に落ちている事だけは知っておいてください。

長くなるので今日はやめますが、市民の皆さんの怒りに期待をして、ともに悪政と闘う決意を表明してこの辺にします。

おやすみなさい。


posted by 梶原ときよし at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記